くらも天狗 第二巻

世の中の出来事全般に意見を申す

皇族は血統と伝統のみで成り立つ

2017-05-19 13:31:17 | 天皇制
天皇及びそれに繋がるものは本来血統と伝統のみによりその地位がある。この二つが欠ければ存在意義がないことは国民の総てが認めるところである。天皇の後継者が欠けることを危惧する声がるが、女性宮家を設けるなどは血統がないのであるから当然不可である。もし宮家を設けて後継者を求めるならば、継体天皇の例に倣い五代前あるいはそれ以前の天皇の血筋を求めて設立すべきであろう。血統は今ではDNA技術があるので、そのアイデンティティファイすることは可能であろう。宮家候補者が見つかれば、その男子に帝王学を学ばせて、継承権を与えるのも一案であろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真子さんの婚約の件がまたし... | トップ | 毎日新聞の天皇関係報道の怪 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。