ココロの手帳にメモっとこう

楽しかったこと
うれしかったこと
忘れたくないから心の手帳にメモしておこう

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風

2017-10-31 00:34:22 | ├お芝居のこと

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風

2017年10月25日(水)のこと。

@IHIステージアラウンド東京

18:00開演

1幕
1時間20分
休憩20分
2幕
1時間50分

演出:いのうえひでのり
脚本:中島かずき

捨之介/天魔王/松山ケンイチ
無界屋蘭兵衛/向井理
極楽太夫/田中麗奈
贋鉄斎/橋本じゅん
兵庫/山内圭哉
沙霧/岩井ゆきの
狸穴二郎衛門/生瀬勝久
三五/河野まこと

 

劇団☆新感線が、360度回転する新劇場で1年かけてロングラン上演する
『髑髏城の七人』の第3弾《Season風》

《花》がアクション
《鳥》が歌とダンスならば、《風》は松山ケンイチが二役を演じるストーリー、
とういうところか。

新感線でのマツケンは、『蒼の乱』と二度目だけど。
マツケン、新感線の舞台が似合ってる!
すばらしい動きだったし、セリフも聞きやすい。
立ち回りの、蹴りがカッコよかった。
着流し姿の似合うすっとしたスタイルも。

今回、4列目という良席で観させてもらったんだけど、
4列目で見るマツケンと向井理は、舞台メイクしてても
男前なのが分かる。

マツケンの、捨之介
さばさばっとした感じがよかったな。
天魔王を演じているときは、まったく雰囲気違う。

悪役がカッコいいのが新感線だけど、髑髏党がかっこいいー。

じゅんさんの鴈鉄斎はさすがの笑い。
セグウェイみたいなの乗ってるし。
すっごいふざけてるんだけど、おそばやさんの屋台というか
店と一緒に動いているのに、立ち回りでマツケンに刀を渡すタイミングが
バッチリで。
ふざけてるのにスゴイよなー。

内山圭哉さんの兵庫
兄さがむかえにくるとこで“くんろ”って口走っちゃうシーン
苦し紛れな“くんろ”の言い訳がおもしろすぎ。
おそらく毎回アドリブで変えて来てるみたいなんだけど、
この日は“くんら寿司=くら寿司”だった。

無界の里の女たちの着物が、今までとはまたちがって
色っぽくてキレイだったな。

田中麗奈の極楽太夫は、悪くはないんだけど
りょうさん、松雪さんと比べちゃうと・・・
それは向井理さんしかり。
悪くはないんだけどね。

最後の方の、家康の、
大阪よりも京よりも、ここが都として栄える、ってセリフが好きだなー

これが関東の風かーって言って風に吹かれるマツケンがカッコよかった。

今回の《風》では、グッズに手ぬぐいが。

パンフはこんな。

パンフを見て知ったけど、《風》の劇中歌を森奈みはるさんが歌っているらしい。
へぇ~。

そういえば、開演前にロビーで萬田久子さんと思われる方をお見かけした。
新感線はちょいちょい客席も豪華。

次は、《月》へ。


この記事をはてなブックマークに追加

先週のネイル

2017-10-29 23:38:07 | ネイルんるん

 

10月ももう終わりだけど、
やたらと週末の雨が多かったような。

ちっとも走ってなーい。

やることいっぱいあるのに、録画消化して
居眠りして。
そんな日曜日。

今週は4日がんばれば3連休ー

やったー。

・キャンドゥ TMマニュキア<ピンクベージュ>×2
・ユーヴェルネイルカラー シュガーキャンディー
・キャンメイクジェルボリュームトップコート


この記事をはてなブックマークに追加

響都の京都

2017-10-27 01:51:40 | 旅のこと

 

2017年10月21日(土)のこと。

今回の京都1泊2日は、ローコストの旅
金曜も会社休めず、12時まで仕事してからのおでかけ
久しぶりにのぞみに乗ったよ。

あんまり時間はなかったけど、おいしいもの食べて
ちょっとだけ観光も。

おしゃべり和尚の大説法会のあとは、
河原町の大きい通りをちょっと入ったところにある
こじゃれたお店『五十棲(いぞずみ)』さんへ。
ここ、以前も磔磔あとに行って満席で入れなかったお店。
今回は運よく入れました。

