万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

皇族減少より日本国の国制の議論を先に

2017-04-23 13:40:29 | 日本政治
皇族減少への対応「退位前に検討を」…御厨氏
 先日、政府に提出された天皇譲位(退位)問題に関する有識者会議の報告書は、法的にも、その内容においても疑問に満ちております。当有識者会議のメンバーの一人であった御厨貴東京大学名誉教授は、メディアとのインタヴューの席で、将来予測される皇族減少への対応に言及しています。

 皇族減少への対応は民進党も提言しており、御厨氏のみの個人的な見解ではないようです。しかしながら、皇室が将来においても存続するとの前提に立ち、その存続を検討する姿勢には疑問があります。何故ならば、日本国の将来における統治機構のあり方や皇室の著しい変質等の問題を全く考慮していないからです。

 統治機構のあり方については、未来永劫にわたって立憲君主制の形骸を残すべきか否かは、重要な論点となります。現在の日本国憲法では、第1条から第8条に至るまで天皇に関する条文を置いており、政治的権能を有さないものの、形式として天皇の国事行為を定めています。しかしながら、国民主権の下で民主主義体制を確立した今日、少なくとも統治機構の内部に天皇を位置づける必要は最早ありません。今般の退位(譲位)問題や東宮問題においても垣間見えるように、天皇の政治利用、もしくは、むしろ、天皇による国家権力の掌握の危険性は増すばかりであり、むしろ、国事行為を廃止する方向での議論は至極当然の方向性です。

 皇室の著しい変質も、もしくは、現在の’皇室’そのものへの疑問も看過できないレベルに達しています。ネット上では、カルト教団である創価学会との密接な関係は、公然に等しいことの他にも、皇室の隠し財産、犯罪を含む不良行為、明治維新の際の乗っ取り説、傀儡説、外国人説、すり替え説、ダミー説、肖像写真の相違からの複数存在説…など、皇室をめぐる様々なマイナス情報で溢れています。何れもがフェークニューズとは言い難い高い信憑性があり、国民の多くも皇室に対して不信感を懐いています。

 真偽不明の情報のみならず、事実としても二代続けての民間出身妃ですので、国民との間に皇統の濃さの違いは薄らいでいます(東宮家のように姻族が北朝鮮出身者となれば、致命的なマイナス要因となる…)。しかも、地位に相応しい品位や祭祀に付随すべき神聖性さえ自ら破壊していますので、将来においては、皇室に対する国民の崇敬の念はさらに薄らいでゆくことでしょう。皇族減少への対処の根拠として、様々な行事への出席への対応等が挙げられていますが、皇族が臨席しても、国民の誰もが”怖れ多くあり難い”とは思わず、むしろ’不快である’、もしくは、’鬱陶しい’と感じるようではその意義も消滅します。こうした状態では、到底、統合の象徴ともなり得ないのです。

 天皇を中心とした国家体制は、西欧の立憲君主制をモデルに明治以降に登場したものであり、長きに亘る日本の歴史に鑑みれば、外的な体制でもあります。そして何よりも、世襲の君主制は過去のものとなり、民主主義的制度の下で、国家を安定的に運営できる時代を迎えています。こうした時代の変化を考えれば、国制に関する議論こそ、皇族減少問題に先んじて議論すべきと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユダヤ教に従えば北朝鮮問題... | トップ | 米軍による対北空爆を中国が... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-04-24 13:18:47
皇位継承権を持つ方の現象が問題なのはその通り。ただし、その範囲を新たに広げるべきでなく、既存の伝統の中で対処すべき。すなわち、終戦後廃止された旧宮家の皇族復帰である。旧宮家の廃止の際には、「世の中の変化によって皇籍を離れようとも、先々の世の中の変化でどうなるかも分からぬのだから、謹んで生活するように」と、当時の昭和天皇だか侍従長だかに言われてお別れしたそうではないか。それには意味があったわけだ。
もうひとつは、皇族も一般人も、一夫多妻制を認めると良い。一般人でも甲斐性のある者が、第2夫人、第3夫人を持ち、子供が増えれば、少子高齢化などは一時の杞憂だったと言う事になるしね。 (これは、TVで香川照之さんを見る度に、思い出します。笑)
北極熊さま (kuranishi masako)
2017-04-24 13:36:16
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 私といたしましては、将来の日本国の国家像の議論なくして、皇位継承問題を取り沙汰してもあまり意味がないように思えるのです。”天皇とは何か”が定まらないままに皇族ばかりを増やしても、国民の多くは納得しないでしょうし、政治的リスクさえあるからです。女性宮家の創設よりは、旧宮家の復活の方がリスクは低いのでしょうが、やはり、ここは、国制の観点からの国民的な議論を要するのではないでしょうか。
 なお、一夫多妻制は、女性や子の立場からしますと、悲しい制度となるかもしれません…。女性は、常に他の”妻たち”のライバル心に苛まされ、子供は、両親揃った温かい家庭を知らずして育つのですから。また、富裕な男性しか妻を持つことができず、かつ、DNAの均質化という問題も生じます。人類の幸せを考えますと、一夫多妻制の復活には賛成しかねるのです…。
 
Unknown (竹槍)
2017-04-25 15:09:41
先生、NHKが象徴天皇についての意見を募集しています。私は既に投稿しました。先生も是非!

リンクを貼りますね。
http://www.nhk.or.jp/special/taii/
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-04-25 17:37:22
 NHKによる意見募集についてお知らせくださいまして、ありがとうございました。私も、試みてみようと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。