goo

LA旅行 スタジアム・オブ・アナハイム


アナハイム駅下車、

駅の前にすぐ、球場がありました。





エンゼルスのカラー、赤一色です。




big hat 。





きゃ~~~ダルちゃんです!!

遠くからでも外国人選手に体格も風格も劣りませんでした。






日本のアウェイと違って、殆どが地元のエンゼルスファン。

ダルちゃんが、ストライクとるたびに、大ブーイング。はらたつなあ~~

そんな中でも

勝利!でしたよ。


ということでした。。

7時に試合が始まって

6回戦あたりで、球場を出て

タクシーに乗り、

ホテルに荷物を受け取り、LAXへとむかいました。


タクシーの運転手がシングルマザーのおばさんで

ま、英語でね、世間話を。。しましたよ。


空港について、出国手続きをし、ラウンジに付く頃には

がまんしていた鼻炎が悪化。

シャワーを浴びたあとは、ひたすら鼻を押さえて

おいしそうなサンドウィッチとか~食べられなくて、悔しかったです。


健康がなにより大事だ。


と思いつつ、LA旅行を終えました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

LA旅行 ユニオンステーション


レンジャースvsエンジェルスの試合を見るために

アナハイムまでアムトラックに乗って行くのに


ユニオンステーションに着く。




ダウンタウンの北に建てられたユニオンステーション。

まるで教会のような建物でした。






メインロビーの待合室。

ゆっくりのんびりできるのは、

高い天井と大理石の壁、テラコッタのタイルの床、

窓からさすやわらかい光、

そして、肘掛の付いた大きな椅子のせいなのかな。。。。







アムトラック。

車中、なんとちゃんとしたグラスでワインを飲んでいる人たちがいた。

普通、紙コップじゃん。

やること違うな~と見ていると、車掌さんにしっかり注意されていましたよ。


。。。。。約30分。


アナハイムへと。

ダルちゃんに会いに!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

LA旅行 ディストリクト


リトルトーキョーから バス・DASHルートDで

9thとOlympic.Blvdの角で降車。


ダウンタウンの南東にあるファションディストリクト。

北側には、生地やボタンなどの洋裁副材料、クラフト材料の卸売りセンターが

軒を連ねているストリートです。

ここは、地元の人たちが買い物をする場所で、

朝早くと夜遅くは、行かないほうがいいらしいです。


あまりにもたくさんのお店があって、

迷いましたが

Michael Levine に行き当たりました。

後から聞くと、ここが一番人気のある所でラッキーでした。




道を挟んで、コットンなどの服飾生地、向かいにはインテリア生地です。


とにかく倉庫のような店内には、生地がぎっしり。

他のお店は、どちらかというと少し乱雑なディスプレイでったけれど

ここは、日本と同じぐらいに生地の素材、柄ごとに置いてあるので見やすいです。








あ~ソファカバーによさそうな生地、厚手コットン。

家のソフアーには13mくらい要るから・・・無理!

カーテンにも~~

と、とりあえず持って帰れるぶんだけ。





カットしてもらいましたよ~






お支払いは、なんか子供のお使いのように財布を開けてみせて

あとどれとどれ?と見せてるところ。

今回も、小銭の計算ができませんでした。。。

わかりずらい・・・・



で、買ったものが、(たぶん、このとき1$¥78くらいだったかな~)






ブルーのシャンブレーにお花の刺繍

       64inch(160cm)巾 1yd(91cm) が@8$・・・3yd(2.7m)で¥1872

薄手の麻に刺繍

       64inch巾 1ydが10$・・・3yd(2.7m)で ¥2340


刺繍生地がこのお値段ですよ~~~






こちらは、コットンプリント。

つるちゃんのスモックをつくろうかな。

各 44inch  1yd@忘れました。。確か~4$くらいだったか・・・



とにかく安かったのです。

でも、卸値と小売値があるようで、卸値だともっと安いってことですよね。。


このファションディストリクトには、南側には洋服屋、アパレルメーカーのサンプル品なんかも

売っていましたよ。

他に、toyディストリクト、ジュエリーディストリクトもあるようでした。



日暮里とかアメ横をおおきくしたような感じかな。


今度また、ロスに来ることがあれば、ゆっくりと回りたいです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

