kuratakepara

paragliding in Amakusa

魚野・霧島 Out and Return Flight

2016-10-28 13:34:34 | 遠征

24日、鹿児島の魚野エリアまで遠征して、この季節で少し珍しい韓国岳までのO&Rができました。
久しぶりナイスXCフライト。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Trip to Yoshimatsu

2016-09-26 20:00:45 | 遠征
日曜日久しぶり天草から出て、鹿児島の吉松に行きました。久しぶり色々なフライヤーの友達に会って楽しかった。

朝から強めの正面の風がお昼頃弱くなってたくさんのフライヤーが飛んだ。

Hi Yoko! あまり話せなかったが、よく一緒に飛びました!ありがとう。
ホンコンの友達のマイケルはグライダーを借りて、九州初🔰フライトできました。
See you back in Kyushu someday soon!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琴平・五家原・雲仙・有家XC

2016-03-30 00:28:27 | 遠征

まさか琴平から雲仙を越えると思わなかった!

3月28日、久しぶり琴平岳に行こうと決めました。前の日天気予報を見ながら猿葉と米の山の間結構悩みましたが、日曜日の夜の最新

予報は西南西の風、強めになって、琴平がベストチョイスになった。他は非常に強いサーマルと2000mプラスの逆転層の予報で、琴平

からでもいいXC出れるかなと思ったが・・・

高度・地形海抜などを表すxcontestのグラフです。サイトは世界中のパイロットに使われていて、

日本人のパイロットも軌跡をアップロードしてみればどうでしょう。

琴平岳で30分ほどの粘り。やはりいいサーマルが大分手前から発生しました。

次のサーマルポイントは南ノ川内地区の726.7の三角点でした。これより先の分、高い山の森ばかり、下りるところが無いので、越えるため

高度が必要。三角点のピークには急な、風にも太陽にも当たれる西向きのスロープがあり、かけてここまで偏流した(失敗したら地区の段々

畑に下りれそう)。しばらく待ってから再び手前からいいサーマルが現れました。

アンテナが林立している五家原岳と後ろには多良岳などの美しい山々。2000mの雲低に上がったり、激しいシンクに負けたりしながら

しばらくこの辺で遊んだ。すると低くなって逃げるしかなかったです。

五家原のリーサイドから2100mまで上げ直し、干拓に出でまだまだ1600mが残っていた。

諫早湾のダムを望みながらフラットランドのサーマリング!回収車のHさんとMさんが真下に駐車場で待っていたが、ごめん!まだまだ

下りたくないんです!

南西と北西の風のコンバージェンスを発見し愛野と千々岩と通り過ぎながらまだまだ高い。

フライトの核心とピンチは久千部岳の西斜面。アプローチの時、雲仙の山塊を北か南から抜けるの微妙なオプションがあった。左(北)

のルートには追い風とサーマル雲もあったが、右(南)ルートは陽射と、ローカル的に南西のリッジ風もあった(愛野の風車は南西に向いて

いた)。なんとなく右が良さそうだったがやっぱり山の奥に入ると難しくて、下りるところが画像に写っている林道しか無し。汗をかきながら最初

のサーマルは強風にやられて、もっと奥に入ったら(汗)二番目のサーマルはクリア。北ルート行ったらどうなったかな。

平成新山を近く通って勿論フライトの一番素晴らしい景色でした。

雲仙のリーサイドで激しいシンクで沈みながら風下方面へ逃げていた。

唯一の山の丁度風下側、船の航跡みたいなコンバージェンスがあるはずので、探せば当たり!再び2000mまで。

それでアゲンストへ最高峰の平成新山まで戻り、雲仙岳制覇!

XCをマックスまで伸びたかったので、今回真南へ。所々に有ったサーマルを回しながら、雲仙岳の姿からどんどん離れていく。

日本でフラットランド・サーマリング!南島原市上空。

遠くの海岸に海水浴場を発見、しかし強風のアゲンストで届くかな。

優しいフラットランド!サーマルたっぷり。

ビーチで西風強風、ほとんどホバーリングしながらランディング。騒いでいた子供達に追いかけられて、「危ない」と避けんんでも効果なし!

前進スピード2-3㌔だけでもうどこも逃げれない。でも、結局無事にランディング。

後ろに天草の湯島。次回は天草まで?

サポート組みのHさんとMさん、5分以内到着。贅沢で帰り。本当に感謝します!

