ココロの手帳にメモっとこう

楽しかったこと
うれしかったこと
忘れたくないから心の手帳にメモしておこう

『鳥人計画』東野圭吾

2015-06-29 22:36:25 | 本のこと

スキージャンプの選手が毒殺される話。
最初にもう犯人が分かっていて、
完全だと思った計画がどこで崩れたのか、
犯人ありきで動機を解いていくっていう、
ちょっと変わった展開。

犯人が分かっていて、トリックと動機を解いていくっていうのは
おもしろかったけど、
その動機がちょっと薄いような。
静かに展開していって、最後どんでん返しありって感じ。
止まらないドキドキ感はちょっと足りなかったかな。
十分おもしろいんだけどね。

東野圭吾さんは、スノーボードものも書いているし、
スポーツいろいろくわしいみたいだなー。

 

鳥人計画 (角川文庫)
 
角川書店

この記事をはてなブックマークに追加

オヤジだョ!全員酒豪

2015-06-28 22:41:25 | ├LIVEのこと

※ネタバレ

2015年6月27日(土)のこと。

怒髪天TOUR2015 オヤジだョ!全員酒豪~人生航路、酔う SORROW~

@EX THEATER ROPPONGI

17:00開場 18:00開演

しんどい日常、週末の楽しいことがなければ乗り越えらんない。
この週末のお楽しみがコレ。

ホント、最初は片足だけつっこんでるつもりが今じゃあすっかりの怒髪天。

100番台の整理番号で入場して、王子前の3列目キープ。
始まったとたんぎゅーっと圧が。
まわりにはそこそこの身長の方がいたけど、
うまいこと王子のスペースだけ視界確保。
王子がよく見えました。
つか、ほぼ王子しか見えないとも言う。
ときどき兄イ
2回くらいしみさん。
坂さんに至っては帽子がチラっと見えるくらい。

今回、酒唄コンピレーションアルバムを引っ提げてのツアーだからこのツアータイトル
まいど秀逸のタイトル。

ビール飲みたくなる曲がいっぱい。

兄ィの、“よく来たー”がいいんだ。

カッコかわいい王子ばっかりについ目がいっちゃうんだけど、
ちょいちょい兄ィのこともカッコいいと思っちゃうんだな。
気合の入った“いくぜー”にグッときちゃう。

王子のギターは、激しくよく動く。
キックがたまらん。

そうかと思うと♪じゃがいも機関車の“シュッポッポ”は
おもしろかわいい。
本編ラストの♪宜しく候で、しみさんの方に行って、
もどってきながらジャンプ、回転
王子前ではひそかに女子たちの声があがってた。
でも、アンコールに出てきたときの王子、
“楽しくて暴れすぎちゃって、マネージャーのノリにゴリラみたいだったって
言われて傷ついてます”っつってたー。
ゴリラー

中盤の懐かしい曲やったあと。
王子は、
“音楽って、その当時の匂いとか空気とかよみがえってキュンとした”
なんて言ってた。
“きゅんと”ってー。
女子かっ。
そう言う王子を見て、それだけで泣きそうになってる兄ィ。

兄ィは、“表現欲に演奏技術がおいつかない”みたいなこと言ってたな。

♪ひともしごろがよかったなぁ。
兄ィの歌いっぷりがね。
生き様ならぬ、歌い様とでも言うのかな。
気持ちの入りっぷりが伝わってくるような歌。

♪ぐでんぐでんはドラムの入りがすごーくカッコよかった。

いつも思うけど、怒髪天は音がシンプルで、バカ耳でも
ギター、ベース、ドラムの音がしっかり聴き取れるところが好き。

王子の指の動きとかじーっと見ちゃうし。
ギタリストをあの距離であんなにじっくり見ることってそう無いもんなー。

しっかし。
トークが本当におっかしくって。

絶対“ギロッポン”って言うよねーって話してたんだけど、
まんまと言ってたし。

六本木なんて来る機会ないでしょ?
友康来たことある?って王子に聞いたり。
そしたら王子は“ヒルズ?”って聴き返したんだよね。
こりゃきっとプライベートで来たことあるね、っていう。