雰囲気いいし、お店の方が感じよかったー
もちろんおいしい。
思ったよりもリーズナブル。

土曜日は台風接近であいにくの雨だったけど、
電車で宇治まで行って、平等院をお参りしてきた。

十円玉でおなじみの鳳凰堂

国宝です。

鳳凰堂の拝観は、入場規制があって、拝観料を収めた時に
時間指定の入場券をくれて、その時間に再集合するとういう流れ。
わたしたちは1時間後の拝観だったので、
それまでは平等院にまつわる彫刻や宝物が展示してある鳳翔館へ。
ここはじっくり見ておくと、その後の鳳凰堂がより深く味わえるかな。

そして鳳凰堂の中へ。

阿弥陀如来像のたたずまいを感じるひととき。
解説員さんが説明してくれるのでとても分かりやすいです。

また晴れた日に、青空に映える朱を観に来たい。

鳳翔館のミュージアムショップのラインナップに、
グッズ好きのココロをくすぐられて、クリアファイルとマスキングテープを買った。
トランプもちょっと本気で買いたくなった。
グッズのデザイン担当、すばらしい。

平等院を後にして、宇治川を渡ったところにある、
宇治上神社と宇治神社へもお参り。

 

宇治上神社は、現存する最古の神社建築と伝えられていて国宝です。

こちらは、宮司さんがいらっしゃらないということで紙のご朱印
いろいろな色のがあったんだけど、書いてもらったら白なんだし、と
白をいただいたんだけど、やっぱり色のあるのにすればよかったー。

雨のなか参道をもどって、ごはん

京野菜のおかず味噌クレープ

野菜たっぷり
青唐辛子のお味噌がピリ辛でおいしかった

デザートはもちろん宇治抹茶もので。

さすがに、宇治茶スイーツのお店がたくさん。
人気店の中村藤吉さんは混んでて入れなかったし
やっぱりまた来たいな。

阿弥陀堂(鳳凰堂)のご朱印

宇治神社の御朱印

宇治上神社の御朱印

そして、ライブのあとは京都駅でにしんそば食べて夜行バスで帰路へ。

この歳で夜行バス!
まだまだ無茶してるー。

京都、また行きたい。
行くもんね。


この記事をはてなブックマークに追加

EARLY DOHATSUTEN YEARS 1984~1996

2017-10-27 01:13:44 | ├LIVEのこと

 

2017年10月21日(土)のこと。

@京都・磔磔
17:30開場
18:00開演

怒髪天presents“響都ノ宴”10周年記念『夢十夜』
EARLY DOHATSUTEN YEARS 1984~1996

夢十夜の二夜目は怒髪天ワンマンライブ
わたしが出会うまだまだずっと前の怒髪天
まだみんな20代、札幌時代から上京した頃の曲たちを集めたライブ

増子さんは、今日ほど出て来るのがイヤだったライブはない、って言ってた。
それは、時間がたち過ぎて、思い出すのがタイヘンだったのと
歌詞が恥ずかしいのと、でみたい。

正直、曲はほっとんだ分からなかったー。

分かったのは♪流れる雲のようにくらいかなー
他は、聴いたことあるのか、似たような曲を知ってるのか
分からん。

そんな当時の曲をやるのは、昔のアルバムを友達に見せてる気分、って
増子さんは言ってた。

曲は分からなくとも、
“イヤな汗かいたー”
“精神的疲労がすごい”
なんて言いながらも、楽しそうにしているのを見てるのが
楽しかったけどね。

すごいいい番号で入れてもらって、よく見える場所で、
いつものようにぎゅうぎゅうなることもなく
王子をじーーーっくり見ちゃった。

界隈のなかには、全部知ってるーって人もいうツワモノもいた。
そりゃもう、うれしいだろうな。

夢十夜はこの後、対バンもはさみながら、
FREIHEIT YEARS 1999-2004
EARLY TEICHIKU YEARS 2004-2006
って続いていく。
これ全部聴いたら楽しいだろうな。

