倉敷子猫の芸能ブログ

最新芸能ニュースをお送りいたします。是非ご覧ください。

有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」

2017年01月30日 | 芸能

 女優・有村架純(23)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(来年4月3日スタート)の新たな共演者が30日、都内の同局で発表され、宮本信子(71)や佐々木蔵之助(48)ら12人が登壇した。

 高度成長期に茨城から集団就職で上京したヒロイン・みね子の成長を描く。宮本はヒロインが働く下町の洋食屋「すずふり亭」の主人・牧野鈴子役で、“東京のお母さん”としてみね子の大きな支えとなる。

 今回、朝ドラ5作目の出演となる宮本は、13年「あまちゃん」で有村と親子役で共演。「(当時)とても大切なシーンがありました。それを有村さんと台詞を合わせて、やれたことがすごくうれしかった」と振り返り、「すごい成長したと思う。コマーシャルも見てますよ~」とうれしそうに有村と見つめ合った。

 今作については「芝居はこれからなんですが、私が名古屋の高校から出てきた年が、オリンピックの年なので、ちょうどヒロインと同じ。地方と東京の文化の差があり、東京の人見た時、良い香りがした感じがした。今回、東京の役の人の役を私がして、彼女(有村)は、その地方から出てくる。どういうシーンが出来るか、楽しみにしています」と語った。

 脚本は、01年「ちゅらさん、11年「おひさま」を手掛け、朝ドラ3作目となる岡田惠和氏(57)。有村は「岡田さんの書く本は、『あっ、こういうことなんだろうな』『ああいうことなんだろうな』と自然とくみ取れる優しい本になってる。『家族って、いいな』『友達って、いいな』『働くことって、いいな』と、たくさんの『いいな』が詰まっている。その『いいな』を、皆さんがスッと感じてもらえたらいい」と独特な言い回しでアピールした。

 他に、朝ドラ初出演のお笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろう(42)、和久井映見(46)、佐藤仁美(37)、磯村勇斗(24)、竜星涼(23)、松本穂香(19)、藤野涼子(16)、小島藤子(23)、八木優希(16)が出席した。

http://news.infoseek.co.jp/article/20170130hochi120/

 

楽しみにしてます。朝ドラなので「明るい」感じでお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海老蔵、麻央の退院を喜ぶ ... | トップ | NHK桑子アナ「ニュース9... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。