兄ィは電車で来て正面から会場入りしたとかで。
電光でツアータイトルが流れてるの見て、こりゃやっちまったと思ったね、とか。

敏腕マネのノリさんに、また“お話1話”ってガムテに書いてモニタに貼られていたんだけど、
それを“10話に書き直してやる”とか。

アンコールで出てきたとき。
王子が、“今日の増子ちゃん、いつもよりしゃべるでしょ。”って言って
その理由を。
どうやら、楽屋が、王子としみさん、
兄ィと坂さんで二つに分かれていたんだけど、
坂さんは練習とかしててあんまり楽屋にいないから
それでさみしくなっちゃったんだと。
しゃべっていなかった分“おしゃべり貯金が貯まってたんだよね”って。
おしゃべり貯金ーーーーっ
ちょっと、もう大笑いしちゃったよ。
つーか、自分もココロ当たりあるわ、その状況。

アンコール前にもおしゃべりしてたら、そでに敏腕マネのりさんが立って
プレッシャーかけてきて。
それをしみさんが“おしゃべり税務署だー”って。
もう発想がおもしろすぎる。

ライブ中とは思えない、本気で笑っちゃう。

なんて言うか。
あの曲の、兄ィの動きがおもしろい、とか
あそこの王子の動きがかっこいいとか。
いろいろあるけど。
そういう小さいこととかぜーんぶひっくるめて、
怒髪天のライブは楽しいんだよな。
ただ楽しい。
楽しいのキャッチボール。
周波数が合うっていうような。

さらに最後には、リリースとツアーの追加やフリーライブイベントの発表もあって。

次の約束があるってうれしい。
まぁアレやコレやとかぶっちゃったりもしてるけどね。

終わったあとは、全員酒豪ってタイトルにふさわしく
おいしいお酒をたっぷり飲んで、楽しかったー。
楽しいいきおいで追加しちった。
にひひ。

以下セットリスト


この記事をはてなブックマークに追加

あじさいラン

2015-06-21 19:18:28 | 女子は3km


予定のない日曜日。

取りあえずアラームかけて目は覚めたものの。
眠いし、雨降りそうだし。
しばしの葛藤、30分。
結局走ってきた。

8.18km
54分36秒
ペース 6:40min/km

距離がイイ数字。

i-podを全曲シャッフルで聴きながら。
今、全部で2700曲くらい入っているんだけど、そのうち3分の1っくらいがキッカワ。
だのでやっぱりキッカワの曲がかかることが多い。

曲に思い出アリ。
その曲を聴いてたときのことを思い出す。

♪光と影がかかったときは参った。
初演の『SEMPO』のことがフラッシュバック。
1幕終わり、ステージにキッカワだけになって舞台中央で歌いあげる姿。
初日に観たときのあの緊張感とか。
すっごい前の方の席で観たときの、キッカワの握りしめた拳とか。
そんなことを思いだしちゃう。

色とりどりのあじさいがあちこちに。


この記事をはてなブックマークに追加

『サラバ!』西加奈子

2015-06-20 22:27:26 | 本のこと

 

 直木賞受賞作品ってことだけど、
受賞する前に『ダ・ヴィンチ』で紹介されてるの見て気になって
図書館で予約してたら、意外と早く読めた。

こないだの『アメトーク』の読書芸人で、
オードリーの若林がおススメしてて、
ピース又吉も絶賛してた。

たしかに、受賞と評判はダテじゃない。
おもしろかった。

問題行動ばかり起こす姉と、感情ありきで生きる母親のもとで生きてきた
圷歩が、生きるために空気のような存在になることを決め、
そうやって生きてきた、その人生のことが書かれている。

