不動産貯めになるお話

横須賀・逗子・三浦等をエリアに活動する不動産やさんの為になる、知識の貯めになるブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

道路と敷地の高低差について

2008-02-11 18:56:29 | Weblog

今日は高低差についてのお話です。

土地を検討されている方、ネットで物件を探していて

「この土地広いのに安い」という経験をされたことあると思います。

物件の写真があれば良いのですが、無いと不動産屋に問い合わせて

現地を見に行きがっかりみたいな。

なんと、道路と敷地に高低差がかなりあり、この価格で買っても

住むには多額のお金が掛かりそう。。。

な~んてことはよくあります。時間がもったいないですね。

 

周りの相場に比べてあまりにも広くて安い物件は注意が必要です。

道路と敷地に高低差があると、カースペースと階段を自費で築造しなくては

ならないので、多額の代金がかかります。1mほどの高低差でも、

コンクリートで壁を造って敷地の土がこぼれないようにしないと、

建物の建築許可がおりませんので、100万・200万当たり前のようにかかります。

だったら、もう少し土地代が高くても、しっかり整備されている物件の方が

検討しやすいですね。

 

横須賀は山・坂・崖が非常に多いので道路と敷地に高低差がある物件が多いです。

土地柄仕方ないですが。。。

 

よって、あまりにも安い物件は要注意です。

どのような状況なのか不動産屋に聞いたから、納得の上現地を見に行きましょう。

by nonaka

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加