万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

マイナンバー・LINE提携リスクー日本国政府の売国か?

2017-06-16 08:47:46 | 日本政治
 報じられるところによりますと、総務省は、内閣府との連携の下でマイナンバーのオンラインサービスである「マイナポータル」とLINEを組み合わせた行政サービスを開始するそうです。子育て支援の分野を手始めに今年の秋頃からのサービス開始を予定しているそうですが、この連携、幾つかの側面において、売国的ではないかと思うのです。

 第一に、LINEとの連携は、日本国民の個人情報を韓国に提供するに等しいことです。LINE社とは、韓国企業であるネイバーの子会社であり、韓国情報院に対する情報提供の義務を負っています。この現実は、LINEを介して収集されたユーザーの個人情報、並びに、ユーザーの登録情報は、全てネイバー、並びに、韓国政府が利用可能なデータとして蓄積されることを意味します。政府はこの事実を当然に知りながらマイナンバーの運営にLINEを利用したのですから、確信犯的な売国行為です。日本国民のマイナンバーが韓国側に漏れる事態ともなれば、リスク管理の甘さが問われることになりましょう(あるいは、韓国側が日本人のマイナンバーを秘密裏に不正利用する可能性も否定できない…。例えば、’成り済まし’)。

 第二に、LINEは一民間のSNS事業者に過ぎず、他にも競合する企業が存在しています。仮に、こうした行政サービスを実施するならば、中立・公平な公開競争入札制度を行った上で、事業者を選定すべきです。日本国政府が、恣意的にLINEを選定したとなりますと違法な随意契約となり、特定の企業への利益誘導となりましょう。LINE利用者数や使用回数が増加するほどに、広告料を主たる情報源とするLINEの収益もアップするのですから。

 第二の問題は、同連携の費用負担が不透明な点も問題です。今般の連携においては、日本国側にシステム開発に要する費用負担が生じているのではないでしょうか。仮に生じているとしますと、予算を要する事業として国会の承認が必要でしょう。LINEは、無料アプリであるために普及したのですが、仮にこの事業でも”無料”であるとしますと(LINE側の負担)、日本国の行政システムが、むしろ、LINE社の利益、並びに、韓国政府の情報収集のために体よく利用されていることとなります。ソフトバンクを含めて韓国系の企業には、政府や行政機関に取り入るという傾向が強く、LINEもまた”用日政策”の一環かもしれません。

 第三に、日本企業側の問題点として、近年、プラットフォーム事業における出遅れが指摘されております。このため、日本国政府は、日本企業によるSNS事業者の育成を目指すべき立場にあります。ところが、韓国系のLINE社を”日本国政府御用達”として認定するのでは、韓国の利益の為に公権力を行使しているとしか思えません。公共性の高い通信・情報事業の分野は、経済のみならず、社会全体にも影響を与えますので、如何なる国にあっても政府の監督の下に置かれております。韓国系のプラットフォームが日本国の国民生活においてコミュニケーション手段として根付くとなりますと、日本国内に韓国系の情報収集ネットワークが張り巡らされ、外国によって日本国民の日常までもが監視される状況となります。

 第四としては、今日、小学生でもアプリを自作できる時代にありながら、何故、総務省は、行政サービスの向上を実現するアプリを自ら開発しないのでしょうか。必ずしもLINEを介在させる必要性がないにも拘らず、敢えて提携を意図したとしますと、国民には説明できない思惑が潜んでいると疑われても致し方ありません。

 マイナンバーカードの交付率は10%を下回る状況にあるとの指摘もあり、この低い数値は、マイナンバー制度に対する日本国民の不信感の現れとも説明されています。しかしながら、LINEの方が遥かに情報漏洩や犯罪関連のリスクが高いにも拘わらず、メディアも左派系の人々も、マイナンバー導入時程には今般の提携を批判的には報じておりません。また、LINEの利用者は、公表では凡そ6800万人ともされていますが、この数字が正しければ、日本国民は、日本国政府よりも韓国系のLINEに信頼を置いていることとなります。なお、インドでは、マイナンバーの交付の際の写真を政府の役人がすり替え、別人を’成り済ま’させるという事件も発生しているそうですが、行政システムにLINEを介在させますと、こうしたリスクも高くなりましょう。

以上に述べた諸点を考慮しますと、「マイポータル」におけるLINEとの提携はリスクのみ高く、日本国、並びに、日本国民にとりましてメリットがあるとは思えません。国家と国民の安全のために情報管理に責任を負う日本国政府は、LINEとの提携は見直すべきと思うのです。

 
 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国の国民統合の構図の変... | トップ | 残虐国家北朝鮮の意図とはー... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情けない (時は来たり)
2017-06-16 12:29:10
台湾では政府機関でのLINE の使用は禁止だそうです。日本政府でも当然使ってないとは思いますが、国民の情報はどうでもいいんでしょうか。

LINE をはじめる時よく見ずに開始したら、今は全く繋がりのない人に自分がLINE をはじめた事が一斉に伝わり、ゾッとしました。明らかに情報収集の為のものだと思いました。結局やめましたが私の情報は収集されている。それを言ったらGoogleもそうかもしれませんが。
でもマイナンバーにLINE 使用するなど、危機意識が無いにも程がある。
北朝鮮に拉致された青年を助けるために、アメリカが水面下で交渉していたそうですが、日本政府や官僚に今「しっかりした人」は居るのでしょうか。色々暗然とします。
総理の御意向? (あずみ渚)
2017-06-16 14:50:15
こんにちは LINEは膨大な企業団体、個人が利用していますから、当然南朝鮮はあらゆる工作、用日に使っているでしょう わが政府がマイナンバ-の情報を自ら差し出すなんて、これでは苦労して通した特定秘密保護法、テロ等準備罪も意味がないではないかと思います

国家戦略特区では 加計学園問題然り 竹中某という民間人どもが己らの商売を有利に進めているように見えます  これらは安倍総理の個人的な意向が強く働いているのではないでしょうか?
今回のマイナンバ-の件もこれらの一環かもしれません  色々な利権が絡んでいるような気がします
シェア (ちかこ)
2017-06-16 16:04:58
こんにちは。初めてコメントいたします。いつも拝見しております。
記事をFBでシェアさせていただきます。
これからもよろしくお願いします。
時は来たりさま (kuranishi masako)
2017-06-16 17:35:49
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 LINEの使用規約を読みますと、GPS情報といった個人情報も利用される可能性もあり、犯罪に利用される可能性は相当に高いのではないかと思います。また、利用者本人のみならず、利用者が登録している非利用者の個人情報までも幅広く収集される恐れもあります。日本国政府は、国民を守るという責務を放棄しているとしか考えようがありません。突然の公表という手段も、騙し討ちのような手法であり、統一教会といった韓国系組織が画策しているのではないかと疑っております。
あずみ渚さま (kuranishi masako)
2017-06-16 17:41:25
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 
 LINEを使用している方々に、是非、この件について意見を伺ってみたいものです。公称の利用者数は6800万人ともされていますが、確か、NTTドコモなどのスマホ機種には最初からアプリインストールされているものもあるそうですので、抱き合わせ販売的な方法で増加し、利用者数としてカウントされている可能性もあります。韓国は、反日政策を国是とする国ですので、日本国政府の情報管理の甘さが日本国民に不利益を与え、将来に禍根を残すのではないかと懸念しております。
ちかこさま (kuranishi masako)
2017-06-16 17:44:20
 本ブログにご訪問くださり、また、拙い記事をお読みくださいまして、ありがとうございました。どうぞご遠慮なく、FBでシェアなさってくだいませ。こちらこそ、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
もう、言葉がありません! (Tae)
2017-06-16 18:33:34
倉西先生、更新ありがとうございます。
感謝しております!

マイナンバー、LINEと提携、信じられません。これこそ、売国ではないですか!
日本国民の個人情報を、よりによって、日本人が最も嫌悪している国に売るなんて、悪用されないわけが無いです!
私は、LINEは利用しません。勧めれても拒否してきました。韓国に情報が漏れるのが嫌だったからです。
この国は、どうなるのでしょうか?
もう、怒りを超えてこの国で、生きていくのが嫌になりました。
倉西先生、嫌な天候が続きますね!くれぐれも御自愛下さいませ。
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-16 19:49:49
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 確か、東宮家の”愛子さん”もLINEを使用していると報じられておりました。LINEには、一般国民から皇室に至るまで、日本国の”攻略”を意図する韓国側の動きが感じられますが、日本国民はあまりにも警戒心が薄く、楽観的に過ぎるように思えます。韓国側も、仮に、自国のメッセージアプリのプラットフォームが日本企業の子会社に牛耳られ、日本国の情報当局の監督の下に置かれ、かつ、韓国政府と行政サービスで提携したとしましたら、さぞや激しく韓国政府に対して反発することでしょう。LINEが韓国系であるとする情報が隠されてきたことも原因しているのでしょうが、一般の日本国民は、かくも情弱であってはならないと思うのです。
伺いたいです! (Tae)
2017-06-16 21:19:33
倉西先生、返信、ありがとうございました。
先生に、お尋ね致します!

