花の詩山の詩

花の詩(うた)山の詩(うた)へようこそ
このブログは「花と山とを友として」の続編になるものです。

奥日光で見た花と風景の写真

2017年05月18日 23時00分31秒 | スポーツ・トレッキング

ヒメイチゲ


ミヤマエンレイソウ (千手ケ浜)、別名シロバナノエンレイソウ


同上、白い内花被片と呼ばれる花弁が3枚ある。緑色の外花被片と呼ばれる
いわゆる萼片も3個ある。雄しべは6個、雌しべの先は3裂する


フッキソウ、(千手ケ浜)


フッキソウの大群落、千手ケ浜を埋め尽くすように咲いている


ヤマエンゴサク


湿地にバイケイソウと思われる葉が出ていた


倒木に新たな命が


千手ケ浜から男体山


シラカンバの倒木、山火事や伐採でできた裸地に、いち早く定着する
パイオニアだが、周りの木で日陰になると枯れて倒れる。陽樹
運転手さん曰く、柔らかい木で弱く、根が地表に浅く伸びるので倒れやすい
と言っていた。
周囲の木には、鹿の食害防止のため、金属製の網が巻かれているのも注目


バス停の横の枯れ木は、キツツキの穴だらけ


風雪に耐えて 1


風雪に耐えて 2 


西ノ湖への道は新緑の始まり


年輪は語る


トウモロコシを原材料にした白いテープを巻いて鹿の食害防止


千手ケ浜から黒檜山登山口方向をを見る。浜辺に咲く桜


千手ケ浜の船着き場の工事中

小田代ヶ原の展望台からの展望図

16ミリレンズの設定で描いている


実際の写真では、右の男体山から左の山王帽子山まで


右は大真名子山から三岳まで、大真名子山と小真名子山の間に小さく女峰山
が写っている


その女峰山を超望遠で撮るとこんな感じ
右のピークが女峰山頂、左端のピークが帝釈山と呼ばれるピークで
同名の山がほかにもあるので紛らわしい。

その間はやせ尾根で、途中に地図に出ていない山の名前が書かれた
小さい岩山がある。
帝釈山から富士見峠に下ると、志津乗越まての長い砂利道の林道を歩く
それで私は砂利道の林道が嫌いになった(笑)





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥日光・千手ケ浜に咲くタマ... | トップ | 葛城の森のギンラン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。