万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

皇室支持の”善悪倒錯現象”ー辻本議員の”転向”の意味

2017-06-10 15:41:27 | 日本政治
陛下、18年末にも退位=光格天皇以来200年ぶり―新元号、準備本格化
 日本国のマスメディアは、昨日の天皇退位特例法の成立に関しては、何故か祝賀ムード一色に染まっております。”象徴天皇”の継続を言祝ぐ言説が目立ちますが、かつて痛烈に”天皇制”を批判した民進党の辻本清美議員も、今般の法案を機に”転向”を表明しております。

 辻本議員は、昭和の時代に出版した書籍において、天皇や皇室に対して”生理的にいや”とか、「人生訓とか道徳を押し付けたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」として”悪の根源”とまで言い放っていました。しかしながら、昨今、同議員は、過去の見解を取消し、皇室支持の立場へと転じたのです。その理由としては、憲法尊重擁護義務や過去の考え方の一面性が挙げられております。

 憲法尊重擁護義務については、憲法第99条が改憲、即ち、国制改革の議論まで封じているとは考えられず、おそらく、第9条を含む護憲の立場と関連しているのでしょう。現皇室と護憲派とは、現体制の固定化という面において共闘関係にあるのかもしれません。そして、もう一つの理由である”一面性”については、その具体的な内容は詳しく報じられておらず、様々な憶測が飛び交っております。

 メディア等における好意的な解釈は、現皇室が国民から崇敬されており、国民多数の支持の下で”象徴天皇制”が根付いているから、というものです。しかしながら、別の理由があるようにも思えます。何故ならば、辻本議員は、近年、東宮家と親交を深めているとする情報があるからです。この情報の真偽は不明ですが、同議員の転向には東宮家との面会や交流があったことは想像に難くありません。そして、東宮家にまつわるマイナス情報を思い起こしますと、同議員の”転向”の理由がより明確に見えてくるように思えるのです。東宮家の姻戚である小和田家の出自は同議員と同様に北朝鮮系とする説がある事に加えて、小和田氏には、公金横領やスイスでの軟禁等、犯罪の影が常に付き纏っています。東宮家自身も、ヤフーオークション事件等を起こしたり、愛子さん替え玉疑惑が浮上するなど、必ずしも清廉潔白ではないのです。

 特例法の成立により、3年以内には東宮が天皇位に登極することとなりますが、ここで上述した「人生訓とか道徳を押し付けたがる…」という辻本議員の言葉が意味を持ってきます。即ち、天皇が国民の模範でもなく、不道徳で不品行な存在ならば、同議員には反対理由がなくなるのです。人生訓や道徳を”悪の根源”と断じる辻本議員の道徳観は善悪が倒錯しておりますが、来るべき”次期天皇”も同議員と同様に善悪が倒錯しているかもしれないのです。

 現皇室が犯罪に手を染め、腐敗しているとしますと、かつて辻本議員が天皇を批判した理由とは全く逆の立場において皇室に対して批判を行うのは、今度は良識と理性を備えた国民となりましょう。”悪”を崇敬することは、精神的な苦痛でしかないのですから。そして、仮に、天皇批判を行う健全な善悪の判断能力を備えた良心的な国民が、辻本氏のような輩から”逆賊”と呼ばれるようになるのならば、日本国の将来を憂いざるを得ないのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇元首化は日本国の危機 | トップ | 二階幹事長の撲滅願望の本音... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑えます! (Tae)
2017-06-10 18:43:37
倉西先生、いつも更新有り難うございます❗
民進党の辻本ですが、この方は、日本国民の大半から嫌われている国賊です!
与党の批判ばかりで終わり、当のご自身は、義援金搾取、森友別事件等、疑惑だらけの野党議員です。この件に関しては、マスコミはみごとにスルーです。分かりやすいですよね。とにかく、国賊にとっては、今の内定皇族は最高に都合がいいのでしょう!敬う気持ちなど微塵もないと思います。情けない限りです。
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-10 21:20:07
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。

