万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

”公的行為天皇決定説”の危険性

2016-12-07 15:36:26 | 日本政治
天皇退位、論点整理に着手=1月公表へ有識者会議
 報道によりますと、天皇の譲位-退位-問題に関連して首相の私的諮問機関として設置されている「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」では、今般、憲法に規定のない”公的行為”については、その時々の天皇の意向で決めてよいとする認識で一致したとされております。この”公的行為天皇決定説”には、以下に述べるような問題点やリスクがあります。

 第一に、有識者会議が託された議論は、本来、天皇の譲位(退位)に関する是非や手段の検討であり、象徴天皇の”公的行為”のあり方という、憲法にも踏み込むような問題については託されていないはずでです。ところが、報道が事実であるとしますと、”公的行為”に踏み込むのですから、議論の対象範囲を超えており、有識者会議の越権が疑われます。有識者会議に天皇に新たな権限を与える権限があるとしますと、それ自体が、憲法違反となります。

 第二に、仮に”公的行為天皇決定説”が採用されるとしますと、天皇は、自らの意思で如何なる”公的行為”をも新たに創造できることになります。現状では、地方訪問や被災地慰問に加えて、戦没者の慰霊のための海外訪問等も”公的行為”として既成事実化されていますが、次世代にあっては、自らが望むままに、皇室外交といった政治に深く関わる仕事を”公的行為”と認定する恐れがあります。

 第三の問題点とは、有識者会議にあっては、天皇の”公的行為”とは、”憲法に規定されていない行為”と定義されていることです。となりますと、憲法の枠外に”公務”が存在するという忌々しき事態となります。しかも、天皇の私的意向によって如何様にでも決められる自由裁量の公務となりますと、君主を憲法の枠外に置く超然主義ともなり、立憲主義の崩壊をも意味しかねません(立憲君主制からも逸脱…)。また、”公的行為”によって何らかの問題が発生した場合でも天皇が無答責となるならば、著しい無責任体質が出現し、事態はさらに深刻となります。

 さらに第4点として挙げられるのは、民主主義への脅威です。日本国憲法の第一条では、天皇の地位は主権の存する国民の総意に基づくと定められていますので、象徴天皇の”公的行為”については、最低限、立法措置が講じられるべきはずです。国民に問わずして、天皇が”公的行為”を自ら決定し得るとなりますと、それは、明らかに民主主義、国民主権に反すると共に、憲法違反の行為となります。この説を支持する人々は、天皇独裁体制を目指しているのでしょうか。

 以上に、主要な問題点を述べましたが、”公的行為天皇決定説”には、日本国の立憲主義のみならず、国民主権に基づく民主主義をも破壊するリスクがあります。さらには、有識者会議での”認識の一致”が、他の意見を排除する圧力ともなれば、言論の自由の危機でもあります。今般の皇室をめぐる動きには、強引、かつ、不自然な点があまりに多く、国民のあずかり知らぬところで何らかの勢力が蠢いている気配があります。そうであるからこそ、この説に潜むリスクは、計り知れないのではないかと思うのです。

 よろしけれは、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ次期政権で対日より... | トップ | ソフトバンクの対米巨額投資... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鎌倉 (横浜)
2016-12-07 21:19:40
そのとりだとおもいます。第一問題から第四問題まで。国民がわからないところでなにかが動くていやですよね。出来ないことは、代理のかたがすればいいことですよね。
横浜さま (kuranishi masako)
2016-12-07 21:48:44
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 昨今の一連の動きには、日本国の独立性さえも危うくするようなリスクが潜んでいるのではないかと推測しております。何らかの背後に蠢く勢力の影響もあって、皇室は絶対善であるとする国民の信頼も、揺らぎ始めているのではないかと思うのです。
止められない独走 (onecat01)
2016-12-08 07:40:47
kuranishi masakoさん。

ご指摘の通りと考えます。憲法を守るようにと言われる陛下が、自ら憲法を無視され、誰にもその独走が止められないという、恐ろしい現実を私たちは目の当たりにしております。

 それなのに、多くの国民は、その不都合さと危険性に目を閉じ、「陛下がお可哀そう。」という感情論の前に、論理的思考を失っております。政治家もマスコミも、有識者と言われる人々も、平成の今、国家百年の大計を見失ってしまいました。愚かなことです。残念でなりません。
onecat01さま (kuranishi masako)
2016-12-08 07:57:08
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 しばしば、マスメディア等は、戦前の日本国が戦争に至る道ににつきまして”無責任体質”、”空気に流された”、”議論なき暴走”…といった諸点を挙げて批判しております。この批判については詳細な検証を要しますが、少なくとも、今般の独走、あるいは、暴走につきましては、同様の諸点が見受けられます。そして、マスメディアが国民世論を誘導している点についても、共通しているのです。国民の多くが、内心においてであれ、既に甚大なリスクに気が付いていると信じたいところです。
Unknown (北極熊)
2016-12-08 13:23:43
私は、今上陛下が「象徴天皇=国民に寄り添う=各地に行幸する」という考えで仕事を増やし、それを出来なくなったから天皇を辞めようとするのはオカシイという平川先生と同じ考えなのですが、ここでいう 公的行為天皇決定説と言うのは、そういう今上陛下のおやりになったことを追認するということながら、逆に言うと、憲法や日本の皇室の伝統などを踏まえても、次の天皇が同じことをやらねばならないとは求められていないという事ではないかと思うのです。 そうだとすると、そもそも、陛下の負担軽減=(生前の)譲位でなくなるのは自明ですね。 
Unknown (北極熊)
2016-12-08 13:28:38
余談ですが、
天皇の地位が国民の総意に基づくにも拘わらず、(生前に)退位、譲位がありえるとすると、国民が、例えば、譲位を求めるデモをするとか、天皇陛下の弾劾のような事を考えるようになるリスクもあったりして、、、と思っちゃったりもします。 
北極熊さま (kuranishi masako)
2016-12-08 15:12:15
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 平川先生や北極熊さまのおっしゃられます通り、今般の譲位問題は、”マッチ・ポンプ”と称されても致し方ない状況にあります。誰も頼んでいないにもかかわらず、地方訪問等を増やしております上に、音楽会や絵画展等の鑑賞も、何故か、”公的行為”に含めてしまっております。これでは、国民の多くも訝しく感じるのは当然のことです。また、次の代が別の行為を”公的行為”と定めた場合のリスクについては、より深く考えるべきです。天皇弾劾のデモのリスクにも関連いたしますが、実のところ、この問題の根は深く、私は、明治以降、あるいは、戦国期に発生した皇室にまつわる問題にまで掘り下げないことには、根本的な対応は難しいのではないかと考えております。
愛子影武者説が広まれば世論はひっくり返るから大丈夫 (竹槍)
2016-12-08 16:23:45
愛子さんの誕生日会見での激ヤセ姿に衝撃を受け、ネットで調べたところ、以前から影武者説があったということに気がついた人が多いです。影武者説を唱えている人たちは東宮家だけでなく内定皇族全員が売国奴というスタンス。しかも左翼ではなくバリバリの右翼なのです。それでさらに驚愕するわけです。
竹槍さま (kuranishi masako)
2016-12-08 21:17:29
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 ”火の無いところに煙は立たぬ”とは申しますが、皇室をめぐる状況からしても影武者説には信憑性があり、国民の多くが異変に気が付いてきているように思います。来るべき時が来るかもしれず、国民も、事実は事実として受け止める覚悟が必要なのではないかと考えております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。