万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

北朝鮮の厚かましい特権願望-核兵器は保有したいがNPT体制は維持したい

2017-09-27 15:02:50 | 国際政治
「北朝鮮にとって壊滅的」=軍事的選択肢で警告―米大統領
 北朝鮮の核開発問題は、NPT体制の行方と密接不可分に結びついています。アメリカでも、北朝鮮の核保有を認めた場合の日本国や韓国の核武装が議論されていますし、北朝鮮の擁護者である中国が恐れるシナリオも、日本国の核武装であるとの指摘もあります。誰もが、北朝鮮の核保有が承認されれば、当然に、他の諸国も核武装に走ると予測するからです。

 ところが、北朝鮮だけは、違ったシナリオを描いています。それは、アメリカを含む国際社会が北朝鮮を責任ある?核保有国の一員として公式に認め、北朝鮮もまた、NPT等の国際法上の責務を引き受けるというものらしいのです。北朝鮮は、”NPTを崩壊させて、全ての国が核を保有すればよい”とは決して主張しないのです。NPTに違反して核保有の既成事実化を図りながら、いざ核開発に成功すれば、今度はNPT上の核保有という安保理常任理事国と並ぶ特権的な地位を要求するのですから、その常識を逸した厚かましさには驚かされます。中国やロシアといった核保有国さえNPT上の責務を果たしていない状況にあって、北朝鮮が核保有国としての義務を誠実に果たすとは思えません。

 こうした傲慢不遜な態度は、“might is right”、即ち、核保有=他国に優位する特別な地位、という発想しか金正恩委員長の頭にはないからなのでしょう。この特権を得んがために、国民生活を犠牲にし、国際社会を騙し、国際法を破ってまで核開発を国家の最重要目標に据えたと推測されるのです。核を保有し、特権国グループに仲間入りすれば、他の非核保有国を見下す高みに登れる、と…。北朝鮮にとりましては、核保有こそ、“逆転劇”の切り札のはずだったのです。

 しかしながら、この野望も、自らの核保有によってNPT体制が崩壊してしまえば、絵に描いた餅に過ぎなくなります。もはや核保有は特権ではなくなり、非核保有国に対する核による脅迫や恐喝も通用しなくなるからです。また、将来に亘って、NPT体制を崩壊させた張本人の犯罪国家としてのレッテルが付きまとうことでしょう。つまり、現実には、核を保有したところで得るものは少なく、北朝鮮は、その傲慢な自己中心的思想である主体思想が祟って、自国の核保有が世界にもたらす結果を読み違えたのです。北朝鮮は、”核兵器は所有したいが、NPT体制は維持したい”という虫の良い要求は、最早あり得ないことを理解すべきなのではないでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公明党の山口内閣誕生こそ真... | トップ | 強引なる二大政党制への“日本... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-09-28 11:02:41
そうすると次のステップとして、北朝鮮は、国連安全保障理事会の常任理事国になりたいと主張するでしょうね。 安保理の採決で拒否権を持ちたいとも。 
北極熊さま (kuranishi masako)
2017-09-28 11:31:27
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 仮に、近い将来、北朝鮮がICBMの開発に成功し、ミサイルに水爆も搭載できるようになりますと、安保理の常任理事国入りを要求し、全世界に向って脅迫する、ということもあり得るのではないかと思います。こうした事態を未然に防ぐためには、あらゆる手段を用い、北朝鮮の核・ミサイル放棄を急がなければならないのではないでしょうか。
Unknown (オカブ)
2017-09-28 16:54:45
倉西先生
いつもご指導ありがとうございます。
今回の北朝鮮核・ミサイル危機は「国連政治」の脆弱性を露呈する結果となりました。
そもそも既成事実を作ってしまえば、崩壊することが明らかなNPT体制を、なんら有効な対策を持たず、かつ維持していこうという意図自体が、意味のない行動だと思います。
それを是正するためには、NPT体制を維持するために、核拡散を防止するための強制力を「国連軍」に持たせる以外方策がないと思います。
今回の北朝鮮危機は当然、その条件に抵触するわけですから、自動的に国連による強制力による排除を受けるわけです。
乱暴なことを私が申し上げているように見えますが、核・ミサイル技術が現在の科学水準において急速にハードルが低くなっている今、このような対抗策を取らないと、核の拡散も防止できないし、北朝鮮のように露骨に核を梃に脅迫を行って世界政治を動かそうという国を制肘することもできない、ひいては世界を悲惨な全面戦争から救い出すこともできないという悲劇に直面することになると思います。
既成事実を作られて、それを追認し、その結果、脅迫を受けるというのは、全く笑話としか思えないのですが、現実の国際社会では我々が目の当たりにしていることです。
北朝鮮の、核・ミサイルの完全放棄を検証可能な形で実現しない限り、国際社会は軍事オプションの行使も含め、手綱を緩めることのないようにしなければならないと思います。
オカブさま (kuranishi masako)
2017-09-28 19:23:22
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 NPT体制とは、まさに北朝鮮のような予測不可能な暴力主義国家に核を保有・使用させないことを目的として成立しました。ところが、現実は、最も危険な国に核が拡散したのですから、これ程、皮肉な結果はないのではないかと思います。もとより、NPTには、違反国に対する制裁条項もなく、国連の仕組みと同様に、欠陥条約との指摘を受けてきましたが、狡猾な北朝鮮は、同体制の弱点を衝いたとも言えます。国際社会は、NPTの欠陥を見据えた上で北朝鮮問題に対応すべきであり(核禁止条約よりもNPTの改正が先では…)、災禍を未然に防ぐためにも、北朝鮮に対して決して核保有という特権を与えてはならないと考えております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事