ココロの手帳にメモっとこう

楽しかったこと
うれしかったこと
忘れたくないから心の手帳にメモしておこう

元気に生まれてこいよ君(仮名)に会いに

2006-04-30 23:19:01 | つれづれ

吉川仲間の塾長と先生夫妻のところに2月に生まれたBaby
“元気に生まれてこいよ君”(仮名・二ヶ月)に会いに行って来ました。

おじゃましたのは、永遠の若手キャラくんとネット番長姉さんとセレブとわたし。
遅ればせながらお祝いも持参
木で出来た積み木のおもちゃと、くまさんのお耳のついた
バスタオルにもなるおくるみと手首に巻けるくまちゃんと、
なんとバスローブ!
このバスローブがまたかわいいのだ~
わたしが着たいっ



元気に生まれてこいよ君、かわいい~
早くもイケメンの予感。
ママに抱っこされながら見かけないわたしたちオバちゃんたちを
珍しそうにジ~っと見てました。
それを見て“今、目があった!”とはしゃぐオバたち。
生まれてすぐのビデオも見せてもらったけど
二ヶ月でだいぶ変わるもんなんだなぁ。
抱っこされて笑ったりなんかしちゃってかわいいったら。
このビデオあんなところやそんなところも映っててR-15指定です。
この子が不良になりそうになったら見せてあげましょう。

いつもはよく泣く元気に生まれてこいよ君は
外面がいいらしく(両親談)
今日はいい子ちゃん。
すっかりビールを飲みまくる大人たちの横で大人しく寝てました。
先生お手製のごはん、とってもおいしくてがススム。
ごちそうさまでした。

去年の夏のライブや年末のライブの時にはまだ先生のお腹の中にいたのが
今こうして天使のようにみんなを幸せな気分にしてくれる。
不思議だな。
生まれる前から吉川晃司になでなでしてもらった元気に生まれてこいよ君
もうちょっとおっきくなったら、お腹の中で聴いていた吉川の曲で
笑ってくれるかな

この記事をはてなブックマークに追加

『Vフォー・ヴェンデッタ』

2006-04-29 23:11:40 | └映画のこと

@テアトル池袋

監督:ジェイムズ・マクティーグ
脚本・製作:ウォシャウスキー兄弟
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング

第三次大戦後のイギリス
人々の生活は国家に管理され、街に配置された自警団は人々の生活を
脅かしている。
政治活動をしていた両親をもつイヴィー(ナタリー・ポートマン)と
仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)の出会い。
国家を憎み殺戮を重ねていく“V”と偶然か必然か巻き込まれていくイヴィー。

毎月29日は“buku割の日”ということで、池袋では29日に
“buku”というフリーペーパーを持参すると映画が¥1000に!
貧乏人にはなんともおトクな情報。
でも今日は祝日なので混んでいるだろうなぁと、貧乏人は
がんばって10:30の回を観に行ってきました。

すっごーく観たい!ってワケではなかったけど、¥1000ならばと観たコレ。
話の展開、映像、スピード感とそれなりにはおもしろかったけど
ちょっと難しかったかな。
舞台が第三次大戦後っていうのもパンフレットを読まないと分からないし、
イギリスにとって11月5日は意味のある日だとか、
実際にあった火薬陰謀事件とか観る前に頭に入れて観ると
また違ったんじゃないかなと思った。
ナタリー・ポートマンの断髪シーンとともに、『マトリックス』で
エージェントスミスを演じたヒューゴ・ウィービングの出演も話題に
なってたけど、“V”の役はヒューゴ・ウィービングじゃなくても
全然よかったのでは?と率直に思っちゃいました。
“V”がイヴィーに作ってあげた卵のトーストがおいしそうだったな。

先日観た『タイフーン』と同じで、“V”のやってることは残虐な殺人、
テロ行為なんだけど、テロ行為の背景を知りながら観ているから
助かって欲しいなぁと思ってしまうんだよね。
うむ。難しい。

今度は人が死なないお話を観ようっと。

この記事をはてなブックマークに追加

新曲発売決定!

2006-04-27 01:00:15 | TOKIOくんとジャニーズのこと

と言っても吉川じゃあありません
TOKIOです。
6/21にTBSのワールドカップテーマソングとしてリリースされるそうです
もちろん初回A・B・通常版の計3パターン
しかしこれがまたスゴイ。
初回Aにはカップリングとして♪SymphonicのライブVerが入り
PVとPVメイキングのDVDが付き。
初回Bには♪君を想うときのライブVerとレコーディングシーンのDVD
通常版には♪SymphonicのライブVerと♪君を想うときのライブVer両方入ったうえに
もう1曲、しかしDVDはつかないという。
なんつーラインナップなんでしょうか。
ライブVerってこないだの武道館ライブの音源ってこと?
そうだとしたらそりゃ必聴。
どちらももう一度聴きたい曲だもん。
今年のライブはDVD化される可能性がうっすいのでありがたい。
どっちも聴きたいから通常版?
でもそうするとマボ監督のPVメイキングが見られない。
まったく上手い戦略だ。

サバンナの夜だか愛だか恋だか知らないけど(いづれにしてもカッコよくない)
タイトルよりも発売日を教えてくれーーー


この記事をはてなブックマークに追加

『タイフーン』

2006-04-26 23:59:16 | └映画のこと
@シネマサンシャイン
監督・脚本:クァク・キョンテク(『友へ/チング』)
出演:チャン・ドンゴン/イ・ジョンジェ/イ・ミヨン
上映時間:125分

故郷を捨てて脱北しようとしたものの南に見捨てられ11歳で家族を失ない
生きるために海賊になった“シン”(チャン・ドンゴン)
北と南への報復と生き別れた姉を探すことを支えに生きていくシンは
米国船籍から核ミサイル用衛星誘導装置を強奪し、それと引き換えにロシアから
核廃棄物を手に入れる。
南北の空に撒くために・・・
それを阻止するために選ばれた海軍大尉カン・セジョン
シンとカン、シンと国家の戦い。

久しぶりの韓国映画だけど、いくつかの国の人が出てくるので
あんまり韓国映画っぽくなかったかな。
内容はおもいっきり南北分断なんですが。

唐突に話は始まってたくさん人が死んで、南北朝鮮、アメリカ、ロシアや中国と
たくさんの国がからんでくるので最初ちょっと関係が分からなくなりそうだった。
けど、とにかくそこのあるのはシンの憎しみと孤独だった。
チャン・ドンゴンの眼がすごいんだな。
チャン・ドンゴンはパンフレットのインタビューで一番好きなシーンは
プサンのホテルで自分たち一族の亡命を拒んだ南の人を暗殺するシーンと
答えていたけど、わたしはシンが姉と再会するシーンがなんともキタなぁ。
20年のときが過ぎてお互い姿も変わりすぐには信用しないんだけど
背けた顔がすごくせつなくなっていってもう一度顔をむけたときには
涙がこぼれている。
すごく悲しくてせつなかった。
シンはたくさん人も殺して、報復のために朝鮮半島に核廃棄物を
空中散布しようとしてるとんでもない人だけど
なんとか逃げのびてお姉さんとそっと暮らしていければいいのにと
思わずにいられない。
最後はもちろん20年前に殺された家族のもとへ行くことになるんだけど
シンが空中にとばした核廃棄物には散布するための時限装置はついてなかったし
時限装置のスイッチも押されてなかった。
それがまたせつなかったよ。
シンのお姉さんが“家族が一番幸せだったとき”と言っていた
亡命しようとして逃げ込んだ中国オーストリア大使館で家族みんなで
南での明るい未来を夢見て笑いあっていたときのシーンが最後に流れたのが
それまでの殺伐としたシーンと対照的で印象深かった。

