ココロの手帳にメモっとこう

楽しかったこと
うれしかったこと
忘れたくないから心の手帳にメモしておこう

トークショー

2016-10-18 00:28:45 | 吉川晃司のこと

 

『呑むか撮るか 平山秀幸映画屋(カツドウヤ)街道』刊行記念上映会

「人間っておもしれぇなぁ
 平山秀幸 映画(カツドウヤ)街道40年記念祭り」

@池袋 新文芸座

吉川晃司×平山秀幸
『レディ・ジョーカー』(2004)122分
『必死剣鳥刺し』(2010)114分

トークショーに行って来た。

なんか、こういうライブ以外のイベントって
久しぶりな気がして。
整理番号順に入って席取って、っていうのにちょっとどきどき。

劇場側の仕切りがとってもちゃんとしていて。
事前に、キッカワファンには気を付けろって
言われてたんじゃ?!なんてね。

映画2作の合間にトークショーだったんだけど。
もーーーーーっ
カッコよかったー
黒いスーツにシルバーのネクタイでびしっときめて。
スーツで登場って予想してなかたので
それだけで、ひゃーーーっとなりました。

むかって左からMCの女性、キッカワ、平山監督の座り順
平山監督はジーンズに白シャツにレザーのジャケットで
おしゃれさん。

まずは、平山監督が、キッカワとは助監督時代から4本一緒にやってる
今日は久しぶりでうれしい

キッカワは、
客席が、“近いですね”って。
今日、オレでよかったんですかね?
主役じゃないけど、って。

『ユーガッタチャンス』のときのキッカワの印象は、
ものんすごくやんちゃ、
今もやんちゃがそのまま大きくなった、ブレてない、って言ってた。

それに対して、キッカワは、
“ブレてないというか、学習能力がない、
前へならえって言われると休めをして
休めって言われると気を付けするタイプだった”と。

平山監督は、
20年ぶりの『レディ・ジョーカー』の衣装合わせで顔を合わせたとき、
キッカワに“久しぶりに会ったのに冷たい”って怒られた、って話。

『レディ・ジョーカー』でキッカワの最初の撮影は、
薬局での渡哲也さんとのシーンで、
渡哲也さんが、キッカワに“君はケンカが強そうだね”って言った話。
それが、平山監督は見てておもしろかったと。

撮影のときにみんなで馬券を買った、はずれたけどって。
キッカワは馬券買ったのはそのときが初めてだったって。

そこから馬の話。
昨日乗馬に行ってきて筋肉痛でがに股になってるって。
壊れたおもちゃみたいな走り方になってるって笑ってた。

『必死剣鳥刺し』のときはキッカワが馬に乗るシーンを増やした、
姿勢がいいから乗馬の姿がかっこいいと。

キッカワが斬られるシーン
血のりを仕込んでの重要なシーンなのにキッカワが来ず、
なんでここで斬られっちゃうんですか、納得いかないって言いだしたとか。

トヨエツとのチャンバラシーンの話になって、
キッカワが、“とよえっちゃん”って言ってから、
“あ、言っちゃった”って言いなおして、
トヨカワさんはゾンビみたいだった、って笑い。

斬られるとき、噴き出す血を見るなよ、って監督に釘をさされた、
子供じゃないんだから見るワケないじゃん、って。

キッカワが、かつらが似合うって言われる、
むかしの顔だから、って。

無人島のロケがあって焼けちゃって監督に怒られたって話。

無人島で死にかけたから殺気が出せたのかも、って言ってた。

平山監督はリアリティを追及するから、
殺陣の間合いが近いって言ってた。

キッカワが、監督が、もう6年も作品によんでくれてない、
山の映画やると思ったら阿部ちゃんだったし、って笑ってた。

『必死剣鳥刺し』撮ってるとき、信長になってるぞ、って言われたとか。

ときどき監督とは食事したりするらしい。
監督の奥さんが広島の方なんですって。

『てれすこ』のときのキッカワの役の話も。
あのときキッカワは三河弁のお侍さんの役だったんだよね。
吉川晃司があの役をやるからおもしろいんだって監督が言ってた。

キッカワは、三河弁と名古屋弁の違いが分からず苦労したって話。
勘三郎さんが現場で三河の知り合いに電話をかけて
電話でセリフを言ってもらいながらやったとか。

映画はフィルムで撮るのがいい、といいつつ
そうじゃないのも出ますけどね、って笑って。
顔だけの演技ができない、
山田辰夫さん、原田芳雄さんにそう教えてもらったって話。
山田辰夫

最後に、ってことで
キッカワが、平山監督に、
“三池さんにも大友くんにも、
良くも悪くも存在感がジャマをするって言われるけど
どうなんですか?”って聞いてた。
平山監督は、“存在感出したくてもないやつもいるんだから”ってお答えでした。

そんな感じで30分くらいのトークでした。

最後はけていくときのキッカワは、
イテテ、って筋肉痛でおかしな歩き方になってたけど、
ちゃんと客席に手をふってくれた。


映画は、どちらもまぁ、暗いというか、重い。

だから、ストーリーはおいといてキッカワだけど観るという感じ。

あらためて観ると、どちらもいい役をやってたなぁって思う。
最初『レディ・ジョーカー』で半田刑事が登場したときは、
若っ!て思ったね。
髪黒くてふっさふさだし。

ぞくぞくするってセリフや、リップぬるシーン、
トイレシーンもあるし(笑)
ふとんかぶって不敵な笑みを見せるとか。
なかなかに見どころ満載なんだよね。
不敵は笑みがコワイ。
狂気じみた役、いいね。

『必死剣鳥刺し』もかっこいいんだ。
ところどころ信長入ってたり、
今、センポさんだったよね?ってところがあったり。

斬りに行くシーンは迫力ある。
睨み付ける目がコワイ。
トヨエツとキッカワの立ち回りはホント、すごい。
あそこだけ何回でも観たい。
そのあとのトヨエツが、キッカワも言ってたように
ゾンビすぎてもう(笑)

映画、トーク、映画でキッカワをいっぱい見られた時間
トークのときのキッカワが、ほんとに楽しそうで。
リラックスしてしゃべっているという感じで
大笑いもして終始笑顔。

かっこよくて、かわいくて、楽しかったー。

どうもありがとうございました。

ロビーにあった、サインとポスター

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週のラン | トップ | 『月神(ダイアナ)の浅き夢... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む