韓国側も、仮に自国のメッセージアプリのプラットホームが、日本企業の子会社に牛耳られ、日本国の情報当局の、監督下におかれ、かつ、韓国政府と行政サービスで、提携しましとしたら、さぞや韓国政府に対して、反発することでしょう。

全く、意味が理解できません❗
私は、常々、先生に難しい事は解らない
無知なおばさんだということは伝えているはずなのに、難しい言葉と、理解に苦しむ専門用語を、使用されるのは何故ですか?
もっと一般人にも解りやすく、レベルをあわせて答えて頂くことは出来ないのでしょうか?
それとも、先生の趣旨は違うのでしょうか?
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-16 21:30:55
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 ご不満、拝読いたしました。難しい表現を用いてしまったようで、申し訳ありませんでした。簡潔に申しますと、”韓国国民も、立場が逆であったならば、さぞや、憤慨したことでしょう”という意味です。否、何処の国であれ、自国の政府が外国の通信事業者と結託し、自国民の情報を当該外国に漏らすような行為に対しては異を唱えることでしょう。情報管理の徹底が叫ばれている中、日本国政府は、時代に逆行しているように思えるのです。
理解できませんせん (Tae)
2017-06-16 22:58:49
倉西様、あなたは、綺麗事ばかりならべて、そして一般人がわざと理解できない専門用語を並べまくり、惑わせてはいませんか?
ご自身の心念を、ブログを通して伝えたいなら、皆が、理解できる内容と言葉を発するふべきです。
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-17 08:05:23
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 私のブログは、”綺麗事”といった表面的に取り繕うような内容ではなく、本質追求を心がけております。専門用語が多いとも申されておりますが、新聞記事等の一般書物で使用されている程度の言葉を用いているつもりです(もっとも、的確な表現がない場合には、専門用語を使わざるを得ない場合もある…)。

 理解の程度とは、人によって異なりますし、物事を見る視点によっても違いが生じます。誰であっても、他者の文章を読んで、筆者の考え方を100%理解するということはありえず、自分自身で理解してみよう、あるいは、自分自身で考えて見ようとするその意欲こそ大事なように思えます。Taeさまも、ご自身の内面に向って考えて見ますと、何か見えてくるものがあるのではないかと思うのです。
綺麗事、発言はお詫び致します‼ (Tae)
2017-06-17 08:55:17
私は、先生が、韓国人も、日本人と同じ立場になれば怒るだろう!とおっしゃっている事に、怒りを感じているのです。
何故、日本人の怒りに対して韓国人を、持ち出すのでしょうか?
韓国人の気持よりは、今の日本人の心情の方を最優先に考えるべきだと思うのです。その意見に対しての、綺麗事ばかりと述べたのです。
専門用語に関しては、本当に難しいのですよ!漢字も、読めない漢字がたくさんあります。だからあなたは、失格ということなのでしょうからそれはそれで受け止めます。
今迄、いろいろ教えて戴いてありがとうございました。
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-17 10:08:34
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 Taeさまのご立腹からしますと、LINEが韓国系企業であったために、韓国を例として持ち出したのは適切ではなかったように思います。韓国人の気持ちを慮っているのではなく、どの国であっても、自国の政府が外国系の企業に自国民の情報を流すことには反対するであろうという、一般論を申したかったのです。むしろ、メディアの操作や情報不足の為に、”日本人の心情”が無防備となっていることを懸念しているのです。

 なお、私は、Taeさまに対しまして”失格”というような判断を致しているのではなく、他者の文章を理解できないことは当たり前ですので、多分に理解できな部分があったとしても、新しく何かを知ろうとする、あるいは、自らの考えを深めるきっかけであってほしいと願い、ご返事を書かせていただきました。

 本ブログに失望なされましたこと、まことに残念でございますが、こちらこそ、Taeさまのコメント、並びに、ご返信に対しまして心より御礼申し上げます。これに懲りず、興味のある記事がございましたならば、ぜひ、ご訪問くださいませ。

 
首相官邸メール (gateway)
2017-06-22 01:46:01
安倍首相に直接メールするのはとても簡単です。
事前登録も名前もメールアドレスも任意になっており、お手軽に自分の考えるところを伝えることができます。

私は文章をつづるのが不得手なものですから、倉西先生のブログ記事を大いに参考にし、またお世話になりながら首相官邸に意見申し立てしています。

本日のテーマ、韓国企業の100%子会社LINE社との安易かつ売国的契約について、さっそく安倍首相に再考を求めるメールを送信しました。
倉西先生のブログをとても重宝しています。
gatewayさま (kuranishi masako)
2017-06-22 07:07:02
 コメントをお寄せくださり、また、本ブログ記事を首相官邸へのメール作成にご活用くださいまして、ありがとうございました。拙い記事ながらもお役に立てましたこと、心よりうれしく思っております。今後とも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。