倉敷子猫の芸能ブログ

最新芸能ニュースをお送りいたします。是非ご覧ください。

YOSHIKI、頚椎手術が無事成功 今後の活動は回復状況で判断

2017年05月17日 | 芸能

 ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIが米国時間16日、ロサンゼルスのシーダースサイナイ病院にて頚椎(けいつい)人工椎間板置換の手術を行い、無事に終了し成功した。

 激しいドラミングスタイルにより「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と診断され、手術はニールアナンド医師により執刀された。

 人工椎間板置換手術は、非常に繊細な作業を要し、数時間に及んだが、現在YOSHIKIの容態は安定。医師の話によると、術後声を発する事が困難な状態がしばらく続くと思われるが、時間の経過と共に、本来の声を少しずつ取り戻すという。 

 傷口は6週間で部分的な治癒、6ヶ月後には90%の回復が期待されるというが、左腕から左手に走る電気のような痛みの症状は、改善にどれだけの時間がかかるのかは現段階ではわからない状況。 

 通常であれば最低でも術後数日は入院することが望ましいが、YOSHIKIは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用した意識が朦朧(もうろう)とした状態で昨夜から手術の直前まで書いていた曲をどうしてもレコーディングしたいといい、術後数時間で医師に直談判、退院したその足でスタジオへ。

 30分ほど作業をしたが、術後すぐの体調では想像以上の負担があり、同行していたスタッフ、ナースの説得に応じて自宅に戻り、現在は医師の管理の下に静養中だという。

 なお、7月に予定されている『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X』、 8月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー、 及び世界ツアーの日程含め、今後の活動に関しては、 術後の回復状況を見ながら判断の上、 近日中に報告する。

 マネジメント事務所は「今回の件で世界各国の皆様からお見舞いのメッセージをいただき、大変感謝しております。またYOSHIKIは今回の手術により、多くの関係者及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫びしたいと申しております」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000332-oric-ent



〔椎間孔狭窄症の原因〕

一般的には、運動や職業、椎間板の老化が原因で起こると言われています。
とくに、加齢により椎間板の水分が減ると椎間板は薄くなり、腰椎の間が狭まります。さらに黄色靱帯にはゆるみが生じるので、このゆるみを止めるために靱帯自体が厚みを増して肥厚(ひこう)します。


しかし、これは結果であって原因ではありません。


実際に椎間孔狭窄症と診断された方たちを診てみると、ほとんどの方にある共通点がみつかります。それは、”腰椎の歪み”です。この歪みを矯正すると、ほとんどの方の症状が改善することから、腰椎の歪みが椎間孔狭窄症の根本的な原因であり、日常生活における“間違った”姿勢や身体の使い方に合わせて腰椎が歪み、椎間板に長年負担を掛け続けた結果、椎間板が潰されてしまい、余計に薄くなったと考えられます。


職業病でしたね。でも無事に終わって良かったですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 井岡一翔、谷村奈南と結婚 ... | トップ | 菊川怜の結婚相手に“第4の婚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。