チャン・ドンゴン、『友へ』も『ブラザーフッド』も観たけど
あんまりカッコよかった印象ないんだよね。
でもこれはカッコよかったよ。

この記事をはてなブックマークに追加

『ザ少年倶楽部プレミアム』

2006-04-23 23:59:13 | TOKIOくんとジャニーズのこと
ジャニヲタのわたくしもさすがにこの番組は見てなかったけど
リニューアルして太一が司会になり、その第1回OAにTOKIOのLIVE映像が
でるっていうので忘れずしっかり録画&リアルタイム鑑賞。

まずは初回ゲストの嵐の相葉ちゃんとのトーク
太一はTシャツの上に茶系のジャケットシャツに
相葉ちゃんは薄い黄色のTシャツに白いジャケット
太一の、“何で一回目のゲストはオマエなんだ?”的なトークから
初対面の第一印象など。
相葉っちは太一のことこわいなと思っていたそうです。
太一は達っちゃんと野球を見に行った東京ドームで相葉っちに
遭遇したらしいんだけど、そのときの会った印象の話のはずが
相葉っちは自分にファールボールが当たった話になってしまい
なんだか会話のちぐはぐな相葉ちゃん。
VTRで松潤登場。
松潤は以前太一に熱く語られたことがあるらしく、そうゆう話を相葉ちゃんとも
語って説教してやってくださいって。
もう1名VTRコメントでマボ登場。
マボは太一と相葉ちゃんは似てるって言ってた。
マボのことを最初に松兄って呼び始めたのは相葉ちゃんだとも。
そのあとのトークは、嵐はこれからどうなりたいかとか、
曲を作りたいからギターを始めたっていう相葉ちゃんに
太一は“甘い!”と言って、けっこうな熱いトークでしたよ。
相葉ちゃんは“甘いって言われる筋合いないっ”と言い返してましたケド。

そのあとMAが登場して軽くトークしたとあと1曲
やっぱりMAのダンスはピカ1だなぁ。
つーか、こんなふうにMAだけ見ることって滅多にないからねー。
TOKIOのバックで踊ってた頃からずいぶんカッコよくなったのね。

それからファッションプロデューサーのなんとかさんっていう28才女性との
トークがあってやっとTOKIOの番だよ~

武道館の正面の映像から♪トラGがちょっと。
ほんのちょっとなんだけど、わたしの好きな太一、茂くん、達っちゃん、智っちが
センターで一列になるシーンだったのでうれしい
それから音や武道館やライブについて1人づつコメント
智っちは演出は音で考えたという話をして、
太一は桜が咲いてファイナルで戻ってきたんだなぁと感じる、
マボは武道館は慣れないハコ。何度やっても感動する、
LIVEはTOKIOの本業ですって。
達っちゃんはふだんみんなそれぞれの仕事があったりするから、
それが5人集まって音の話ができるのがうれしいって
茂くんはデビュー会見を振り返って、武道館は自分たちにとって特別な場所だと
語ってくれてました。
この映像はいつ頃の撮影だったんでしょ。
マボは髪を後ろでしばってて、達っちゃんはちょいアゴひげ。
茂くんはメンGで見るよりロンゲでした。
♪Mr.Traveling Manが少し流れておしまい。
こんだけかい!と突っ込みたくなるくらいあっというまだけど
貴重な映像なのでヨシとしましょうか。
来週のゲストはヒガシさん。
TOKIOも新曲でも出したらまた出てくれるかな~と期待

この記事をはてなブックマークに追加

『グータンヌーボー』

2006-04-23 23:57:07 | テレビのこと
録画してあった天海さんの回を見てみた。
天海さん、『ほほ日』の『おいら』を読んだときには
そのサバサバしてそうなところやきっぷのよさそうな素の雰囲気を
感じたんだけど、姿を見るとその美しさがまず目についてしまい
トークしている姿が演技なのか素なのか良く分からない。
女優さんとしてトークを演じているのかなぁと感じてしまう。
でも泣く江角さんにさっとハンカチを差し出してあげるところや
江角さんに宛てたメールのステキな文章はきっと素なんだろうなぁ。

