くりきんとんの言いたい放題

世の中の不平不満を綴ってみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ギターの指板をクリーニング

2017年01月03日 | 楽器

レモンオイルを使う

新年最初の投稿になりました。今年もグダグダの一年になりそうです。さて、ギターのメンテナンスといえばまず思いつくのが弦の交換です。その際にさらっとボディを拭いたりするんですが、同時にネックやヘッドの掃除も欠かせません。と言いたいところなんですが、ヘッドとボディはそこそこやってたんですが、ネックはあまり丁寧にはやっていませんでした。今回は新年を迎えたから?というわけではないですが、初めてレモンオイルというものを使ってみることにしました。

これがレモンオイルです。今回は初売りで行った楽器屋で買ってきました。ちなみにこれはアメリカ製で900円くらいのものです。これ一瓶あればしばらく持ちそうです。すでに使っている人は多いかと思いますが、自分は今回初めて買ってみました。じゃあ今まではというと、単に乾拭きだけですませていました。そもそも指板はほとんど塗装されていないのが普通で、その分汚れやすく痛みやすいものです。今までもけっこう汚れはもちろんですが、傷んで削れたりしていました。今使っているギターはまだ良い状態なので、今のうちに手入れをしておこうと思い購入したわけです。

まずは弦の交換

 指板のクリーニングのほとんどは弦の交換時に行うのが普通です。弦を張った状態では効率よく行えないからです。というわけで弦も調達しました。

弦は今のギターにしてからはエリクサーのナノウェブにしています。ちょっと値は張りますが、長持ちするので今回も購入しました。画像に値札が付いたままですが、このあたりではこの価格ですね。ポリウェブというのもありますが、この店では扱っていないので選択の余地がありません。ネットでも買えますが、そんなに金額が変わらないようなので、よくこの店(ハードオフ)で買っています。ではまずは古い弦を外します。

   

弦を外して軽く拭いた状態です(左)。そしてレモンオイルを付けて磨いた状態がこれ(中左)。ついでにサドルの部分も拭きました(中右)。画像ではわかりにくいと思いますが、かなりきれいになって本来の色合いが出ています。最後は新しい弦を張った状態です(右)。今回の作業ではオイルの効果はそれなりにあったと思います。今後も継続して使ってみたいと思いますが、レモンオイル以外にもオレンジオイルというのもあるようで、どちらがどうなのかは現物がないのでよくわかりません。もしかしたらサラダオイルやオリーブオイルでもいいとか?触った感じでは粘度の高いのはダメそうですが、どうなんでしょう。柑橘系は汚れが落ちそうなイメージあります。

エリクサーについて

エリクサーという商品ですが、パッケージにも表示されているようにあのゴアテックスを作ったメーカーです。スキーや登山のアウターでは欠かせない機能ですが、こうした製品も手がけているんですね。ギターの弦についてはアコギはもちろんですが、エレキやベース用など幅広く展開しています。いったいどれだけ耐久性があるのか、前々回に簡単に試したことがあります。といっても単に期間を測っただけですが、およそ1年近く持ちました。もちろん使う頻度にもよるので毎日使う人ではさらに短いでしょう。多少コーティングが剥がれても一気に音が悪くなるというものでもなく、高い商品ですが愛用者が多いのもうなずけます。マーチンの弦を使っていた頃は、翌日にはもう落ちていたので、趣味で弾くひとにとってはありがたい商品です。 

では。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギターのカポタスト購入 | トップ | スピーカーが落下! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

楽器」カテゴリの最新記事