二極化するベーカリーショップ~特徴がなければ生き残れない

 早朝ウオーキングの帰りにベーカリーショップに寄り、パンを1つ2つ買い、公園のベンチに腰掛けて食べるのが朝の日課になっている。
 その日のウオーキングコースや気分によって寄るベーカリーショップは替わるが、大体寄るのは3箇所。
もちろんウオーキングコース内に限ってもベーカリーショップの数はもっとあるが、この3箇所になったのには理由がある。

 1つは遅くても8時にはオープンしているかどうか。
次にイートインコーナーもしくはすぐ近くに公園があるかどうか。
そして3つ目にコーヒーサービスがあるかどうかだ。

 これらの条件をほぼ満たす店として残った(よく行くようになった)のが3店だが、期せずしてタイプが異なる店になっていた。

3タイプのベーカリーショップ

 例えばA店は食品スーパー内に出店しているベーカリーショップで7時30分からオープンしている。
スーパーの開店は9時だから、スーパーのインストアでありながら、そこだけ早い時間から開いているわけで、これはちょっと珍しい。

 パンの種類はインストアにしては少し多めか(棚が広い分だけ)。
価格は普通。
朝早い時間から開いていることもあり客は多い。

 私がここを気に入っている理由はイートイン、つまり店内に腰掛けて食べるスペースがあるからだ。

 といってもベーカリーショップのスペース内にではなくスーパー内にイートインスペースが設けられているのだ。
正確に言えばそれはベーカリーショップのイートインスペースではなく、スーパーのイートインスペースだからスーパーがオープンする9時以降でなければ利用できない。
 ただ、スーパーの屋外にもテーブルとイスが設置されているので、もっぱらそこに腰掛け、サービスのコーヒーを飲みながらパンを食べている。

 B店は団地のメーン通りから一歩裏に入った所にある。
スーパーやコンビニその他の店が並ぶ表通りから一本入っているため目に付きにくい。
ここは8時オープンだが、開店と同時に客が次々に訪れるほどの人気だ。

 人気の理由は価格と飲み物サービス(午前中のみ)。
大半のパンが100円(税別)だ。
そのためまとめて買っていく人が多く、私のように1つ2つしか買わないのは少数派ではないだろうか。
特に週末はクラブ活動をしている少年・少女チームの親と思われる人が大量に買っていく光景をよく目にする。

 私はここで買う場合、パンとサービスのコーヒーを持って、団地内の緑地にあるベンチに腰掛け、本を読みながら食べるのを楽しみにしている。

 C店は私の自宅から最も離れた場所にあるから、ウオーキング帰りに寄るというより、中間点で一休みという感じに近い。

 上記2店がベーカリーショップという感じなのに対し、C店は街のパン屋さんという感じだ。
店の歴史も他の2店とは比べものにならないくらい古い。

 店は7時から開いている。
「ぼくは朝2時から起きてやっていますから」と言っていたが、店主以外に従業員はいない(2年前に奥さんをガンで亡くしてから1人になった)。
1人でやろうとすると、それぐらいの時間に起きなければ無理なのだろう。

 この店の特徴は無添加パン。
価格は3店の中で最も高いが、無添加という点と、7時オープンが気に入っている。コーヒーは有料。

 店内にはちょっとしたカウンターがあり、そこで食べることもできるが、私はもっぱら目の前の公園のベンチに腰掛け、本を読みながら食べるのを楽しみにしている。

 この3店を売上高順に並べれば店の規模、客数、単価等からしてA、B、C店の順となるだろう。

 来店客数順だとA≧B>C

 A店とB店の客数を比較するとA店の方が少し多いか、もしくはほぼ同じ程度。

 経営リスクはそれぞれにある。
例えばC店は店主1人でやっているため、人件費を含む経費は少なくて済む。
むしろリスクは店主の健康面で、それさえ心配なければそんなに儲かりはしなくても十分やっていけるに違いない。