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春分の日、遠征

2016-03-22 01:32:17 | 遠征

春分の日、伐株に遠征。2本で6時間前後飛んで、楽しかった。逆転層は1600mで厳しくてXC無しが、東側の青野山まで始めて行って勉強

にもなりました。合わせて31㌔のトライアングルです。

 

空気が非常に透明で、瀬戸内海の向こう側の山口県の海岸などがはっきっリ見えました。こちらの写真は北東向き、聳えているのが湯布岳

青野山の北正面で、スクラッチングしながら1時間以上過ごした。高圧電線の向こう側の「横山」まで渡りたかったが、コンディションは

厳しくて送電線を越えたところでU-ターン。

午後の久住連山の眺め。

トライアングルの西端・風車

トップラン前のウィングオーバー

M山さんの夕方のアーベント・万年山までの空中散歩。今日は30機ほどが飛んだが、この時間(5時半ごろ)コンディションは優しかったの

に二人しか飛んでいなかったです。

俺はランディング18:40.その直前、玖珠町の上空。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月28日の記録のフライト

2016-03-13 01:24:58 | 遠征

XContestでのこのフライトの記録。HogmapのNo.18593です。

2月28日、実は延岡鏡山に行く予定だったが、八代を通りながら、風が中々予報より弱く、運がよければ

吉松からビッグフライトが出来ると思って、予定を変更してそちらへ向かった。

風予報はかなりずれていた。でも、宮崎の海岸まで南西の風があれば、脊梁山地を渡れる・・・

南っぽい風で吉松の矢岳のコンディションが良さそうだったが、距離を増やすため魚野TOから11時離陸。しかし、最初の2時間はコンディションが

渋くて、800-900mまで上がらなかった。

リアンと一緒に難しいスクラッチング。13時の前、さらに渋くなって、リアンはトップラン、リックは北尾根下LZ+170mの高度になっちゃって、

ぎりぎりセーブした。

でも、その直後、やっと低い逆転層を破って、5分間で2050mまで上がった。上空南西の風もあり、時速60㎞ですぐ北東へ出しました。

矢岳までわずかな7分間。焼き鳥アンテナ付近でサーマル帯に当たり、1500mから500mゲイン。それから白髪嶽へ。

スピードを出すため、しかも南西の風による流されて、白髪嶽の普通より大分南側を通りました。

矢岳から市房山までの軌跡。脊梁を通るため時間が要るなので、この良く知っている部分でレーシングスピードを出してみた。(矢岳から市房

までの40㎞の距離を1時間15分で。)普通のサーマル発生ポイントとそのゲインも載せました。多良木TOのリッジトップの倉原山、

普通通りリフト無し。しかし花立山の前のリッジでいきなり少し上がった。何時も良く上がる湯の原から盆地へ突き出ているリッジはキーポイント。

今回もやはりサーマルバンバン。それから牧良山の風に平行している細長いリッジも相変わらずリフト。

牧良山から市房へ簡単なワングライド。

市房に着くと最初中々サーマル当たらない、代わりに荒れたリッジ風を使ってトップアウト。雪が少なかったが沢が完全に凍っていて、素晴らしい

フライバイの眺めでした。

市房山の次は本格的な「タイガーカントリー」。去年3000mまで上がって一発で越えれたが、今日は2350mマックスで、絶対険しい山地

の中に低くなると知っていても、中々自信が付いたので先に出した。市房山塊の深い陰と氷に覆われていたリーサイド側と一ッ瀬川の深い渓谷の

景色がかなり恐ろしかった。次々厳しいローターのシンクとびくびくの激しいリフトの繰り返しで東へ流しながら我慢していました。もうここから先に行く

しかありませんでした。

目の前に三方岳って言う山の当たり、10㎞程の全く下りる場所の無いタイガーカントリー。この高さで、しょうがなく"It's going to get

close and personal." 少なくとも、時間は15時で比較的に早くて、山々の西斜面からサーマルがまだまだ出そう。

標高1479mの三方岳上空。何回もハイキングやMTBで訪れたこの山の綺麗な原生林が、空中から

ふあふあやわらかく見えます。高度1800mなのに、地面に近い!

南側に薄いサーマル雲が見えたが、その辺は山がさらに深くて、行く意味もないかも。

東方面に落石って言うリッジが伸びている。これに沿って飛ぶにしたが、低くなることそれからどちらの谷へ向かったほうがいいんだろう?

風がかなり右サイドで、左側のリーサイドか、右側のアゲンストか?どちらとも下りる場所が無い(伐採地が丁度ローターの区域)。

難しい作戦作りでした。

風は南になって、かなり強く吹いていたので、こんな地形で散らかったサーマルしかなかった。回してみても、ゲインができません。

リーサイドが怖かったから、結局落石のアゲンスト側に決定。フルアクセルでヤバイなところを一所懸命越えようとしています。

丁度一番エキサイティングなところでGOPROの電池が切れた!でも、風上側やっぱり正解でした!落石の頂上の大分下から1400mゲット!

ここから神門平地に届くので安心。万寿峠、高峠などのリッジを使い、風と弱いサーマルのコンビネーションで進んだ。

結局日陰山のワイルドのサーマルに乗って、去年の着陸店を越えて耳川渓谷を渡り、造次郎に丁度17時到着。東側リッジ風と弱いサーマル

まだまだ有り、宇納間の村の上空も町のサーマルで700mまで上がった。せれで造次郎から距離を7㌔ほど延ばしました。

こんな綺麗な場所に丁度17時半ランディング。宮崎県北郷町宇納間、秋元地区。魚野TOから丁度90㎞!リアンは当時まだまだ小林市

の高速道路。出会ったのは20時半。

次はこのコースで100㎞を目指します!

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加