わたしは夢十夜のうち、この二夜だけの参加だけども、
前の日のトークから、現在、過去、未来の怒髪天に触れられて
楽しかった。
これからも続くよ、怒髪天。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ドハツの日

2017-10-27 00:43:49 | ├LIVEのこと

 

2017年10月20日(金)のこと。

怒髪天 presents“響都ノ宴”10周年記念『夢十夜』
ドハツの日×響都ノ宴
“おしゃべり和尚の大説法会”

@京都 磔磔
18:30開場
19:00開演

10月20日をドハツの日と制定して今年で5年目
そして、京都磔磔での“響都ノ宴”が10年目

っていうことで、今年のドハツの日は
響都ノ宴10周年記念、10日間からなる『夢十夜』の一夜目
“おしゃべり和尚の大説法会”って名のトークイベントとなりました。

このトークイベント、ホントは、ファンクラブ限定だったんだけど、
運営のちょっとした手違いで、わたしも行くことができました。

磔磔は、とーっても狭いライブハウス
そこへイスを並べての大説法会
イスの数は100席くらいだったのかな。
後方は立ち見。
運良く座れることができてラッキー。
登場した増子さんは、顔が真っ赤。
あきらかな酔っ払い(笑)
出てきただけで笑いがおきるという出オチ状態。

増子さんの呼び込みで、坂さん、しみさん、王子も登場
王子は白いはおりモノを着ていて、なんてさわやか。

増子さんは、顔だけじゃなくてあきらかに酔っ払いモードだったなー

まずはみんなでカンパイ。

好きな人たちとカンパイするって、それだけで楽しいでしょ。

おしゃべり大説法、前半は、ドハツの日のこれまでのこと。
響都ノ宴のこれまでのこと。

今までの宴で対バンしたバンドの名前、
まー分からないのばっかりだったけども。

それから、今年の個人的なんでもベスト3ってテーマで
それぞれ、増子さんの口ドラムロール付きで、
今年の出来事をしゃべってく。

王子は、
■誕生日のライブで内田勘太郎さんとセッションしたこと
■電動ハブラシのいいやつを買ったこと
■DIYでCD棚を作ったこと。

電動ハブラシの話をするときの王子が、またはげしい手振りでかわいい。
っていうか、ゆかい。
ハブラシの振動が激し過ぎてハブラシごとふっとびそうだったって動きをするんだけど
“ぶわ~~~って”って手振り付きの動きがゆかいで笑っちゃう。

しみさんは、
■保険証を紛失したこと。
保険証は再発行したばっかりなのにまた無くしちゃったんだって。
多分酔って捨てたらしいけど。
すごいわー。
その話の流れで、かつて保険証持ってなかった坂さんが
王子の保険証を借りて歯医者に行ったけど、
やっぱりズルはできなかったって話も。

■姪っ子に子供が生まれて大叔父になったこと

■家庭菜園のきゅうりが何者かに食べられちゃったこと
どうやら、犯人はネズミじゃないかって言ってたけど。
しみさんはできたきゅうりを楽屋で坂さんにあげたりしてるんだって。
どんなバンドだよーって。

あと、しみさんは、マンガ『浮浪雲』が終わっちゃってさみしいってのも言ってたな。


坂さんは、
■ひめキュンのまいちゃんの衣装に間違えて袖を通しちゃったこと。
どう考えてもサイズ感違うのに袖を通すってどうゆうこっちゃって話。
坂さんのヘンテコぶりはすさまじいね。

■伏見稲荷大社の鳥居が異世界な感じでオカルト好きな坂さんにとっては
たまらなかったってこと
坂さんが、“神社”って言ったら、増子さんが“ジンジャー?しょうが?”って
しょーもないつっこみしたのがおかしかったー。

■痛風再発のこと
前回の発作から10年だったし、ってラーメン平気で食べてたら、
ぶつけてないのに膝が痛くて、痛風再発だったって。

増子さんは、
■“アルピタン”っていう、お酒を飲んだときに頭がいたくならないっていう薬を
知って飲むようになったってこと

今日は飲んでないけど、何回か飲んだ、でも効果があるかは分からない!って言ってた。
王子が、それって鎮痛剤じゃないの?って聞くと
“違う!アルピタン!”って。
“アルピタン”って連呼。
それ言いたいだけじゃ?って。
その流れで酔ってるときに酔い止めも効くとか、
喉にバファリンも効くとか、話があちこちに。

