倉敷子猫の芸能ブログ

最新芸能ニュースをお送りいたします。是非ご覧ください。

須藤凜々花 スピーチ全文

2017年06月18日 | 芸能

須藤:皆さん、いっぱい応援してくださって本当にありがとうございます!20位、1番嬉しいです!皆さんと一緒に過ごした総選挙期間とってもとっても楽しかったです!私は、人として足りない部分がたくさんあって、そんな中でこのグループで皆さんに会って、たくさん人の愛に触れて、私が言っちゃいけないことばっかりなんですけど、スタッフさんはいつも助けてくださって、一緒に青春してくれたNMB48のメンバーのみんなも本当に優しくて、そんな大好きな皆さんに囲まれて、私は人の愛を知って、初めて人を好きになることが出来ました。

私、NMB48須藤凜々花は結婚します。

すごくふざけているように聞こえるかもしれませんが、私はいつも本気で、皆さんも本気で応援してくださっていて、たくさんの夢を一緒に叶えてきてくれました。私は本当にこんなに好きになれる人に出会えました。私は今までのアイドル人生に1点の曇もなく、偽りもなく、本当に本当に皆さんのことをアイドル須藤凜々花としてではなく、1人の人間として大好きでした。だからこれから私が結婚するっていう気持ちも本気です。皆さん今まで本当にありがとうございました。20位嬉しいです!本当にありがとうございます!私は至って本気です。

徳光:今、ご自身がなに話しているかわかる?真剣なんだよな?

須藤:はい。すごく迷惑をかけることもわかっているんですけど、自分にも皆さんにも嘘をつきたくないと思って。

徳光:結婚という言葉が出ましたけど、これは本当ですか?

須藤:はい。本当に結婚します。

徳光:相手がいらっしゃる?

須藤:はい。

徳光:おめでとうっていっていいの?

須藤:ありがとうございます。

徳光:応援してくださった皆さんに一言。

須藤:本当にわたしは自分のことをアイドルと思ったことがなくて、本当に1人の人間として皆さんのことが大好きで、本当にこうやって投票していただいて、人への愛を教えてもらえました。本当に嬉しいですし、きっちり真剣に生きていきたいと思います。本当に、本当に20位嬉しいです!ありがとうございます!

徳光:20位は嬉しいですけど、結婚っておっしゃって、今後のことは?

須藤:それは折り入って、NMB48の大人たちと話し合っていきます。

徳光:まだ発表の段階じゃない?相手はいらっしゃってる?

須藤:相手はいます。でもこれ以上はあんまり言えないので、きちんと後日私の口からきちんと説明したいと思います。でもこんなに応援してくださる私の大好きな皆さんに口から言いたかったので言いました。

徳光:結婚するんですか?

須藤:結婚します!

徳光:みんなで言おう!せーのっ!

全員:おめでとうー!

須藤:ありがとうございます!





週刊文春にすっぱ抜かれてたのね。恋愛禁止だから当然、解雇! なれば、、、


NMB須藤凜々花「週刊文春デジタル」が熱愛デートを取材していた!

医療関係の仕事に就く一般男性。6月8日夜、ラジオの生放送を終えた須藤は、渋谷の109で買い物を済ませ、タクシーで豊島区の彼の自宅へ。須藤が再び姿を現したのは、翌9日の午後6時だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170617-00002976-bunshun-ent

 

ネット上では「お相手、43歳、作業療法士」と。

NMBの収入だけでは生活費もままならい。アイドルって月収5万円とか。一部のファンの間では

「援交」だろう。ネットってもう無茶苦茶。



この後、結婚宣言!


使用前                 使用後

 


 大島優子、「結婚します」須藤に無言の痛烈メッセージ

 大島は暗い車中から行ったインスタグラムのライブ放送で「何考えてんのかしら。何でもアリなんですね。わたしも結婚した~い!」などと笑いながらコメント。「総じて言いたいのは、この帽子がきっと、私の全ての言葉だと思うの。せーのっ」といった後で頭を下げると、白いキャップの前面にはFで始まる4文字が記されていた。その瞬間に配信は終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000306-sph-ent

 


いつも帽子を準備している大島優子     怖い・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NMB須藤凜々花が壇上スピ... | トップ | たかみな、結婚発表のNMB須藤... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芸能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。