前半は、姉が不適合者のような生き方なんだけど、
いつのまにか弟・歩の方が“こんなはずじゃなかった”って立場になっている。

おもしろく、たんたんと語られていくんだけど、実は深い。
深い物語。

生きるために大事なことってなんだろ、、みたいな。
軸をもつこと。
自分が信じる何かを見つけること。

それは、難しいよ。

『アメトーク』の読書芸人の回
おもしろかったのに途中で寝てしまったのが残念。

人さまが読んでる本って気になる。
人から、読んでる本聞かれるのはパンツ見られるくらい恥ずかしいけどね。

 

サラバ! 上
 

小学館


この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと遠くまでお買いもん

2015-06-19 23:33:25 | モノごと

 

会社お休みしてちょっとお買い物。

ボーナスもらったっていうにははばかれるくらい、
わずかーだけど、もらったのでお買い物。

佐野プレミアムアウトレットに行って来た。


関東首都圏のアウトレットは、入間しか行ったことないんだけど、
なぜ佐野にしたかっていうとー。
身近なお友達2人が、佐野が見やすいって言ってて。
どんなショップが入っているのかとチェックしてみたら
好みだったので。

新宿南口から直行バスで1時間半くらい。
事前予約&カード決済でちょっと割引になって1,330円

あいにくの雨だったけど、お店の前にはアーケードがあるので
そんなに苦にはならなかったな。

お目当てはココ。

レスポが入ってるアウトレットはあんまないと思う。

欲しかったかたちはネットでの値段も調べていったので
コレならばオッケーだろ、って。
2つ買ってしまった。

あとは、プチプラのお洋服やさんでニットカットソーの安っすいのと
トリンプの下着

それと、T-FALのポット0.8L
旧モデルが50%以上オフになって3500円だったので買ってしまった。
夏でも温かいお茶飲む家なんでポットはよく使うんだ。

ホントはカラフルなスニーカーが欲しかったんだけど
コレだ!っていうのがなかったわ。


木更津や御殿場のアウトレットに行ったことないんで比較はできないけど、
佐野は回りやすいちょうどいい広さなんではないかな。
高級ブランドと、そこそこお値段するお洋服系、お手頃価格のお洋服屋さんと
アウトレットの定番とも言えるアウトドア、スポーツ系とがそろっていて
アウトレット素人でもつい手がのびてしまう感じ。

昼間っからビール

びゅーんと連れて行ってくれる直行バスも便利。

たまにはイイね。


この記事をはてなブックマークに追加

今日のネイル

2015-06-19 23:12:32 | ネイルんるん

 

梅雨なので
雨なので
水色ネイル

今日は、雨だったけどちょっと遠くまでお買い物。


・エテュセバカンスネイルカラーNo.5×2
・HOMEIダイヤモンドネイルポリッシュD-21D
・SKINFOOD ネイルビタαトップコート×2

 


この記事をはてなブックマークに追加

EPIC NIGHT

2015-06-17 00:27:40 | ├LIVEのこと

 

2015年6月14日(日)のこと。

B'z LIVE GYM2015-EPIC NIGHT-
@味の素スタジアム

 

何年ぶりか分からないぶりにB'zのライブに行ってきた。

 


いっときFCに入っていたんだよねー。

稲葉さん、カッコいいいの一言につきる。
なんだ、あの昭和39年生まれ。

シンプルだけど、実はいろいろ豪華なセット

紫に近いピンクのパツパツパンツの3ピースで登場した稲葉さん。

ステージ上にショッキングピンクの巨大ブラジャーがつるされて
それを見上げて“これが噂のEPICブラですか。せっかくなんで反対側も・・”って言って
ブラがひっくり帰ると、電飾で
『B'zのライブジムへようこそ』
稲葉さんのシャウト

“幸福と快楽の絶頂に一緒にのぼりつめましょう”
なんて言ってくれちゃうんだよ。
ステキだ。


あのハイトーンのシャウトがたまらない。
パワフルで爆発力のあるボーカル

曲は、Newアルバム『EPIC DAY』はけっこう聴きこんでいたんだけど、
他はけっこう知らない曲もあったな。

中盤の♪熱き鼓動の果て
最初の、“熱き”の“あ”がね、すごかったよ。
5万人以上を一瞬にしてひきつける声

もっと小さいところで、もっと近くで稲葉さんを
拝みたいと思うのはもちろんのことだけど
B'zには大きなステージが似合う。

ステージの端から端まで良く動く稲葉さん。
そのかっこよさは現実味が無いくらい。

客席外周を稼働花道で移動したんだけど、
そんときはけっこうな距離で見えたー。
生身感の伝わってくる距離

バックステージで、松本さんと向かいあって。
いつも隣にいるけど、向かい合うことって少ないですよね、って言いながら
向かいあって。
2人でアコギ弾きながらの♪ZERO