今までこの番組に出るゲストは篠涼の恋愛モードにつられてか
わりと恋愛の話をしてたから今回はどうなんだろ?と
心配だけどちょっと聞いてみたかったりと複雑だったんだけど
宝塚時代のお話や“泣くこと”というお話で恋愛にはあまり触れず。

江角さんがこの人のお芝居はスゴイ!と言ってらしたけど
本当に。
一度しか観てないけど舞台の天海さんはすごかった。
『月9』なんてもったいないとしみじみ思うのであった。


この記事をはてなブックマークに追加

サバンナナイト@新橋 呑兵衛飲み会

2006-04-21 23:59:40 | 吉川晃司のこと
吉川仲間のなかでも自他共に認める(?!)呑兵衛どもの集まり“呑兵衛飲み会”
企画しようと言いつつもいつも酒の席での話しで終わっていたんだけど
吉川がナリをひそめているこの時期に、ぜひやろう!とこの度実現。

集まったのは、ネット番長姉さん、新米パパ、永遠の若手キャラくんとわたし。
最年長のネット番長姉さんが予約から集合まで段取ってくれたお店は
新橋の『魚金』
新鮮な魚介類を圧倒的なボリュームとお手ごろ価格でいただける
新橋じゃあ人気のお店らしいです。
定時が遅いわたしが遅れてお店に着くと3人は既に日本酒モード
評判通り魚介がボリューム満点。
お刺身の一切れの大きさにビックリ。
北海道活きだこの七輪焼きなんていう珍しいメニューもいただき
日本酒もおいしかった~



日頃お世話になってる某会社(謎)の求人情報でひとしきり盛り上がりました。

人気のお店だけあって2時間でお会計。
もちろん呑兵衛たちは2軒目へ。
これまた姉さんが見つけてきた70、80年代歌謡曲バー『なつかしや』というお店へ。
そのお店は壁一面に昭和歌謡曲のレコードジャケットや
少年心をくすぐった『GORO』の表紙、『明星』の表紙が飾ってあって
わたしたち世代にはたまらん懐かしさ。
もちろん『モニカ』もありました。
うれしいのは曲をリクエストするとその映像をスクリーンに流してくれること。
さっそく、吉川&アンルイスさんの伝説の♪六本木心中をリクエスト
いや~キテました。
その当時はセクシー過ぎて直視できなかったもんだけど
今になって見ると吉川の手はビミョーにアンさんの腰から浮いていたりして
カッコつけてるけどウブな吉川晃司が見えちゃってカワイかったりする。
あとは♪YOU GOTTA CHANCEも見ました。
コレ何のときの映像?と聞いたら、“東京8daysも分からないのか~”と
新米パパにしかられました。
ええ、愛はあるけど知識はないダメファンなもんで・・(笑)

他にもおニャン子や浅香唯ちゃんミポリンなどを見て盛り上がった呑兵衛たちの夜。
またやりましょ~

この記事をはてなブックマークに追加

やっと!『THE FIRST SESSION』

2006-04-21 01:29:07 | 吉川晃司のこと
『THE FIRST SESSION KIKKAWA KOJI LIVE 2005 エンジェルチャイムが鳴る夜に』



DVD発売って聞いたときはすっごくうれしくて待ち遠しかったのに
発売から1ヵ月、すっかり放置してました。

もう2カ月以上吉川の曲すら聴いてなかったからね~
さて部屋を暗くして鑑賞しましたよ。
その映像は4ヶ月前のことなのにずっと前のことのよう。
なんだかすでに懐かしい感じ。

山下洋輔さんのピアノから始まりウッドベース、ドラムと音が重なっていく
そこに吉川の姿が現れるとああやっぱり『吉川晃司』だと思った。

ふだんは、センターから動かなくなるからギター持たなくていいよ~と
言っているけど、このときは座って歌ってるところから
ギターを持って立つとそこからが100%吉川晃司
ギターを持った立ち姿はやっぱりたまらなくカッコいい。
あの横顔や伸びのある高音、やっぱり好きだ~

