ワイン通

ワイン大好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワイン通

 | ワイン
日本でもワイン通の方が増えているようです。最近は銘柄・種類共に豊富に市場に出回っており、各社共熾烈な競争を強いられています。しかし消費者にとっては中身の品質は元より、ボトルの形状や、ラベルのデザインなどが洗練されてきています。こういったところが日本で人気なのでしょう。今回は赤ワインを取り上げます。
この赤ワインを好んで飲む人日本人の中には、以前は日本酒ばかり飲んでいたが、今ではワインを中心に飲んでいるという人もいます。糖分やアルコールの含有量が日本酒よりも低いということもあり、さらにポリフェノールなどの成分が健康な身体を作る効用が認められて、それが今日の赤ワインの普及の牽引車となっているようです。
ところで、赤ワイン作りに使用する葡萄にはどのような種類があるのでしょうか。有名なところでフランスボルドー地方の、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、マルベック等が上げられます。ブルゴーニュ地方では、ピノ・ノワール・ガメイが代表的な葡萄です。それぞれ特徴を持っていて、ワイン好きの人の中には葡萄の種類や栽培収穫された年代にもこだわりを持っている通の人もいるようです。
このように赤ワインには健康増進という人間の身体にとって大変効果のある飲み物という認識が広まり、一気にワインブームに火が点いた感があります。しかし、いくら身体にいいからといっても度を過ぎた飲酒は逆効果です。赤ワインを飲むときは適量を、ゆったりとした食事やおしゃべりとともに、リラックスした気分で楽しみながら飲むのが良いでしょう。
コメント (1)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ワインの代表格

 | ワイン
赤ワインといえばワインの代表格です。現在では本場フランスをはじめ世界各国で赤ワインが生産されています。それぞれの赤ワインには生産地の葡萄の特徴が活かされていて、日本においても、様々な国から赤ワインが輸入され、消費者は選択肢が増えてどれを選べばいいのか迷ってしまうほどです。今では、家庭やレストランなどで楽しむことが一般的になっています。
この赤ワインを好んで飲む人日本人の中には、以前は日本酒ばかり飲んでいたが、今ではワインを中心に飲んでいるという人もいます。糖分やアルコールの含有量が日本酒よりも低いということもあり、さらにポリフェノールなどの成分が健康な身体を作る効用が認められて、それが今日の赤ワインの普及の牽引車となっているようです。
原料となる葡萄には、赤ワインでは、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、メルローという種類の葡萄を使います、葡萄を破砕して果肉と果皮が混合された果汁ができます。その段階で白ワインの場合は、果皮を除去して圧搾工程に移ってしまいますが、赤ワインは、ポリフェノールが多く含まれている果皮を残しているので、身体の健康を考えると、やっぱり赤ワインですね。
ワイン、特に赤ワインと聞くと身構えてしまう人がいます。フレンチやイタリアレストランなどに行ってワインの注文を聞かれるとなるとなおさらです。赤ワインやそのほかのワインの知識がある人ならいいのですが、そうではないのなら知ったかぶりをするのではなく、ワインのプロであり知識の豊富なお店の人にワイン選びをまかせましょう。自分が注文した料理に最適な一本を選んでくれますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ワイン

 | ワイン
赤ワインを選ぶとき、あなたは何を基準に選びますか?国産の赤ワインと外国産の赤ワイン、好みが分かれるところですね。本場フランスの赤ワインを初めとして、世界にはたくさんの種類の赤ワインがあります。日本においてもワインの輸入量は順調に増加していて、各国の様々な赤ワインがお店に並んでおり、今ではすっかり定着した感があります。
この赤ワインを好んで飲む人日本人の中には、以前は日本酒ばかり飲んでいたが、今ではワインを中心に飲んでいるという人もいます。糖分やアルコールの含有量が日本酒よりも低いということもあり、さらにポリフェノールなどの成分が健康な身体を作る効用が認められて、それが今日の赤ワインの普及の牽引車となっているようです。
ところで、赤ワイン作りに使用する葡萄にはどのような種類があるのでしょうか。有名なところでフランスボルドー地方の、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、マルベック等が上げられます。ブルゴーニュ地方では、ピノ・ノワール・ガメイが代表的な葡萄です。それぞれ特徴を持っていて、ワイン好きの人の中には葡萄の種類や栽培収穫された年代にもこだわりを持っている通の人もいるようです。
この赤ワインに合う酒の肴と聞かれると、十人中、八・九人が肉料理と答えるのではないでしょうか。確かに、肉食を中心とした文化を持つ国のお酒ですから、うなずける部分もあります。しかし様々な料理がありながら赤ワインには肉料理と限定するのはもったいない話ですね。魚介類を使った料理やチーズや野菜料理などを取り入れてバランスのとれた食事を取ることが大切なのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加