騙され・流され・のせられ女の 「それでも幸せになるブログ」

私の正直な経験が誰かの役にたてばいいと思っています。

H27年9月「ときたま語」からリニューアルです。

踏み出した。

2016-11-07 01:04:18 | Weblog
やること、やりたいはずの事が山積みそして追加されてく毎日の中で、

なかなかフローな自分のスイッチが入らず、進むことは進んでいるけど
目標に比べたらかなりゆっくりで、

本気なのかよ???

と自分に問いかけて、それでもまだ、スローペースな日々。


アクセサリー作りにはまって、けっこう作ったけれど、それを売ったりとかはまだ出来ずにいる。
ハンドメイド品と断ればいいのかもしれないが、お手元に届いて即崩壊とか嫌だし、
けっこう売れていないそれらを見かけているので、腰が上がらないのである。

しかしながら、作りたいアイデアは浮かんでくるので、コツコツと、経験値を稼いでいるんだと
想いながらやっているこの頃。

シナリオの方は、来月書いてきますと宣言した割には進まない。
ストーリーを描いてみたが、ありきたりだしあいまいだし、いやあ、これ、面白いんじゃないの?
という気持ちにならない。

テーマの「コンビニ」で「イケメン」で考えたが
調子に乗ったイケメンが、顔を怪我して転落人生となり、それを反発しあっていたコンビニのバイトの
先輩の女が助け、まあ、二人ともお互いのよいところに気が付き、結ばれる・・・。
という。
何か、顔だけが人生じゃないってテーマで、イケメン好きの自分にカツを入れようとする裏目的の
はずが、ハーレークィン漬け生活のせいで、そっちにしか進まないのである。



そして、そんなこんなで、もう11月。
やってくるよね、クリスマスと年末年始。

私は、勝負にでた。
色々あり、当番でもないのに、劇団の忘年会の幹事を引き受ける事になった。
手伝いがなければ、毎年何十年も続けてきた忘年会、今年は開催しない予定だという。
団長のやる気の無さはすさまじく、色々言っているが、劇団は崩壊の危機。

もう、最後かもしれない。

この劇団は結局、団長のものだからだ。
私も辞めるといいつつズルズルと。

だからだから、もう、気にするのを辞めた。劇団の未来を。
そして、他の知り合い、同僚、友達男子との、未来も、考えるのを辞めた。
ある、稽古に参加してくれている男子で、もともと別団体所属の人が居るんだけど。
その人も、昨年くじで幹事になっていた。

打ち合わせで会う事になっており、私は、気になっていると 伝える決意をした。

今までは、稽古にはその方を含めて数人しか来ておらず、そんな状態で、好意を
伝えられ、もし、「うわ。やりづらい。もういいや、稽古やめよ」なんてなったら
ほぼ人は居ない。劇団の崩壊が怖くて、見てるだけだった。

それに、所属している他団体には、若い娘も居て、みんなで日帰り旅行とかに行った
話を何回も聴いていた。
4つ上の、結婚を焦っている状態のおばさんに、エントリー資格は無いよね…。
とも思っていた。

普通にいろいろ話せる仲間だけど、色々知らない事もある。
何かの用事や行事など以外の理由でつまり、純粋に遊びに行くとか、ご飯食べに行く
とかが、なんとなく、やりづらかった。

しかし、もう、何だか、何のための人生なのかと考えて、
劇団の存続より、あたって砕けた方がいい。

K2で学んだ
「成功と失敗なんて、リンゴとみかん。ただ学びの内容が違うだけ」
という言葉を頭の中で反芻し、シュミレーションして・・・・。

忘年会の段取りと雑談が終わり、

何だか挙動不審になりつつ…。

一気に緊張した。

ついに、言えた言葉が

「仲良くなりたいです」

というものだった。

「どういう意味ですか?」

と聞かれて、

ずっと気になっていたことをしどろもどろに説明し

劇団の崩壊を恐れて話せなかった事を説明し

「特別な理由が無くても、映画とか、ごはんとかに
行って欲しい…」と具体的な措置を提案した。

現在、彼女は居ないという事で

その、超防御な、消極的な告白とも言えないようなモノは
無事に受け入れてもらえました!!!!

全く、いい大人とも思えないほど、ペースがゆっくりですが!!

とりあえず、すたーとできました。

うーん(゜.゜)
いや、これで良かったと思います!!
やっぱり
単純な
「好きです、付き合ってください」という思いとは
性格が違う感情だものね。

いやあ、断られなくてよかったな!!!

楽しい未来に、少し近づいた気がしています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 占いに行きました2 | トップ | うむむむ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL