くりこみさん日記

駅名標ラリーをしているくりこみさんの日記。駅名標撮影の舞台裏やウェブサイト画像UPの情報などを書いてます。

06/10: 2016茨城ツアー#05 鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線: 徳宿~荒野台 UP

2016-06-10 23:09:04 | 駅名標ラリー JR以外 関東
くりこみさんの駅名標ラリーに、
鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線: 徳宿, 新鉾田, 北浦湖畔, 大洋, 鹿島灘, 鹿島大野, 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前, 荒野台 をUPしました。

*****

02/28 (日) 撮影分のUPの続きです。

12:39, 新鉾田着。

高架の島式ホームを持つ駅です。
駅舎は高架下にあります。
大洗駅同様有人駅ですが、新鉾田はあまりお客さんがいませんでした。
さて、「新」が付かない鉾田駅は鹿島鉄道線にありました。
常磐線の石岡駅から鉾田駅を結んでいましたが、2007年に廃止になっています。
新鉾田でおにぎり2個をお昼ご飯として食べました。

鹿島臨海鉄道6000形新鉾田入線。

13:18, 新鉾田発。

13:23, 徳宿着。

ホームから外へ行くには、階段を上らねばならない駅です。
ホームが堀状に1段低くなっているためです。
滞在時間10分と短く、駅名標をさっと撮影して列車を待ちました。

鹿島臨海鉄道6000形徳宿入線。

13:33, 徳宿発。

13:49, 大洋着。


島式ホームの駅で、ホームと外は跨線橋でつながっています。
東西どちらにも出る事ができます。
第1種は鹿島旭に準じたデザインになっています。

鹿島臨海鉄道6000形大洋入線。

14:09, 大洋発。

14:14, 北浦湖畔着。

築堤上に棒線ホームのある駅です。
なんか、気仙沼線の駅を思わせる造りになっています。
階段を上らないと外からホームにたどり着けなかったり、
そしてそもそも、エレベーターやエスカレーターがないという共通点があります。
ちなみに、この駅からは駅名通り北浦を望むことができます。
滞在時間10分。すぐに次に乗る列車が到着です。

鹿島臨海鉄道6000形北浦湖畔入線。

14:24, 北浦湖畔発。

14:39, 鹿島大野着。

この駅は、東西を結ぶ跨線橋がある事、島式ホームである事において、大洋駅と共通項のある駅ですが、大きな違いがあります。
それは、西側出入口に駅舎がある点です。
さぁ、日差しがまぶしい時間帯になってきました。

鹿島臨海鉄道6000形鹿島大野入線。

15:35, 鹿島大野発。

15:39, 鹿島灘着。

鹿島臨海鉄道のスタンダードなデザインの駅名標とはちょっと異なるスタンド式があります。
かなりクラシックなものです。
思いっきり逆光だったので、これを撮影するのにはかなり苦労しました。
駅は棒線駅で、第1種が思いっきりズームしないと撮影できない位置に設置されています。
滞在時間10分。すぐに次に乗る列車が来ました。

鹿島臨海鉄道6000形鹿島灘入線。

15:49, 鹿島灘発。

15:59, 荒野台着。

雲が出てきました。
おかげで西日との戦いは避けられそうですが、代わりに寒くなりました。
自販機でホットココアを買って飲みました。
自販機はたいていの駅にはあるので、温まりたいときは便利ですね。
あと1駅で大洗鹿島線コンプリートです。

鹿島臨海鉄道6000形荒野台入線。

16:31, 荒野台発。

16:33, 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前着。

日本一長い駅名として有名です。
したがって、スタンド式駅名標はそれ自体が大きくなりました。
吊り下げ式もありますが、こちらは普通の大きさです。
その代わり、文字がいっぱい並んでいます。
駅は単式ホームを持ち、特に変わった造りにはなっていません。
駅名標を見なければ、ここが日本一の長さの駅名の駅とは思えません。

鹿島臨海鉄道6000形長者ヶ浜潮騒はまなす公園前入線。

16:43, 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前発。

16:53, 鹿島神宮着。

これで大洗鹿島線完乗達成!
ここからお家に帰るわけですが、大問題発生。
鹿島線の次の列車まで時間がある。
そして調べた結果、なんと鹿島線・成田線経由で帰るより、
絶対遠回りなのに一旦水戸まで戻って常磐線特急で帰った方が、早くお家に着けると判明。
ときわ路パスで取り組んだ鹿島臨海鉄道ツアーは、なんと鹿島神宮→水戸というルートで〆る事に。
水戸からの特急の指定席券が取れるか不安だったのですが、
まぁなんとかなるだろ。
あともう1つ。
実は鹿島臨海鉄道を下り・上り両方完乗するという「ダブル完乗」を達成したかったので、
もともと水戸経由で帰りたかったのです。
これが実のところの水戸経由帰宅の大きな動機です。

鹿島臨海鉄道6000形が鹿島神宮で出発を待つ。

17:08, 鹿島神宮発。

18:30, 水戸着。

指定席券を購入できました。
よかったです。

E657系水戸入線。

18:53, 水戸発。

ときわ88号に乗ってお家へと帰りました。

茨城ツアー出発前は、ひたちなか海浜鉄道だけで1泊2日の旅程になると思っていたのですが、
ふたを開けてみた所、ついでながらに取り組んだ鹿島臨海鉄道もなんとコンプリートできるという想定外の結果がついてきました。
充実の2016茨城ツアーは、ひたちなか海浜鉄道と鹿島臨海鉄道をコンプリートするという内容で終わります。

おしまい。

*****

明日からあさっては、駅名標撮影の旅に出ます。
梅雨の晴れ間になるようなので、1泊2日でお出かけです。
行き先はどこなんでしょうね。

それではまた。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 06/08: 2016茨城ツアー#04 鹿... | トップ | 06/13: メンテナンスによるサ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (HEI)
2016-06-12 18:27:55
鹿島臨海鉄道お疲れ様です
臨海という割には海が見えないんですよね。
***
さて、とある情報がアタシのところに来ました。
田沢湖駅がLEDになってるとのこと、で画像検索したらそれ自体は確認できなかったんですが、生田駅に紫のカラーが入ったタイプに変わっていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。