不動産貯めになるお話

横須賀・逗子・三浦等をエリアに活動する不動産やさんの為になる、知識の貯めになるブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相続税について・・・③

2008-03-30 18:25:48 | Weblog
さて、今回からいよいよ実務に入ろうと思います。
相続税対策です。
一言で「相続税対策」といいますが、実に沢山あります

例えば、今お持ちの不動産を売る
これも立派な対策です

今回はそんな中で、土地を活用した相続税対策の一つ
「アパート・マンション経営」について少し書きます。
(全部をご紹介するには1回では難しいので・・・)

よく「相続税対策にはアパート・マンション経営だ
という言葉を耳にします。
はたしてどのような理由・仕組みで、役に立っているのでしょう?

相続税の評価は覚えてますか?(相続税について・・・②参照)
市街地の宅地は路線価で、その他の宅地は倍率方式でしたね。
ただし、これは土地ですね。

それでは家屋は?
家屋の相続税評価は固定資産税評価額で評価されます
この価格は新築の木造家屋で建築費の5~6割、
新築の鉄筋コンクリート造で6~7割 位の評価になります。

空いている土地にアパート・マンションを建てる事により
相続税の控除された宅地を相続する事になります
一定面積ですが相続税評価の軽減が受けらるという事です。

土地軽減率は・・・
住宅用敷地で80% 240㎡まで
アパートマンション用地で50% 200㎡まで
です。

アパート・マンションは、一般住宅に比べて相続税評価が3割安くなります。
(人のために土地を貸すので、これはすばらしいという事です。)
借家権割合といいます。

計算としては
家屋の評価=通常の建物の評価×(1-借家権割合)
これは家屋の計算

それと用地の計算もあります。
アパート・マンション用地は相続税評価が軽減されます。
(貸家建付け地の評価減が適用されます。)

計算としては
宅地の評価=通常の評価×(1-借家権割合×借地権割合)
です。

分かりにくいですよね?
単純にアパート・マンションを建てると
相続税は軽減されると覚えておきましょう

実は、アパート・マンションを建てると良いといわれる由縁は
この評価減だけではありません
もっとすごい事があるのです

このお話はまた次回で・・・

By 中井
(勿体つけている訳ではありませんよ。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加