2016.1.15 紫天の独唱によせて詠める歌一首。

エルサレム
鷹舞いあがる大空の群青の果て
我も行くなり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

h28.12.13

2016-12-13 20:09:17 | メモ
このような緊張は可能的実存から哲学することのうちに前提されている。知られうるものとしての世界と開明されうるものとしての実存は、弁証法的に区別されるとともに再び一つのものとして把握される。
知られた存在として世界存在は各人に普遍妥当的であるがゆえに普遍的である。その世界存在はすべての理性者にとって共通的なものであり、理性者はそのなかで同じ事物への志向をもつことによって共同体を形成する。かかる世界存在のうちにおいては、無限の現実的なもののうちで個物として或る種の規定を受けているものが妥当する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« h.28.6.30 | トップ | h.28.12.22 »

コメントを投稿

メモ」カテゴリの最新記事