花の詩山の詩

花の詩(うた)山の詩(うた)へようこそ
このブログは「花と山とを友として」の続編になるものです。

朝の情景には物語がある

2016年12月07日 20時47分53秒 | スポーツ・トレッキング

霞ケ浦の朝の情景、冷たい微風にシンメトリーが崩れる


天使のハシゴのような光が差す、クオバデス(主よいずこにいきたもう)なんちゃって


孤高の鳥が見つめるものは、未来の予感か


暁の対決


反乱の時代


水鏡に映る二枚舌が波紋を呼ぶ(笑)


=================================================================

オオバンの足に注目

日光自然博物館の「戦場ヶ原からこんにちは」の11月29日の「足」という
記事を見ていたら、オオバンの足の写真が出ていた。

ということで、霞ケ浦でオオバンの足を撮ってみました。


まずは土手でお食事中の集団から


狙いは足なので、アシからず。


上の写真から足の部分をトリミングして拡大
カモのような水かきはないが、足指にひれがある。
オオバンはカモの仲間ではなく、クイナの仲間である証拠なのだそうだ
ちなみに後ろ指を第一趾と言うらしいが、確信はない。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅筑波山とシルエット富士山 | トップ | 雪無しの奥日光ハイク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ・トレッキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。