ココロの手帳にメモっとこう

楽しかったこと
うれしかったこと
忘れたくないから心の手帳にメモしておこう

『月神(ダイアナ)の浅き夢』柴田よしき

2016-10-19 00:18:53 | 本のこと

RIKOシリーズの1作目を読まないままこれは3作目
練と麻生が出てきます。

前作の『聖母の深き淵』で、練をかばって
刑務所に入ってしまった麻生が出所してくるんだけど。
麻生が苦しくて苦しくて。
つらいー。
だからって、なんでRIKOと寝ちゃうんだよー

物語のなかの人物に、こんなふうにハマるのは
『ベルサイユのばら』のオスカルぶりか?!
まぁ、他にもいっぱいいるけど。

わたし的には、練は『バナナフィッシュ』のアッシュを思い出させる。

あびるようにアルコールを飲んで、眠剤がなければ
眠りにつくこともできない練を
麻生のそばですやすや寝かせてあげたいなー

物語としても、複雑でやっぱりおもしろい。
すっかり夜ふかししてあっと言う間に読んでしまった。
次は、やっとRIKOシリーズ1作目を読もう。

 

 

月神(ダイアナ)の浅き夢 (角川文庫)
クリエーター情報なし
角川書店
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トークショー | トップ | ゆかりと楽しい仲間たち »
最近の画像もっと見る

あわせて読む