 しかも時代のトレンドは安心・安全だから、「無添加」パンは十分訴求ポイントになるし、今後も一定の顧客層に支持され続けるだろう。

急増している100円製パン


生き残りが厳しい既存パン店

 この店をDとし、100均パンのB店と比較してみよう。


数へのこだわりを捨てる




   全文は「まぐまぐ」内の「栗野的視点」あるいはリエゾン九州のHPhttp://www.liaison-q.com)からお読み戴きたい。

   HP内の当該記事:http://www.liaison-q.com/kurino/Bakeryshop1.html




サイバーリンク

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紅葉の播州清水寺を歩く。



 神戸市北区有馬の瑞宝寺跡で紅葉狩りをしたその足で

兵庫県加東市の播州清水寺に向かった。

ここも5年前、弟と一緒に訪れた場所だ。

車ではなく登山道を歩いて登ると、より紅葉を楽しめるのではと

思うが、歩くと1時間余りかかると言われ、今回も車で上った。



 この季節、紅葉がウリであり、また参拝客も紅葉を目当てに来るが、桜も一緒に見られる。

桜と言ってもソメイヨシノではなく、秋から春先にかけて咲く十月桜である。

十月桜を植えているところはちょくちょくあるが、ここの十月桜は本数が多い。

境内のあちこちで、まるで梅の花でも見るように見かけることができる。

紅葉狩りと桜の花見、ちょっと得した気分になれる播州清水寺の散策。

春、新緑の景色も見応えがあるだろうと思いつつ後にした。








MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
 遊べるウォーキングシューズ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋の後楽園


 秋の後楽園はいつもと違った顔を見せる。

ライトアップもその一つだが、陽が落ちて来るとライトが灯り

和傘が幻想的な雰囲気を醸し出す。

夕闇とは違った昼間の和傘も一興がある。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宝福寺で見かけたちょっと変な光景



 この仏様、何かを考えているように見えるが

何を考え込んでいるのだろう。

よく見ると仏様の向きというか位置が変だ。

仏様の前にあるのは塀で、塀との間にスペースがほとんどない。

これではお参りしようにもお参りができないではないか。

なぜ、こんな配置にしたのだろうか。

仏様の向きを反対にすればお参りできるのに。

それとも塀を後から作ったのだろうか。

塀を後から作ったのなら塀の内側に仏様を取り込めばいいが、それもされてない。

なんとも謎としか言いようがない配置である。



 総社市・宝福寺にて

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紅葉の近水園



 近水園の紅葉がちょうど見頃とあって18日(土)に岡山市北区の足守まで足を伸ばしてきた。

北区といっても総社市の隣だから、ほとんど総社に行くのと変わらない。

近水園、馴染みでない人間、特に県外者にはなんと読むのか分からない。

恥ずかしいが当初「きんすいえん」かと思っていたが、

県の職員の方に「おみずえん」と教えられた。



 一帯は公園のようになっていて「近水園」という名称ながら入場料無料。

すぐ近くに無料駐車場もあるが、週末はさすがに車も多く、駐車スペースがなかったが

河川敷に駐車スペースがあるので、多くの人はそちらに駐車めていた。















覚えるパスワードを一つに! 無料で使えるID管理クラウド
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

地蔵さん、見頃になったか、大寧寺の紅葉


 山口県長門市にある大寧寺(たいねいじ)は大内義隆公主従の

墓所があることで知られているが、この時期は紅葉がきれいとあり

紅葉見物に訪れる人が多い。

立ち寄ったのは11月5日で紅葉の見頃時期はもう少し先、

恐らく、この週末頃が見頃と思われる。


 なかなか色付かない葉にお地蔵さん達もヤキモキしながら

それでも見守るしかないと、少しずつ変化していくモミジの

枝をじっと見つめながら

「多くの観光客が来てくれているから、皆さんにきれいな景色を

見せたいな、地蔵さん」と互いに言葉を交わしている。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ブレーキとアクセルの踏み間違い」は高齢者に特有のミスか

 このところ、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が数多く報道されている。
そうしたメディア報道に接して感じるのは、ブレーキとアクセルの踏み間違い=高齢ドライバー=認知症=危険運転=運転免許証の返納、という図式である。

 こうした報道に日々接していれば、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故は高齢者に特有か、
高齢者に多い人為的ミスで、認知症との関連も疑われる。
こうした事故を未然に防ぐために高齢者は運転免許証の返納を、という図式が視聴者の中に
自然に刷り込まれていく。

メディアも煽る高齢者の踏み間違えミス

 例えば5月27日付けの毎日新聞は「高齢ドライバー 死亡事故、年400件超 踏み間違いなど」
という見出しの下、次のような記事を掲載している。

「警察庁によると、75歳以上の運転免許保有者数は2016年末で513万人となり、10年前から倍増した。
これに伴い、高齢ドライバーによる交通事故が社会問題化している。

 全国の死亡事故件数は減少傾向にあるが、75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は
最近10年以上、400件超の高水準を維持。
16年は459件で、全体の13.5%を占めた。06年の7.4%から大幅に上昇している。
不適切なハンドル操作や、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどが原因のケースが多い」