♪MisFitのギター弾く姿がカッコいい~
・・・のっけから歌詞間違っちゃってますケド。

ドラムバトルはスゴイ!
鳥肌ものでした。
坂東彗くんの白いシャツがさわやかなこと。
ポンタさんの方を向いて見せる笑顔はさわやかどころかあどけないくらい。
なのにドラムのたたきっぷりはたくましいくて繊細な感じ。
その手さばきは早送りっすか?っていう動きだった。
わたしの人生で山下洋輔さんのピアノを聴くことがあるとは思ってなかったけど
想像していたよりも笑顔で弾いていたことに驚いた。
後藤さんはおいくつでしたっけ??とつい思ってしまうほどワイルド&セクシー
このセッションバトルを見ている吉川の笑顔を入れてくれているのがうれしい。
そうです、こうゆう顔が見たいんです。
小松監督よくできました。

♪BOMBERSはわたし的にはいっとき食傷気味だったんだけど
ここへ来てまたよくなったというか、やっぱり会場との一体感とか
いいなぁとか思っちゃうワケです。

♪JUSTICEの動きが激しくってキレがあってイイ。
しかも動きもいいがカオもイイ。
リピートしたくなる場面でした。

♪RAMBLING MANのイントロのアニーのドラムがすっごくいいんですけど。
アニーの二の腕すばらしい。
二の腕フェチでないわたしもクラっときてしまいました。

♪EVER BLUEはゼイタクを言えばオリジナルで聴きたかったけど
LIVEでやることはないんだろうなぁとあきらめかけていたこの曲を
ふとやってくれちゃうところにまたやられちゃうんだよなぁ。
この曲は吉川にはちょっとキーが高いのか、のけぞってカラダ全部で歌うさまが
ものすごく好き。

エンディングもけっこう好きな感じだった。
合格!

これだけのテクニックをもつ面々に吉川晃司?と思ったけど
吉川のボーカルと存在感はそれに値するものなんだよなー
だからこんな奇跡みたいなメンバーが集まるんだよなーと
思った。

それでもやっぱり吉川晃司はナマがイチバン。
文句・・・いえいえ意見はいろいろありますが、とにかくLIVEを待ちましょう。




この記事をはてなブックマークに追加

太一映画初主演!

2006-04-20 23:59:17 | TOKIOくんとジャニーズのこと
なんと太一が落語家役で映画主演だって~
朝からビックリ。
クランクインは5月で公開は来年だそうだけど
すでに落語家さんのところに弟子入りしてるそうな。
だから武道館のMCで『タイガー&ドラゴン』の再放送見て泣いた、
なんて言ってたのか~
『タイガー&ドラゴン』が当たりだっただけに太一はどんな落語家さんを
演じてくれるか楽しみだ。
共演の方も伊東四郎さん八千草薫さんと大御所の方々で
グローブ座のみで公開のジャニ映画じゃない作品に主演なんて
太一スゴイぞ。
イッキにTOKIO内ドラマ班の仲間入りか?!
監督さんは平山秀幸さん
『レディジョーカー』の監督さんだっ

そう言えば、今日『リセッタ』のCM新Verを見たっ
さわやかでいいね。

この記事をはてなブックマークに追加

『白夜行』東野圭吾

2006-04-20 23:59:13 | 本のこと
大阪の廃墟ビルでの殺人事件
時間の経過とともに明らかになっていく隠されていた事実と
重なっていく罪
バラバラの事実が一つになったときにそこにあるのは・・・

ドラマを見てすぐに“原作が読みたいっ”と思って読み始めたけど、
ドラマの前に読みたかった。
なんの先入観もなくこの長い小説を読んだらどんなだっただろう。
すっかり雪穂と亮司目線で読んでしまうんだけど
ドラマの二人を知らずに読んでいたら、わたしのなかの雪穂は
どんな少女、女性になっていたかなぁ。
結末も真実も知らずに読んでたらきっとイッキ読みしてたに違いない。
読み応えのある小説だったけど、原作とは違った切り口でドラマに仕上げた
脚本力がスゴイなと思った。

東野圭吾さん作品もっと読んでみたいなっと。


この記事をはてなブックマークに追加