花の詩山の詩

花の詩(うた)山の詩(うた)へようこそ
このブログは「花と山とを友として」の続編になるものです。

筑波山の林道に咲く花

2017年05月14日 21時20分26秒 | スポーツ・トレッキング

桐の花、桐は中国原産だが古くから栽培されて桐箪笥などの
高級家具に使われていたが、今では野生化しているのもある

秋になると先のとがった卵形の果実をつけ、熟すと二つに割れて
翼の付いた小さな種子を風で飛ばす。



林道の両側に咲いていたが、おそらく昨年の果実と思われる
黒い実が沢山ついていた。


ジャケツイバラ、(蛇結茨) マメ科ジャケツイバラ属 別名カワラフジ
つる性の落葉低木、葉や枝に鋭いトゲがあるので「イバラ」の名がついている
ジャケツの意味は不明だそうである。
マメ科なのに蝶形花にはならず、花びらが5枚の左右相称花なのが特徴


この木は、低木と言われながら、つる性なのでか、かなり高いところまで
花が咲いていた


雨でぬれていたジャケツイバラ


天気が良ければ奥日光に行くつもりだった。
日光の湯元ビジターセンターの自然情報に、気になる花の名前が有った
5月7日の千手の森の自然情報に「タマザキサクラソウ」が千手が浜で
見頃を迎えていると出ていたからだ。

タマザキサクラソウは、ヒマラヤ原産のサクラソウ科サクラソウ属の
多年草であるとネットには出ている。
小さな花が集まって、丸い花序を作るのでタマザキの名があるらしい。

千手が浜のクリンソウも元々は日光に自生しない花だが、個人宅の庭に植えた
花が広がったと言われている。
そこへ今度はヒマラヤ原産のサクラソウもあるとなれば、気になるではないか

が、いかんせん今日は天気が悪い。
日光はあきらめて通学路の草刈りをやることにした。
ただ早朝に筑波山の林道を一回りしてから草刈りを始めて、結局夕方まで゛
草刈三昧の一日だった

筑波山の道路情報
不動峠の通行止めは、つくば市側の北条大池から不動峠までが解除されたようです
ただ不動峠から石岡市側は依然として通行止めです。


崩落した場所の修復工事が完了してました


下をのぞくとこんな感じに修復されています


その下はこんな感じになってます


不動峠の石岡側は依然として通止めの看板が出ています

朝日峠の崩落現場は、いまだに修復工事が続いています

朝日峠の様子


柵に近寄って望遠で撮るとこんな感じになっています
もうしばらくかかりそうですね。

スカイラインの路肩の崩落した場所では、再び工事が始まり
片側一車線の交互通行になってますので、車で走られる方ご注意ください

信号機が設置されています。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草刈りの合間に丁字草 | トップ | 駒止湿原のシャトルバスの運... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。