KURIHAMAの風 セカンド

日常生活をスケッチします。

野比の古民家レストラン(H28.10.16)

2016年10月16日 | 日記
 野比海岸の国立教育研究所から一歩入った裏道をさらに奥の山道を登ると平屋建ての普通の民家が!ここがレストラン?明治38年に建造された民家を多少改造した程度だ。 60代?の女性店主が料理から接待まで一人でこなす。茨城県から嫁にきたという。
 大戸で仕切った奥の畳部屋にテーブルと椅子を置き食事をする。常時10名分のスペースがある。内装は和文字の掛け軸、紙と布の人形、貝でデコレートした絵画、15年前のこの付近の写真。50年以上前の民家そのものだ。ゆったりとした時間が流れはじめる!
 料理はまず前菜5品から!小粒トマトのゴマ揚げ、鮭、小芋料理、パプリカのムース、野菜の餡かけは手が込んでいる!次に蛸と野菜のカルパッチョ、温かいかぼちゃのスープ、茄子の挟み揚げそして出汁をかけたおむすび。コーヒーと餡蜜で締めだ!約2時間があっという間に過ぎた。野菜中心の料理だが結構おなかは満腹!中年以上の女性が好む料理と雰囲気だ!1日1組の小民家レストラン!料理の味は1級品!家庭料理とは程遠い!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル賞騒ぎ(H28.10.9)  | トップ | 大楠山から清流前田川を歩き... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む