♪ultra soulは盛り上がるねー
イントロからもう“ウルトラそうっ”の大合唱
“ウルトラそうっ!HEY!”でジャンプ
あー気持ちイイっ。

ステージにセットで車が置かれてたんだけど、
それをクレーンで持ち上げて。
どう見ても本物の車にしか見えなかったんだけど、
その車を落下させて火花散らせるっていう。
大迫力。


♪LAS VEGASも、自由の女神やダイスが浮かんできてド派手。


声量も音域も、変わらないなー。
すごいよ。
かっこいいだけじゃなくて、圧倒される。

ステージからあんなに遠い席でも、観る価値のあるパフォーマンス
聴く価値のある声

サイコーだ。

B'zライブの締めは、せーので“おつかれ~”


今回の味スタ。
4年前のドリのワンダーランドが味スタで。
あの時はそんなにタイヘンと思わなかったけど。
今回は、21時の終演から規制退場で飛田給で京王線に乗るまでに1時間かかった。
トイレは、下層バックスタンドのB32かB30が並んではいたけど、数が多いから
すんなり入れた。

FCチケットの座席は、聞いていた通り、入場するときでないと分からないってやつ。
身分証の提示は無かった。


買うつもりなかったのに、グッズを買ってしまったー。


Tシャツがいろんな色があってかわいいの。
¥2500-ってお手軽価格だし。
あやうく買いそうになってしまった。

500円のガチャも。

15:30開場で、16時頃には飛田給駅についてたので
グッズもガチャもすんなり。
だからつい手をだしてしまったのよね。

でも楽しかったからいいのだー。

また次のツアーも行きたいぞー。

以下セットリスト

 


01.RED
02.NO EXCUSE
03.YOU & I
04.love me, I love you
05.HEAT
06.アマリニモ
07.Exit To The Sun
08.Black Coffee
09.君を気にしない日など
10.Man Of The Match
11.熱き鼓動の果て
12.ZERO
13.Blue Sunshine
14.有頂天
15.ultra soul
16.スイマーよ!!
17.BURN -フメツノフェイス-
18.LAS VEGAS
19.EPIC DAY

EN
20.イチブトゼンブ
21.愛のバクダン


この記事をはてなブックマークに追加

梅雨ラン

2015-06-13 16:16:55 | 女子は3km

 

8.4km
57分20秒
ペース 6:48min/km


金曜の夜はたいていビール飲んでうたた寝
昨夜も3時頃目が覚めてふとんへ移動
2時間以上寝てた。
その2時間もったいないよなー
ちゃんとふとんで寝なくちゃ。

今朝は7時にアラームかけて。
起きてしばし自分との戦い。
よし走るぞ!としたくしたけど、
チャンスタイムだーとツムツムやっちゃって。
なんだかんだ走り出すのは8時半になっちう。
ダメだなぁ~

今日はちょっと曇っていたから
暑さはそれほどでもなかったけど、
水分は取った方がいいかと休憩したら
顔から汗がぼったぼた。
汗だく。

距離短め
タイムも遅めだけど。
まー、仕方ない。

ラン友に、ニューヨークシティマラソン出よう!なんて話を聞いて
なかなかハードルは高いけど、
ちょっといいなと思っている。


この記事をはてなブックマークに追加

MOIL&POLOSSA“ハッケヨイ”

2015-06-13 15:54:16 | ├LIVEのこと


2015年6月11日(木)のこと。

MOIL&POLOSSA ファーストツアー“ハッケヨイ”
上原子友康(怒髪天)/上田健司

@南青山MANDALA
18:30開場
19:30開演

南青山のおされ~なおとな~なとこに
王子のユニットMOIL&POLOSSAのライブに行ってきた。

南青山ってだけで、なんか自分ら場所負けしてる。
ライブ前にお酒なんて飲んじゃって。
なんだかオトナーみたい~
なんて話していたけど。
みたい、じゃなく十分にオトナでしたわ。

小さいとこなんですぐそこがステージ
時間になって出てきた王子はクリームレモン色の長袖シャツ
いつもはブーツのことが多いけど、この日は白いスニーカーでしたね。
出て来て“モイルです”“ポロッサです”っていうの、なんか売れない漫才コンビみたいだ。
もー
近すぎて、そんな近くで見たら好きになっちゃうじゃーん。
最初っから最後まで王子の笑顔にやられっぱなし。
王子の笑顔は破壊力と伝染力がある。
王子が笑うとこっちも笑顔になってしまうっていうね。
笑顔ってゆーか、にやにやですけど。

上田さんは、ブルーのシャツとブルーのお帽子
客席のことを、場に飲まれてんなーって言ってたけど、
ご本人も、青山だからおしゃれしたとか言ってた。
青山は牙城だと。

お二人の間のテーブルにも赤ワイン
みんなでカンパイしました。

王子も飲んでいたけど、上田さんはハイペースで飲んでいて
途中からは酔っぱらったーって言って、でも飲む、弾く、歌う。

曲は、MOIL&POLOSSAのファーストアルバムから曲順に。

王子の人生初作詞曲の
♪Party! Guitar! Happy!も。

これまで作詞はしなかった王子が書くことにしたのは、
増子さんとしみさんがギターに挑戦してがんばっているのを見て、
自分も何か苦手なことに挑戦してがんばりたいと思ったからだって。
なんという、ポジティブさ。

あとは、カバーで
♪木綿のハンカチーフ
横浜銀蝿の曲
村下孝蔵さんの♪初恋

粉もんが好きな人たちの曲やるっていうから、?と思ったら。
♪モーニングムーンと
ラッツ&スターの曲でした。
粉もんって。

王子の歌う♪モーニング・ムーン
ヨカッター
あと松山千春の♪旅立ちもヨカッタ。

王子がさ、上田さんの方を向いて笑顔みせるんだよ。
その笑顔ににやにやーってなる。

客席にはしみさんも観にきていて。
フツーにお客さん状態なんだけど、上田さんに“金髪のかわいこちゃん”って
いじられたり。
しみさんのユニットグリーンハイツの松下浩三さんと一緒に
ステージにあげられて、オレできないーっつて、浩三さんが
1曲やってくれた。
写真撮っていいよー
動画も撮ってのせていいよーって状態。
しみさんはワインもって客席一周してお客さんとカンパイ
こんときわたしグラスが空だったのがもったいなかったわー。

上田さんは自身もバンドやったり、プロデュースしたり。
今までいろんなバンド見てきたけど、怒髪天は本当に仲がいい、
レコーディング終わると4人で一緒に電車で帰って行くって。
なんか、中学生のいいところを今も持ち続けてる4人組なんだろうね。

そんな上田さんは、昔は悪かったらしく、
カラダに模様入っちゃってるとか。
意外だったわ。

このMOIL&POLOSSAは、
お正月に王子が上田さんの家に行って一緒に飲んだときに
何かやろう!ってできたユニット
そのときの話になって、王子は成城石井で買ったワインを持って行ったって。
フンパツして成城石井、みたいな言い方がかわいかったー
“でも3本セットのやつ”って。
どこまで庶民派なんだ。

王子はギターバンジョーっていうのを弾くんだけど、
ギターバンジョー → ギター番長 → 夏番長
って、TUBEに楽曲提供した話もちょこっと。
まさか、TUBEと怒髪天がつながるとは思っていなかったから
うれしかったな。
好きなものがつながるってうれしい。


王子は、怒髪天のときは、曲によっては、
ガオーって表情で弾いたり、入り込んでるーって顔だったりするんだけど、
モイルのときは、終始おだやかーな顔
やわらかーい感じ。
座りながらもときどき足を大きく動かしたりはしてたけどね。

MOIL&POLOSSAの曲は、落ち着いたテイスト
じっくり聴くと染み入る感じ。

王子の笑顔と上田さんの楽しいトークと
MOIL&POLOSSAの曲で、ココロが洗われた。
平日のお仕事でたまった自分の汚れがね、
洗われる感じ。

次のライブは怒髪天。
こちらも楽しみー。


この記事をはてなブックマークに追加

『カリスタの海に抱かれて』

2015-06-10 00:49:14 | ├お芝居のこと

 

2015年6月7日(日)のこと。

@東京宝塚劇場

花組公演

ミュージカル
『カリスタの風に抱かれて』
上演時間:1時間30分
休憩:30分

【キャスト】
シャルル・ヴィルヌーヴ・ドゥ・リベルタ/明日海りお
アリシア・グランディー/花乃まりあ
ロベルト・ゴルジ/芹香斗亜

レヴューロマン
『宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)』
上演時間:1時間


2年っくらいぶりに観て来たタカラヅカ。

お誘いいただいた以前勤めていた会社のお友達にヅカファンがいて。
2年前に『ベルサイユのばら』を一緒に観にいったときよりも
さらにハマっていたー。
ジェンヌさんのファンクラブに入っていて、そこにお願いしてチケット取ってもらった。
FCにお願いしてチケット取るっていっても、いわゆる私設FCで、
出演者枠で押さえたチケットを回してもらうってことみたい。

『カリスタの風に抱かれて』は、脚本がテレビドラマでもおなじみの大石静さん
最近だと亀ちゃんの『セカンドラブ』の方ですね。

フランスの統治下にあったカリスタという島で、
独立のために戦うロベルトと親が決めた許嫁のアリシア
島を捨ててフランスで貴族になったシャルル

フランス兵になったシャルルが島にもどって来て、
独立に力を貸すんだけど、あっというまにアリシアと恋に落ちちゃうっていう
古典的なストーリー
カリスタのためにって気合入ってたシャルルが、最後には愛する人と生きるのが一番だっつって
愛に生きるっていうオチがオイオイ、って。
戦うロベルトがかわいそ過ぎ。

宝塚って、ストーリーはそんな重要じゃないんだろうな、と。
やっぱり歌がいいし、衣装はきらびやかだし。
今作はフランス革命ものだったので、軍服だったし。
パリでの革命のシーンの群舞がよかったー。
ちょっとレミゼっぽい感じ。

花組男役トップの明日海りおさんはやっぱりカッコいい。
この方、2013年に『ベルサイユのばら~オスカルアンドレ編~』を観たときの
オスカル役の方だった。
あの時は月組だったけど、組替え(っていうのか?)したんだー。

アニータ役の専科の美穂圭子さんの歌がものすごくよかった。
迫力あった。

レヴューロマン
『宝塚幻想曲』
振付が謝珠榮さん
TSミュージカルの方じゃあないですかー。
ググってみたら、もと宝塚の方だったのか。

レビューは、歌とダンス
キラっキラ、ひらっひらのお衣装がすごい。
ラインダンスは何度見てもたまげるね。
あの一糸乱れぬ動き。
毎度思うがもう宝塚は伝統芸能でしょう。
老若男女(男はあんまりしないけど)に、昔も今も愛され続けているのが分かる気するよ。

男役の方は、娘役をぐるんぐるん回すダンスとかしてて
ホントすごいなと思ったわ。

お芝居の衣装じゃなくなると誰がだれやらさっぱり分からなくなっちゃうんだけどね。

今回観せていただいた回は旅行代理店の貸切公演だったので、
上演前には組長の方が出てきてごあいさつして、
終演後にはトップの明日海りおさんが出てきてくれて
ちょっとおトクでした。

いいもの観られて楽しかったー。


この記事をはてなブックマークに追加