騙され・流され・のせられ女の 「それでも幸せになるブログ」

私の正直な経験が誰かの役にたてばいいと思っています。

H27年9月「ときたま語」からリニューアルです。

ドラマ「セブンティーン北杜・・・」を見た。

2017-06-13 00:50:36 | Weblog
すごい、ワクワクと期待感マックスで見たのがいけなかったんだと思う。

すっごーい景色綺麗!映像綺麗!!

にしても、話が!!

北杜市を推すために作ったんだろうけど。
豆腐も重要なファクターなんだけど!!

何故だ!何故逃亡先の高校の家庭科室で!!!

豆腐作りを!!!

豆腐作りの材料が、なんでそんなにバッチリそろってんだ!!

豆腐作るなら、もっとこう、ましな、お腹にたまりそうなものを
つくったらいい。

豆腐屋の娘のくせに手伝わないし。

愛しのおっさんに作らせる所にドラマがあるのはわかるけど

変だ!おかしすぎる!

一気に作り事感。現実に引き戻され感!

ピンチの時の、弓矢もおかしい!!!

必殺技の技名を唱えるのを待っている、変身するのを待っている
戦隊ものの敵・・・

の気配、ご都合主義がすごいすごい伝わってきて。

すごく悲しくなってきた。

映像はとても、キレイだった。
リアルだった。

・・・・。


何かもっと、自然に弓矢で助ける設定なかったのかな。

しかも、矢、1本だし!


そして主人公の女の子の、まあ、セブンティーンの娘のはっちゃけ感。
感情の起伏激しい感を表したいのか?

まあ、兎に角、わかりにくい娘ですわ。

何かいつもへらへら笑ってるし。


つかめなかったな。

それでいいのかもしれないんだけど。

ああもう少しなんとかどうにか、ならないものだったのでしょうか。

切なかったわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ「たられば」感想 | トップ | うふふふ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL