くらも天狗 第二巻

世の中の出来事全般に意見を申す

経済人は広い視野を持ち流行などに流されるべきではない

2017-02-09 11:21:57 | 経済
経済人は広い視野を持ち流行などには流されるべきではないだろう。経団連の人たちの言葉を聞いていると会社の利益第一しか頭にないように見える。バルブ最盛期の時それに乗った経済誌などに惑わされ、バルブは必ず崩壊するのにかかわらずそれに乗って行動した結果は不景気をもたらし、社会にを不安定にした。中国に進出しなければ時代遅れのような錯覚に陥り、中国に生産拠点などを移したようであるが、その結果は今日のように日本人を貧乏にしている。現在もてはやされているような新自由主義とか多様性でなければならないような風潮は長い目で見てわが国の衰退をもたらす危険性に気がついているのだろうか。これらの流れで強大企業が一人利益を上げ弱小企業が衰退することになれば、やがて、我が国そのものが衰退することになる。このような弱肉強食な世界が良いのだろうか?どう見ても経済人は長期的視野で、その影響を考えているとは思えない。多くの人は国という枠の中で安寧に暮らしている。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の政治家は政策を立てい... | トップ | 良い多様化と悪い多様化 »

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。