不動産貯めになるお話

横須賀・逗子・三浦等をエリアに活動する不動産やさんの為になる、知識の貯めになるブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

物件種別について

2008-02-14 19:55:32 | Weblog
物件を見ていると…種別って何?と思われる方もいらっしゃいます。
アパート・マンション・戸建・テラスハウスなど等。

今回はそれぞれの簡単な特徴をお知らせいたします。

アパート
…日本で一番多い賃貸住宅の種類が「アパート」です。
建物は木造や軽量鉄骨造(薄い鉄骨を組み合わせたもの 最近は厚みは1円玉
程度くらい)が多く4所帯からの小規模なものが多いです。
良い点は物件数が多いので選べる。悪い点は上下左右音が少し漏れやすいので
生活音に気にする必要があります。
しかし他と比べて家賃が少し低いため探しやすくあります。

マンション
…コンクリートで建築された住宅をいいます。
アパートよりも大規模なものが多く、多くの住戸が一つの建物に集まるので
効率がよいです。また防音性がアパートよりも優れているものが多く
左右の音また上下の音もそんなに気になりません。
ただ古い物件も多く、設備がとても古いものもあります。
ただアパートより防音性が高く、ファミリー向けの広めの間取りが
多いため人気がとてもあります。

テラスハウス
…上下階を一所帯にして上下の音問題を解消させたつくりになります。
ファミリーに人気は高いのですが、階段の場所を室内に取られ思ったより
広くならない点や物件数があまりに少なくて選べない点から制限されてしまいます。
気にあったテラスハウスがある場合はかなりラッキーだと思います。

戸建
…これが賃貸でも売買でも希望条件にちかければ理想でしょう。
面積が広くなってしまうため家賃は高めになります。
また、一戸建ての賃貸はとても数が少なく、古い物件も多いため
あまり選ぶことができないのが現状です。
ただ庭があったり車が置けたり、間取りが特徴的であったりすることも
あります。

簡単ですが種別はこのような感じになります。
どうぞ物件を探す参考にしていただければ~と思います。

BY SAKA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加