ココロの手帳にメモっとこう

楽しかったこと
うれしかったこと
忘れたくないから心の手帳にメモしておこう

『光』三浦しをん

2017-10-16 23:01:08 | 本のこと

とある島を災害がおそい、中学生3人と数人の大人を残して
島が壊滅状態になってしまう。
生き残った3人の中学生、信之とその彼女だった美花、幼馴染の輔
大人になった彼らの宿命の話

島が津波に襲われる夜、島の旅行客に乱暴されている美花を
助けるために殺人をおかしてしまう信之
そのことを知る輔

信之は結婚して平凡に暮らしていたけど、
美花の過去を守るために新たな殺人に手をそめることとなっていく。

「光」というタイトルのわりに、救いの感じられない話だったな。
ストーリーが、信之、信之の妻、輔の目線で語られていくから、
誰も正しくないなー
じゃあ、美花目線だったらどうなっていたんだろう。
何が光だったんだろうな。

 

光 (集英社文庫)
三浦 しをん
集英社
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きんは100歳、ぎんも100歳、... | トップ | ベルサイユのバリスタ »
最近の画像もっと見る

本のこと」カテゴリの最新記事