倉敷界隈(かいわい)

倉敷の街と、私の生きているときの記録です。

大道芸

2016年10月17日 22時07分58秒 | 写真

チビが学校からチラシを貰ってきた。

国際交流イベントがありますのようなことが書いてあった。

この日はチビの学校でイベントがあったので彼女は行けない。

ミニを連れてチビのイベントを見た帰り、試しにとミニと自転車で寄ってみた。

名前から、色々な国の人が来ていてその民族衣装が見られたり、

ひょっとしたら話ができるかも・・なんて期待していた。

少なくとも各国の伝統文化に触れられるんだろうと。

 

実際は、各国の食べ物を屋台で売るイベント。

それも、ほとんど見たことがある人たち。

美観地区の店でびろーんと伸びるトルコアイスを売っている人、

定店で、大きな肉のかたまりをあぶって焼いて、それをそぎ落として売る店の人

あちこちにある普通の店で食べられる外国料理、スナック・・。

確かに他国の匂いがするけど、これで国際交流?

 

お昼前だったからミニがアイスを食べたがったけど、興ざめした私は

いつもの店で100円アイスを買って一緒に食べて帰ることにした。

寒いときに変わったアイスはデメリットがあった。定番なら問題ないだろう。

 

一つだけミニと一緒に見た。ピエロ?が一輪車でやる芸。

奇抜な衣装できっと楽しいだろうと思ったから。

見たときには、話ばっかりでなかなか芸を見せてくれず、

2歳児にとっては悠長すぎて飽きたみたい。残念だった。

 

帰り道に考えた。一体このイベントは何を意図したものだったのだろう。

倉敷市の全小学生にチラシを配るお金をイベントにつぎ込んだ方が

もっと充実しただろうに。これでいいのか、お金の使い方。

まぁ私が見てないときに色々な企画があったのだろうと考えることにする。

 

さて、問題はこの写真だ。

肘が痛くて重い一眼レフにでっかいレンズを付けた塊を持てなくなった私だから

この日使ったのは PENTAX Q-S1 と言う、超小型のミラーレスカメラだった。

この廃番カメラ、コンパクトデジカメよりは高画質かも知れないが

極小素子とファインダーもない小さな液晶だけのレンズ交換式カメラ。

私が持っているレンズは 02 STANDARD ZOOM と 01 STANDARD PRIME と言う2本で

前者が 23mm~の広角、後者が40mm の明るい単焦点。

望遠は不要なので、これ以上そろえるつもりはない。

定番の28mmよりかなり広角なのが気に入っている。

 

とは言え、まぁ失敗作だと思う。実際廃番だし、これ以上新製品作らないみたい。

Qシリーズはこのまま化石となっていくのだ。

あっという間になくなる電池、小さすぎて見えにくい液晶、

ビューファインダーも着けられず、液晶も可動しない。

レンズのラインナップもたいしたことないし、

1インチのMOSだってある今、コンパクトデジカメ並みのC-MOSじゃ無理。

 

しかし手のひらサイズの大きさと、重さは、私の身体にはありがたい。

文句を言うより、使い倒した方が勝ちって思っている。

 

文句を言うなら、「ズーム望遠端が一番縮んだ長さ」と言うこと。広角端にして欲しい。

電池瞬殺はかなわない。

私はよく撮る方だけど、1日の撮影で電池2個じゃ心許ないのはあまりに酷い。

がっくりきたのは、「ハードモノクローム」。

 

このカメラにはクイックダイヤルと言うのがあり、そこに色々な機能が割り付けられる。

その中には、色を変えるカテゴリーがあり、鮮やかとか、ハードモノクームになんて変えられる。

子どもの記念写真をカラーで撮った後、自分の撮りたい写真は

ボタン一発でモノクロに変えられる。素晴らしいじゃんと期待していた。

その機能のハードモノクロームで撮ったのこれなんだけど、

コントラストが強すぎで、ななめらかな階調も全く出ず、硬質ではなく、汚くしか感じられない。

なぜ普通のモノクロモードが選べないのだろうか。これじゃダメだ。


と言うことで、結局ダイヤルはサイズ比に変えた。

ボタン一発で、3:2、4:3、1:1、16:9 が選べる。

私にはこれが一番良い。モノクロのスクエアサイズなんて格好いいぜ。

モノクロへの変換は今まで通りソフトウエアでおこなうことにした。

子どもの記念写真がある間は仕方ないなと思っている。


私はずっとNikonを使ってるが、昔からペンタックスにも興味があった。

キヤノンは一度使って使う気が無くなったが、フジや今のソニーには興味がある。

フジの色と露出、ソニーの高感度特性は秀逸だ。

で、リコー・ペンタックスになっても、光学メーカーなんだからと期待していたのに

正直ちょっとがっくり。全盛期のペンタックスを使えたらこんな印象は持たなかったのかもね。

 

と、色々書いたけど、私の今の右腕にはこれしか持てません。

文句を言うよりシャッターを切ることにします。

物は、置いておくだけじゃだめ。使ってあげてなんぼだよね。

使うことも、歩くことも、出かけることも、私の命を長らえる糧になるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもだんじり | トップ | 祭りとは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む