 この記事を読めば誰もが高齢ドライバーは危険運転をしていると思い込むに違いない。

コンビニの店舗に突っ込んだ事故現場を目撃したり、そういう報道を見聞きすればなおのことだ。

 たしかに毎日新聞が報じているように75歳以上の高齢ドライバーによる交通事故は10年前に比較して増えている。
そのことは1月に配信した「栗野的視点(No.570):高齢者の運転事故は本当に激増しているのか」でも書いた。

 だが、そこでも書いたが交通事故発生件数が最多なのは高齢ドライバーではない。
最も多いのは未成年者によるもので、その次に多いのが20代運転者による交通事故である。

 若者の交通事故がトップという構図は現在も10年前も、それ以前も変わらない。
にもかかわらず、警察発表も、それを受けてそのまま書く新聞報道にもなにか別の意図があるように感じてしまう。

 では、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故は警察やメディアが報道するように高齢者に特有(というのが言い過ぎなら、高齢者に多い)なのか

          (中 略)

踏み間違えミスはAT車の構造的問題

MT車の方が事故が少ない

左足でブレーキを踏む

ベンチャーが開発した画期的な装置

両ペダルの位置を離せ


   全文は「まぐまぐ」内の「栗野的視点」あるいはリエゾン九州のHP(http://www.liaison-q.com)からお読み戴きたい。

   HP:http://www.liaison-q.com/kurino/Airbag.html



価格.com 自動車保険

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

衝突時にエアバッグが開かないことは多い

 「ドーン!」。車がぶつかる大きな音が響いた。
ベランダに出て下を覗くと、マンションから10m程先の交差点で車がぶつかったよう
だったが状況がよく分からない。
そこで降りて現場まで見に行った。

 別に事故現場を見たからどうこうというわけではないが、根がミーハーなものだから、
こういう時にすぐ顔を出したがる。
こういう性格はあまりいいことではないし、どうかすると事故の巻き添え(特に外国では)に
なる可能性さえあるから慎まなければと思うのだが、頭と身体が正反対の指示を出してしまうからよくない。

 交差点まで行くと、角の家の前に小型車が壁に前方を向けて駐まっていた。
門扉前には2、3段の階段があったが、その階段にちょうど乗るような形で駐まっていた。
それは、その家の訪問者の車のようにも見えたが、よく見ると助手席のドアが大きく凹んでいたので、
ぶつかった後民家のコンクリート壁に突っ込んで止まったようだ。

 なんだ、独り相撲かと思いつつ、近くで同じように事故現場を見ていた人と立ち話。
「どういう状況だったのですか」「いや、ぶつかった瞬間は見てないんですよ。
大きな音がしたから出てみたんだけど、ベンツの方が酷い。使いものにならんでしょう」
「えっ、ベンツ?」
 小型車にばかりに目が行っていたが、よく見ると交差点の数m先にベンツが駐まっていた。
またまたミーハー宜しく見に行く。
ボンネットの前が凹み、ラジエター前部カバーが大きく剥がれていた。

 それにしても国産小型車より頑丈に見えるベンツの方がダメージが大きいとはちょっと意外な気がした。
 意外と言えばベンツが小型車の横に正面から突っ込んでいるのにエアバッグが膨らんでいなかったことだ。

 なぜエアバッグは作動しなかったのか


エアバッグが膨らむ条件

 では、エアバッグが作動するのはどういう時で、作動しないのはどういう時なのか。
そんなことも知らなかったのかと言われそうだが、正直いままで考えたこともなかったので、
この機会に調べてみた


ドライブレコーダーは参考にされない?



   全文は「まぐまぐ」内の「栗野的視点」あるいは私のHP(http://www.liaison-q.com)からお読み戴きたい。

   HP:http://www.liaison-q.com/kurino/Airbag.html




Toguard ドライブレコーダー ドラレコ 1080P フルHD 動き検知 常時録画 上書き録画 Gセンサー搭載 16Gカード付属 日本語説明書付き 【日本国内永久保証】
TOGUARD
TOGUARD

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思い出の風を歩く

 毎朝、1時間余りウオーキングをしている。コースは決まっていない。
マンションの玄関を出てから、さて今日はどちら方向に歩くかと考えるから毎回コースが違う。
気の向くまま、足の向くまま、あっちに行ったりこっちに行ったりしている。

 そのため思わぬものに出くわしたり、こんなところにこんなものがあったのかと思わぬ発見をすることもあるが、
突き当たり路地に入り込んだり、ぐるぐる歩き回って元の場所に戻ってしまったなんてことが結構ある。
 もともと方向音痴だから、決めたルートを毎回歩くか、分かりやすい道を歩けばいいのだが、
それでは面白くないと考え、好奇心一杯にあちこち行くからよくない。

 この日、足が向いたのは生前、母が入居していたグループホームの方向。
その前を通りながら、顔馴染みになった入居者のお婆さん達はまだおられるだろうか、
ドアを開けて「こんにちは」と声をかけると、毎回必ず「あら、いい男。どちらさん」と迎えてくれた
認知症のお婆ちゃんはまだお元気だろうかと思いながら、外からそっと中を覗ったが、中の様子は分からなかった。



 そこを通り過ぎ、あちらにぶらり、こちらにぶらりと寄り道をしながら歩いていると、
「刻(とき)の森」の前の通りに出た。
福岡市の人はご存知と思うが、「刻の森」は油山にある葬祭場である。

 そうと知らない人には森の美術館か、それに類する敷地と感じたかも知れない。
実際、私自身にしてからが、ここには少なくとも二度来ているにも関わらず「刻の森」という名称と
葬祭場が即座に結び付かず、ここは一体何だろうと思ったぐらいだ。

 そういうことも影響したのだろうか、そのまま敷地内へと歩を進めていった。
そしてある記憶が蘇ってきた。桜がきれいだったという記憶が、母の思い出とともに。

 パートナーと2人で母を見送ったのは1年半前。
その時、敷地の桜がきれいで、思わず見とれていた。
「お母さんは桜が好きだったから、見送ってくれてるのよ」。
そう言う彼女の言葉に黙って頷いていた。

 そんなことを思い出しながら建物の横の芝生を周回しながら、広く設けられた空間の意味を感じていた。
 その時、不意に浮かんできたのは、伊丹十三監督作品の「お葬式」の1シーン。
煙突から白く上がる煙を宮本信子と共に見上げていた山崎努。
ああ、こうして故人に思いを馳せ、静かに別れの時間を過ごすのだ、と。

 私達はあの時、建物の中のイスに腰かけ、窓の外を眺めながら2人で思い出に浸っていたけど、
外にこんな空間があると知っていたなら、芝生の上を歩きながら、空を見上げ、別れを告げていたのに--。

 そんな感傷に浸りながら、頬を撫でる微かな風を感じている時、別のことに気付いてはっとした。
妻を送った時の記憶が全くないのだ。

 あの時、誰が居たのだろう・・・。冷静に考えれば、母と弟家族が居たのは間違いない。
義弟夫婦も居たのだろうか・・・。

 母の時と違って当時の記憶が蘇らない。
もしかして認知症? そんな不安さえ過ぎる。

 当時、私はまだ50代前半。
感傷や悲しみに浸る時間はなく、ただ葬儀社に言われるがままに身体を動かしていたが、
頭の中は真っ白というか何も考えられなかった。

 印象に残っているのは葬儀後の行事が一段落した数日後、栄光病院(ホスピス)に死亡診断書をもらいに行った時。
病院の敷地に咲いた満開の桜が風に乗って吹雪のように舞った瞬間。

 桜吹雪に乗って最後の別れを言いに来たのか・・・。

 春は桜前線を追って全国を旅したい--。
2人で交わしていた約束は永遠に果たされぬままになった。

 そんなことをぼんやりと思いつつ、「刻の森」の風を感じながら此岸に戻り再びウオーキングを始めた。




これからずっとドライビングローファーが送料無料!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

岡山県・北房コスモス畑



 岡山県内でコスモス畑と言えば県北では真庭市の北房コスモス畑、

県南では笠岡湾干拓地のコスモス畑が有名だ。

ともに甲乙付けがたいが北房はすぐ側にコスモス街道もあるから

コスモス畑を見た後、川沿いのコスモス街道を散策してみるのもいいだろう。

以前は一帯は見渡すばかりのコスモスだったが、それなりに経費もかかることから

現在の規模に落ち着いたようだ。







 撮影日は10月9日。

 この時はまだ5分咲きという程度だった。




返品無料 / 送料無料、自宅で試着無料のメガネ・サングラス・フレーム・レンズ通販Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス)
オリジナルブランド(Oh My Glasses TOKYO, TYPE)のフレーム購入で、全ての薄型レンズが4,320円OFF


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