■去年舞台を観たのをきっかけに、芸術的なものをいろいろ観た。
新感線の髑髏城の七人の【花】【鳥】も観たんだってー。
他にも舞台と奈良美智さんの個展とか。
インプットも必要っていうようなこと言ってて同感。

印刷物を見るのはCDを聴くようなもので、生の作品を観るのはライブだ、
っていうような話をしていて、すっごく分かるーって思った。

■ピキヌーのカレー
カレーのおいしさを力説したいんだけど、
“ピキヌー”っていうと“ピノ?”“ピノはバニラが好き”っていう
王子のボケつっこみがはいるっていうくだりがおかしかったー
とにかく駒澤大学のピキヌーのカレーがおいしいらしい。
これは食べに行かねば。

ってなんでもベスト3

あと、ケンタッキー何個食べられる?とか。
そんなしょーもない話。


そのあと、のりさんに時間まだ大丈夫?って確認して、
怒髪天の未来の話

打ち上げで王子の“俺たちはまだ世界をみて無い”って名言が飛び出したって話
王子は、フィンランドがいいと思う、なんて言ってたな。

まずはパスポートだな、って流れ。

王子は、無茶していたいって言ってた。
うん。
なんか、いいね。
50過ぎても、刺激を感じていたいとか
そういうのっていいなぁと、フツーに思ったね。

あと、子供の頃の将来の夢の話になって
王子が“天皇陛下になりたいって書いた”ってとんでも発言。

最後は、みんな一言づつしゃべって、一本締めでおしまい。

やー
笑ったなぁ。
楽しかった。
ほんと、楽屋話に参加させてもらっている感じ。
これが50オーバーのおじさんかと思うと、ある意味感心しちゃう。
仲良しだなー。

3人の会話を増子さんがひろって、おもしろおかしくしちゃう。

未来の話も聞けて、まだまだ怒髪天って進化していくんだな、って。

楽しいドハツの日でした。


この記事をはてなブックマークに追加

『爪と目』藤野可織

2017-10-18 23:40:33 | 本のこと

 

雑誌のおススメ本コーナーで紹介されていたのを読んでみた。
初めての作家さん。

母親の死が死んで、新しい母親がわりとしてやってきた父親の恋人のことを
3歳の女児の目線で語っている。
なんか不思議な世界。
見えない恐怖っていうのかな?

爪をかむことがやめられない三歳児と
目に傷つけられる父親の恋人
その組み合わせだけでうっすら寒いもんな。

他の作品も読んでみようか。

 

爪と目 (新潮文庫)
 
新潮社

この記事をはてなブックマークに追加

ベルサイユのバリスタ

2017-10-16 23:30:43 | おいしいこと

Bitte×ベルサイユのばら

グリコのBitte
こんなパッケージがあるのを見っけたー

9月12日から発売してたらしい。

見つけたスーパーにはもうオスカルは無かったのでアンドレにした。

箱の内側もこんな。

中味までベルばら仕様。

しかも、パッケージ裏にも。

すごいなー

グリコも池田理代子先生もすごいよー

それにしてもオスカルは美しい。


この記事をはてなブックマークに追加

『光』三浦しをん

2017-10-16 23:01:08 | 本のこと

とある島を災害がおそい、中学生3人と数人の大人を残して
島が壊滅状態になってしまう。
生き残った3人の中学生、信之とその彼女だった美花、幼馴染の輔
大人になった彼らの宿命の話

島が津波に襲われる夜、島の旅行客に乱暴されている美花を
助けるために殺人をおかしてしまう信之
そのことを知る輔

信之は結婚して平凡に暮らしていたけど、
美花の過去を守るために新たな殺人に手をそめることとなっていく。

「光」というタイトルのわりに、救いの感じられない話だったな。
ストーリーが、信之、信之の妻、輔の目線で語られていくから、
誰も正しくないなー
じゃあ、美花目線だったらどうなっていたんだろう。
何が光だったんだろうな。

