倉敷界隈(かいわい)

倉敷の街と、私の生きているときの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

古えの飛行

2017年01月03日 21時20分09秒 | 写真

あけましておめでとうございます

しばらく休止してました。今年最初の書き込みです。

最近昔の遊びが流行っているようで、独楽であったり、たこ揚げ、けん玉、羽根つき・・。決して「正月だから」と言うわけじゃなく、そういうレトロな遊びを教えてくれたり、郷愁にかられてパパ世代がやっているのがチビ世代に伝染したり。おじいちゃん世代が教えてあげられるのもいい交流の一つになるしね。

倉敷天満屋では毎年この時期に干支の動物展というのをやってまして、チビたちも毎年引っかかっているわけです(笑)。

で、その出口辺りには結構な値段のグッズ売り場がありまして、毎年チビたちはそこにも引っかかるわけです。ところが今年はその横に駄菓子コーナーが有り、お姉ちゃんは、『だがしかしで見たお菓子がある!!』とたくさん買い込み、私はそこにあったこの発泡スチロールのライトプレーンに引っかかったわけです。

こちらは高い方で380円。安いのは零戦の絵の描いてあるもので280円。昔は安い方が100円か80円、高い方が150円(120円?)ぐらいだったんじゃなかったかと思います。貧乏な私はもちろん安い方しか買えなかったのですけど、一度は高い方も買ってみたかったのと、田舎に帰って広い場所があったらハネの大きなこっちの方が良く飛ぶんじゃないかなと思って購入したわけです。

実際はどうでしょうか。良く飛ぶこともあるのですが、翼が広い分、風の影響を受けやすいようで、ほんの少しの風で大きくあおられたりします。

子どもの頃は安い小さい方しか飛ばさなかったので、これは新鮮な驚きでした。実は本当は、昔買っていた小さい方が欲しかったんですよね。零戦の絵(52型)が書いてあるのも良かったし。

それでもこうやって田んぼの上を飛び、公園を舞い、廃線の線路の上を滑空する姿は美しく格好良かったです。

さて最後にこうなるのはお約束(あとで廃線の線路にあった遮断機の竿で取りました。)

これが愛機の勇姿。

作った経験のある人なら知っているでしょうが、本当はプロペラの下に車輪がある。でも前が重かったので取り外しました。こっちの方が良く飛びましたね。

パナソニック LUMIX DMC-FZ38

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永遠のヒーロー | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む