LA旅行 リトルトーキョー


ダルビッシュの試合観戦が今回のL.A.旅行の一番の目的。

毎日、チェックしながら待っていたら

何と日本へ帰る夜が登板となり、

翌日の飛行機のキャンセル待ちをしたけれどできなくて(泣)



ただ、出発が夜中の12時過ぎの便だったから

その日は、朝にホテルをチェックアウトし、

夜までスーツケース2個を持って歩くわけに行かないので

預かってもらう所を探したけれど、

9.11以来、空港でも預かり所も無くなったそうで。。。

いろいろ考えた上で、

滞在していたホテルのLAXのホテルで預かってもらうように

お願いしました。

もちろん、英語で。。。夫が。。。






O.Kをもらって、

サンタモニカからLAXのダブルツリーホテルまで(約30分)、

それから、






Mariposa station からメトロレールグリーンラインで 


Imperial/Wilmington まで行き、ブルーラインに乗り換え、


7th street/Metoro Center で、パープルラインに乗り換えて


Union Station で、ゴールドラインで。


バスでも電車でも自転車を乗せられるんだよね。。


このメトロレールでは、駅のチケット販売機で買った電子マネーのtapカードで乗りました。








やっとのことで、ダウンタウンの近くのリトルトーキョーまで行きました。

ドキドキでした。。



それに

前日から、鼻炎で鼻をグシュグシュしているのに

乾燥していたせいか、喉が痛くなり、気分はぼわ~んとしてきたし。


でも、せっかくのL.A.  じっとはしていられません。

楽しまなくては。







リトルトーキョー。

日本村プラザという商店街でランチ。


スーパーや居酒屋さん、ヤマザキパンもありました。日本語の文字にもほっとし、





若狭やで、





あ~痛いのどに気持ちいいおうどんですよ~~

力ついた~~


海外に行くと必ず、すぐに日本食や日本に関するものが恋しくなります。。

やっぱり、日本人だと再確認。






全米日系人博物館

アメリカに移住した人たちの苦難と成功などの歴史をしることのできる所。

軽いきもちで観光する感じではありませんでした。


次の目的地へ向う。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

LA旅行 Hollywood

サンタモニカからハリウッドまでは、

バス停留所サンタモニカBlvd.4thからメトロラピッド#704に乗り、

La Brea Avで降り、

そこから北へ歩いて30分くらいかな~ハリウッドまで歩きました。


バスの停留所はstreetの名前で、

しかもバスでの「次は○○」とかの表示も

アナウンスも時々しかないから、とても不安。

が、世界のGoogle 現在地mapで助かりました。

本当に役にたちますよ!!




ハリウッド&ハイランドまでの道で




ここは、家具と雑貨のお店。




ひゃ~~牛の皮~角にはシマウマのもありました、、、






壁画があちらこちらに。。









ウォーク・オブ・フェイム

有名人たちの星形。

歩道にずら~っと続いています。



この通りには、いろいろなキャラクターに変装した人とお金を払えば

一緒に写真を撮れます。私は撮りませんでした。






チャイニーズシアター。




ありましたよ~手形。これって誰のかな~





ハリウッド&ハイランドから見た’Hollywood’サイン。

小さいな~ ツアーだと近くまで連れて行ってくれるようです。。



コダックシアターのレッドカーペット、忘れていました。。。

あ~、、、大失敗。



この後は、お土産や巡りをして つるちゃんのラメキラキラのTシャツを購入。




ハイランド前のバス停から#780のメトロバスでサンタモニカへ。

数人で待っていたら、バスはなぜか通り過ぎて

おばさんが、「Wait!!!」って叫んだら

運転手は前だと指差して止まってくれなくて。

走りましたよ。。10mくらいだったけど、荷物持って

鼻にはハンカチ当ててはしんどかったです。




夕食は、

オーシャン・Ave.&サンタモニカ・Blvd.のスシロク サンタモニカ店。


ここは、スシだけでなく、テンプラ、チキン、ステーキ、などの日本料理の店です。

確か、ROBATA IZAKAYAともかいてあったような・・・

テーブル席にほぼ満席で

奥の方にすしカウンターがあって、板前さんは日本人でした。

日本人客もいました。

私たちは、にぎり数貫と、あ、白マグロのにぎりがおいしかったです。

生カキふたつ。鶏のてりやきをオーダーしました。





すっかり疲れていたので

写真も撮らず、帰りました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