 

光 (集英社文庫)
三浦 しをん
集英社

この記事をはてなブックマークに追加

きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳~ファイナル~

2017-10-15 22:54:19 | ├LIVEのこと


 

2017年10月9日(月・祝)のこと。

@新木場STUDIO COAST

17:00開場
18:00開演

怒髪天 GOLDN'SILVER TOUR 2017
“きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳”

27本のツアーもこれでファイナル
わたしは3本の参戦となりました。

アルバムツアーじゃなく、ちょこちょこセトリも変わっているので
毎回新鮮な気分。

新木場COASTは、以前キッカワのイベント的なライブで来たことある。
あれは何年前のことだったんだろー。

いつものポジション、思いのほか前の方まで行けて
視線の先に背の高い人もいなくって、ずっとよく観えたなー。

久しぶりの王子に、やっぱりカッコかわいいなーと。
安心するかっこよさ。
ほっとするかっこよさ。

表情がゆたかすぎて、王子の笑顔にこっちも笑顔になってしまう。
大きな口にパクっとくわれそう(笑)
くちびるふるふるーーってしたり、動きがつきない。

腰を落として、ギターのネックを前に突き出すポーズがカッコいいんだな。

♪ひともしごろで、坂さんの方を向いてギターをかきならす王子が
めちゃめちゃカッコよかった。
のめりこんでいる感じ。

そこからの♪ド真ん中節
歌詞にグッときたわけではなく、4人のパワーに圧倒されて
グッときた。
全身全霊ってこうゆうことを言うんだ、って感じ。
増子さんがこぶしを突き出すと汗が飛び散る。

MCで増子さんが、
「俺達今が一番いい」って言ってたけど、
その言葉に納得できちゃう。

♪酒爆の坂さんは、「また会おう」でした。

アンコール♪オトナノススメの王子のバンバンが
もう笑いしかない。
なんなんだろう、あの動き。


増子さんのおしゃべりは、
ネットショッピングでカードの不正利用にあったらしく、
カード会社から留守電入ってたとか、
そのおかげでカードが使えなくて、コンビニに払い込みに行ったけど
よく分からなくてコンビニ2軒まわったとか。
そりゃタイヘンと思いつつ、おもしろくて笑っちゃう話。

増子さんが、
「アスリートと同じ、全力でやっているところを見せるしかない。
次の約束をすることしかない」
ってことを言って、次のライブの発表

そう、怒髪天はいつも次の約束をしてくれる。

最後、終わってからの坂さんコーナーは今回もありました。
東京だからってことで♪TOKIO
最後までなんだか分からないコーナーだったけど
おもしろいからいっかー。

来年の約束をしてくれたけど、
今度は京都でー。


この記事をはてなブックマークに追加

絶望と花園

2017-10-13 00:14:43 | おいしいこと

 

2017年10月7日(土)のこと。

『ナラタージュ』を観たあとは、新宿来たんでーってことで
『嵐にしやがれ』のパスタデスマッチで紹介されたお店へ。

8/19放送回で翔さんが食べられた『イヴォ ホームズパスタ』の
絶望パスタ

お店のスペースは小さめで、お昼どきだったので
ほぼ満席状態だったけど回転がいいみたい。
待っているあいだにメニュー見せてもらって
‎すぐに席に案内されました。

これが“絶望”

すごいこぼれ落ちそうなソース

絶対ソースはねとばすよねーって言って、
手ぬぐいでガードしながらいただきました。

気取らないおいしさがぎゅーっと煮込まれたスープとパスタが
よくからんでいて、おいしかったー
お皿に残ったスープを飲みほしたいうまさ。
ごちそうさまでしたー。

そしてその後は、都会にたたずむ花園神社へお参りへ。

こんなビルの谷間に神社があるって不思議な風景

境内で骨董市や酉の市も催されるそう。

御朱印いただきました。

こんなふうに、ちょっと出かけたときに足をのばして
ちょっと特別なお店でおいしいもの食べて
お参りもして、っていいなぁ。
また行きたいね。


この記事をはてなブックマークに追加