クリ☆エリーの散歩道

☆2013・5 北海道に移住
     エリーはいなくなったけど 
     クリ!たくさんお散歩しようね。

タイムスリップ?

2015-10-27 13:13:31 | 北海道 道南

        22 、23日と天気予報

この後はあまりよくなさそうな予報

と言う事は

紅葉を見に

今回は、私が行った事のない場所にも行ってきました。

 

室蘭→伊達→豊浦→長万部→八雲

八雲から日本海側にむけて山越え

                        2015.10.22撮影

 

途中 山々の紅葉がとってもきれいでした

 

山を下ると海が見え 突き当たり左『江差』 右『せたな』の表示

私たちは左に曲がり江差方面へ

道の駅 『ルート229元和台』で休憩

 

潮笛のモニュメント

その横には

寛政7年 (1795年)この地域の漁師重兵衛・孫太郎・安次郎が小舟でコンブ漁に出漁中

強風に遭いダッタン(中国吉林省)に漂流

北京を経て2年後、長崎出島より苦難の末帰郷した。

この力を讃え岬に打つ波涛と潮風にこめ作品とした。と書かれていました。


この岩 尻尾部分がポメちゃんのような

お顔はプードル?

 

この後いよいよ

江差へ

江差の町並みはとても整備され

昔の面影を残しつつ洋風の建物もあったり

歩いていても 看板だけでは「何屋さん?」

なかなか面白かったです

タイムスリップしたような 気になりました。

函館 松前町と並び、北海道でも最も早く開けた地域

江戸時代はニシンの漁場 北前船による交易港で

「江差の五月は江戸にもない」と言われるほど栄えた。

歴史を感じます

 

 

法華寺

約480年前に上ノ国で創立され、寛文5年(1665年)に江差に移転し、

享保6年(1721年)に本堂を建立。室町時代の荘厳な建築美を残しています。
山門は300年以上前に檜山奉行所の正門として建てられたもので、これも北海道最古の建造物の一つ。 

                             江差町のHPより

中の天井には『八方睨みの龍』が描かれているそうですが

中には入らず・・

振り返ると正面に海が見えていました。

こんなところで縁石にでも座って海を眺めながら

ゆっくりするのも良いかもしれませんね。

 

 

 

ジャンル:
ドライブ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あらま! | トップ | 再び大沼 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だんちょう)
2015-10-28 17:36:34
こんばんは!
ルート229元和台!!
これも行きました、ここで写真も撮影しました、懐かしいなぁ。


道南へは夏になると行くので、その際は江差を通って・・・同じルートで行きます。


江差の町並みも本当に素晴らしいですよね。
だんちょうさま (kurimammy)
2015-10-29 10:53:48
同じルートで行かれるのですね。

江差、私は初めて行きましたが 又行ってみたいと思いました。

だんちょうさん そう言えば道南にご親戚があると聞いた様な

しまった!江差で美味しいお店とか聞いておけば良かった
町並みはまだ新しいのでしょうか?きれいですね。

コメントを投稿

北海道 道南」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。