花の詩山の詩

花の詩(うた)山の詩(うた)へようこそ
このブログは「花と山とを友として」の続編になるものです。

龍門の滝で撮り鉄真似たら失敗

2017年02月13日 23時11分56秒 | スポーツ・トレッキング

那須烏山の竜門の滝、滝は那珂川にそそぐ江川にある高さ20メートル
巾65メートルの大滝で、中段に浸食でできた大穴が複数ある。

その穴には昔からすごい主が住んでいると言われ、近くの太平寺の
五十三代和尚が、祭壇を作り、三、七、21日間 主がいるなら正体を
現せと、数珠を押しもみ押しもみして祈り続け、満願の日を迎えたところ
中段の大穴から大蛇が表れて、太平寺の仁王門に巻き付いて7巻半しても
尻尾がまだ大穴の中に有ったという伝説から竜門の滝と呼ばれるように
なったらしい。


大穴のある付近は、現在あまり水が流れていない、前回来たときは
水が流れていたような気がする。

三脚を据えたカメラマンが何人かいたので、そのうちの一人に
鳥でも撮っているのですか と聞いたら「滝の上側を烏山線が走るのて
それを待っている」とのことで「あと2分もすれば電車が来る」という事なので
私も撮り鉄の真似をして狙ってみました。

ところ2分を過ぎても電車は来ないので、もう一度時間を聞くと
凄く遅れているみたいですね とスマホで調べ始めた。。

その時、滝の上に電車が表れた。


手持ち撮影だったので、慌てて連写したら滝が半分しか写っていない。
みんなが三脚を立てて構図を決めていたわけがわかった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里山散歩と昨日のクチナシグ... | トップ | 春の花・座禅草を探して »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ・トレッキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。