KURIHAMAの風 セカンド

日常生活をスケッチします。

6月の京都市内に咲く花は?(H29.6.17)

2017年06月17日 | 日記


インターネットで検索した際の6月の京都市内に咲く花は北白川祇園花見小路沿いの紫陽花と平安神宮庭園内の花菖蒲である。さっそく、花見小路沿いを歩く。紫陽花が咲き始めたようだ。せせらぎと木造家屋の間に咲く紫陽花がいい雰囲気をかもしだしている。



 八坂神社を通り過ぎて円山公園に行くが公園内には何も咲いていない。更に知恩院青漣院を横目で見ながら平安神宮の赤い山門を抜ける。右手は京都市美術館で左手は府立図書館だ。45年前大学生の時にここで京都美大生と話したことを思い出す。
 平安神宮の庭園は入場料600円だが学生は200円?シニア割引はないようだ。
 園内を歩く。中ほどの池には花菖蒲と睡蓮が咲いていた。学生4人をシニアガイドが案内していた。この時期(いつでも?)街中で見られる光景だ。おそらく地方から修学旅行で来られた高校生4-6人につき1名の地元ガイドが街を案内する様子だ。




  平安神宮を後にして右手へ進むと琵琶湖疏水路と発電所が見えてくる。
  橋の麓の店の横にはたくさんの花をつけた紫陽花が見える。そー言えば、最近テレビで京都出身の男優が発電所を紹介したCMを見たがこの発電所か?



 6月になると京都鴨川沿いの茶店では川床が設定される。以前1度夏の時期に川床で食事をしたことを思い出した。鱧料理が有名だが今回は「おばんざい」程度で我慢!四条烏丸近くの料理屋「のむら」の「夕刻ばんざいセット」6品のばんざいに生ビール付きで980円を堪能!地元発行のクーポンで100円引き880円とは安い!




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今、京都の街をぶらついてい... | トップ | 東福寺と祖父(H29.6.20)  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む