クリ☆エリーの散歩道

☆2013・5 北海道に移住
     エリーはいなくなったけど 
     クリ!たくさんお散歩しようね。

福島の秋

2011-10-13 16:08:18 | 思いで

あの頃チャンネル(2005年10月09日~2005年10月15日)

 美味しい新米の季節

 国の定めた暫定基準値は500ベクレルのまま

 原発事故から7ヶ月が過ぎようとしているのに、いまだに500ベクレルって?

 いつまでこの暫定基準値は続くのか・・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2008年08月10日~2008年08月16日)

2011-08-12 10:28:55 | 思いで

あの頃チャンネル(2008年08月10日~2008年08月16日)

 

 福島の夏

 とっても暑くて でもその分果物が甘くて美味しくなり 桃が果樹園の家の軒先に安く売られ

 セミの泣き声も力強く響き渡り、

 クリとエリーの散歩道にはさるすべりの木がずらりと並び夏の青空を背景に色とりどりの花が咲き誇り。

 

 きっと今年も あの時と同じ光景がひろがっているんだろうな

 そして人々もあの時と同じように・・

 だといいのだけど。

 放射性物質の恐怖と闘っているのかなって思うとやりきれない。

 福島を離れキャンプに行った子達が、ペットボトルに水を入れ、ビニール袋に空気を入れ

 美味しい水と空気を親のおみやげにする

 そんな話も・・せつな過ぎる。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃チャンネル(2005年07月24日~2005年07月30日)

2011-07-29 09:15:20 | 思いで

あの頃チャンネル(2005年07月24日~2005年07月30日)

 

 なつかしいな~

 福島に転勤して、豊富で安い果物に驚き

 自然豊かな場所で、道ばたの花に目を奪われ カメラが手放せなくなった。

 そんな思い出いっぱいの福島が・・悲しい

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルミナリエ

2005-12-08 19:50:38 | 思いで
  阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、
  都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、
  震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。
        神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ

               
 
 今朝テレビをみていたら 神戸のルミナリエが明日からはじまるといっていた
 震災の翌年 神戸に転勤
 まだ 街のあちこちに震災の跡が見られ 公園や裏通りに入ると
 ブルーシートのテントもたくさんみられました

               
 道路もあちこちで工事をしていたり・・
 近所のお店も板を組み立てただけのような建物で商売をされていました
 
               
               
 ルミナリエも数年前 終了すると聞いたような気がしましたが
 今年で11回目だそうです
 幻想的な光がとてもきれいで 夢の国にまよいこんだようです

              
 ルミナリエが行われる時期になると あの震災一年後にみた光景を思い出します
 
コメント (8)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夏がくれば思い出す~♪2

2005-08-29 10:57:43 | 思いで
      

      3年前の夏休み最後の週末
      前日の空は夏空だったけど この日の空は秋の気配 
      湿原にも秋の気配が
            
      
      山の朝は早い
      元湯山荘のまわりを散歩 きれいな空気をいっぱい吸って フ~

      
            高い山が朝焼けに染まって・・
      今日もいいお天気になりそう 

      
      元湯山荘から東電小屋までは 林間を左に川を見ながら歩きます
      東電小屋を過ぎ広い湿原を抜けて 笹の生い茂った木道
      そこには 「熊注意」の看板
      途中で笹が ガサガサと音を立てた時には(゜o゜;) ドキドキ...
      ヨッピ川にかかる ヨッピ吊り橋を渡り 川沿いのコースを。
      
      
      
      大小さまざまな沼が点在していました
      さすがにアヤメ平コースと違って 鳩待ち峠方向から歩いてくる人の数は多い。

      
      こんな人達と度々すれ違いました。
      自分の背丈の2倍はあろうかと思われる荷物を背負って
      黙々と ただひたすら目的地を目指して。
      多分 どこかの山荘に運ばれるものなのでしょうね
      ご苦労様です と声をかけたくなります

      
      鳩待ち峠から入ると目の前に見える光景ですが
      私たちは反対方向に歩いたので 振り返って見た光景です。

      この日は10キロくらい歩きましたが 平坦な木道とお天気も薄くもりだったせいか
      疲れも前日程ではありませんでした
      本当はこの夏行きたかったのですが 残念!
      秋は混むしな~ 思案中です。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

夏がくれば思い出す~♪ 1

2005-08-26 12:48:14 | 思いで
       
            アヤメ平からの燧ケ岳
       3年前の 2002年8月30日
       
       ヨシ!頑張って歩くぞ お天気も快晴
       尾瀬マップ
       
       鳩待ち峠から アヤメ平を目指しました
       至仏山 山の鼻方面にくらべて 最初から登り
       針葉樹林の中をひたすら歩きました。

       
             横田代からの至仏山
       針葉樹を抜けると横田代 急に視界が開け 暑い陽射しが降り注ぎます
       360度の眺望

       
       
       アヤメ平へむけて 木道が続きます
       
       
       大小様々の沼が点在
       燧ケ岳の頂上が見えます

       
            富士見峠
       ここから富士山が見えるとのこと
       「あれがそうかな~」くらいにしか 霞んで見えなかった(^-^;
       しばらく 山沿いに歩き あとは下るのみ
       だったのだけど~
       富士見から見晴らし十字路までの道が岩はゴロゴロ
       溝のような道で ハ~ 
       ここまでに出会った人3組 人が少ない~ 

       

       距離的には 14~5キロのはずなのだが 山小屋に着く頃には
       足があがらなかった
       泊めて頂く 元湯山荘には温泉がありました でも石けん類は使えません。
       元湯山荘
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加