 マスメディアとしては、かの辻本議員でさえ皇室支持に転じた(ので、一般の国民ならなおさらのこと…)という論調に持ってゆきたいのでしょうが、実際には、逆効果となるかもしれません反日活動家として知られる民進党の辻本議員が支持するとなりますと、いよいよ皇室を怪しむ国民が増えるのではないでしょうか。。
人は変わるものだ (Unknown)
2017-06-11 04:04:36
辻元さんが転向したと言うけど、30年も経てば変わるのが筋。人が考えるなら。
あなたも、ほんの10年足らず前は新自由主義者だった。今は、反新自由主義者、反グローバリストになっているけど。
辻元さんより志位さんのほうが朝敵征伐には重要だった。今では、朝敵ではない。だから共産党の連立政権はありうる。共産党などの左翼を天皇は調略したのだ。そのうち産経に巣くう新たな朝敵も調略されるだろう。あなたも、そのうち変わる。10年経たないうちに。新自由主義者であるのも10年もたなかったのだから。
大勢の日本人は気づいています! (Tae)
2017-06-11 06:49:12
倉西先生、返信を戴きありがとうございます!
倉西様が述べられるとおり民進党は、墓穴を掘ってます。マスコミも、皇室も、もう破れかぶれ状態なのではないでしょうか?
最近、辻元氏が「皇族とは、同じ息を吸うのも嫌だ」発言が取り上げられています。お互いに自爆してくれることを望んでいます!
大勢の日本人は気づいています! (Tae)
2017-06-11 06:57:38
倉西先生、返信を戴きありがとうございます!
倉西様が述べられるとおり民進党は、墓穴を掘ってます。マスコミも、皇室も、もう破れかぶれ状態なのではないでしょうか?
最近、辻元氏が「皇族とは、同じ息を吸うのも嫌だ」発言が取り上げられています。お互いに自爆してくれることを望んでいます!
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-11 09:12:04
 こちらこそ、ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 民進党の天皇、及び、皇室に関する主張を聞いておりますと、既に論理破綻しているように思えます。辻本議員と皇室との接近は、末期的症状としか言いようがありません。国民の多くも、皇室問題に呆れ、危機感を感じているのではないでしょうか。
Unknownさま (kuranishi masako)
2017-06-11 09:23:12
 私は、”新自由主義者”であったことはありません。ハイエクを支持したのも、そのルール志向の立場にあり、今日のような”レッセ・フェール型”の新自由主義とは別物です。私の主たる関心は、国民国家体系と自由経済との調和にあり、弱肉強食のジェラシック・エコノミー化に対して反対しているのです。
Unknown (Unknown)
2017-06-11 12:32:23
kuranishiさま

お世話になります。
サリカ法典そして百年戦争について、ご教授有難うございました。

ところで、日本共産党綱領からは、連立政権はあり得ないように思えます。
Unknownさまの「共産党などの左翼を天皇は調略した」ではなく、個人的には、現皇室が、売国反日勢力の調略により左翼的思想に変わっていったと感じています。

ジェラシック・エコノミ-化・弱肉強食は、支配するには都合が良いですね。
一神教や原理主義は、脳を支配して暴徒や熱狂を生み出してきたと思います。
これを打ち破れるのは日本人の精神性・日本人の祈りとも思います。
それは、グローバル化でも一極集中でも妥協でもなく、各々の主体性への尊重のもとでの大きな統合・調和と思います。
Unknown (小梅)
2017-06-11 13:46:12
2017-06-11 12:32:23
の投稿は小梅です。すみません。
小梅さま (kuranishi masako)
2017-06-11 13:57:14
 こちらこそ、ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 私も、小梅さまと同様に感じております。現皇室は、左傾化したことにより、反天皇制を唱える人々を懐柔したようとしたのかもしれませんが、現実には、保守層、否、一般国民の離反を招いたように思えます。また、皇族の立場を利用して、むしろ、積極的に伝統の内部破壊を試みたようにも見えます。

 今日、皇室問題が表出しておりますが、この問題に限らず、全ての宗教や宗派についても、人類は、検証を加え、見直すべき時が来ているのかもしれません。人類が目指すべきは、”スラム社会”でも、”家畜化”でもなく、個人のみならず、固有の国家や国民をも尊重される調和的な世界のように思えます。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。