ジュモー・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ 軽井沢店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー60体他お節句を扱い121年,軽井沢方面。

『男女の不思議、ブリュー・ミュージアムショップ 佐久:ヤナギダ店長コラム

2016-10-19 20:06:09 | owarai
【コラム:】
『男女の不思議、
恋は秘密のほうが面白い』

ひとを好きになる。
それこそ物を喉にとおらない
くらいに、そのひとのことを
思いつめる。

一日に何十回となく彼に電話を
かけたいという衝動と闘い、

結局、自分のほうからかける勇気
はなくて、ひたすら相手からの
連絡を待つ、そのつらさ。

そしてそれは、同時に心ときめく
ような期待感に彩られてもいる
わけだ。

彼に逢ったらああも言おう、こんな
こともしゃべってみようと考えて
いたことなど、いったん眼の前に
好きな相手があらわれてしまえば

あとかたもなく忘れてしまって、た
だもう飼い犬を思う忠実な犬のような、
熱いぬれた眼で彼をみつめてしまう日々。

犬のような熱いまなざしで相手をみつめ
るしかないのは、言葉というものをもた
ないからだ。

言葉もないほどに、人を好きになると
いうこと。

恋ってなんて素敵だったのだろう、ず
っと昔―――

あのころは、ひとつ恋をするたびに
傷ついて、でもそんなことに性懲り
もなくまた恋をして、

またまた傷つくということの繰り返し。
全身傷だらけ、たえずみえないところ
で血を流しつづけるような気がしてい
たが、

恋をしていることが好きだったし、安心
だった。

自分がたしかに生きているという実感が、
それこそヒリヒリするくらいあった。
その実感なしの人生なんて、置き去り
にされ、ひとびとから忘れ去られ、

死んだようなものだと信じて疑わな
かった。

しかし、年をかさねるにつれて、ひと
を本気で好きになるということも、
だんだん少なくなっていく。

恋はまさしく体力なのだと思う、あの
すさまじいエネルギーは、どこから
湧いてくるのだろうか・・・。


60体のビスクドールを展示

野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業121年』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『「怒り」を噛みくだく』 ブ... | トップ | 『わたしを止めないで』ブリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。