万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

秋篠宮“眞子さん”の驚愕婚約会見-深刻な太陽と月の関係の逆転劇

2017-09-05 14:47:41 | 日本政治
【眞子さまご婚約】経済効果1000億円?、結婚数2万組増予測
 今月3日、九州北部で発生した水害のため延期されていた秋篠宮“眞子さん”と小室圭氏との婚約会見が開かれ、両家の縁組は正式に内定したようです。“眞子さん”が一般の私人であれば祝福すべき慶事なのでしょうが、将来、皇籍を離脱するとはいえ、現時点では法的には公人であるために、マスメディア等の祝福一辺倒の報道ぶりには疑問を感じざるを得ません。

 とりわけ、同会見で驚かされたのは、両人がそれぞれを太陽と月に喩えあった件です。日本国の伝統によりますと、皇祖神は太陽神である女神、天照大神ですので、国民の多くは、仮にも太陽と月の関係に喩えるならば、当然に、皇族の側が太陽であると考えるはずです。ところが、同会見では、両人は、“眞子さん”が小室氏を太陽に喩えて褒め称え、小室氏もこの発言を受けて“眞子さん”を月として応えているのです。

同会見は即興であるはずもなく、ましてや、太陽と月の構図が最初から設定されていなければ、太陽と月が一対を成すはずもありません。練りに練られた原稿を両人が丸暗記し、会見中の仕草まで専門家から指導を受け、会見に臨んだものと推測されるのです。どこか不自然さを感じさせたのは、それが準備され、演出された“皇室劇”であったからなのでしょう。また、同婚姻について、殊更に、関係者たちが“本人の意思の尊重”を強調したのも、組織性を隠すための煙幕であるのかもしれませんし、「眞子本人の意思によって選ばれたのであるから、国民は文句を言ってはいけない」という小室氏の開き直りであるのかもしれません。

 いずれにいたしましても、この婚約会見は、何らかの組織によって、太陽と月の立場の逆転を国民に向けて宣言するために設けられたとしか言いようがないのです。そしてさらに疑問となるのは、小室氏が象徴する“太陽”とは、一体、何なのか、ということです。両人の説明によりますと、全く偶然に海外留学の説明会であったとされておりますが、それは、事実なのでしょうか。小室氏については、徹底した箝口令と情報統制が敷かれており、ネット上では、父と祖父の自殺、母親のカルト系新興宗教団体への入信と奇行、そして、在日韓国・朝鮮人の家系ではないか、とする疑惑が渦巻いております。太陽の擬人化と言えば、まずは北朝鮮や創価学会等のパーソナル・カルトが思い浮かびます。

婚約会見にあっても、小室氏の出自に関する具体的な情報が皆無であったため、今一つ祝賀ムードに欠けるのも、小室氏の出自不明の怪しさ以上に、その組織の不気味さにあるのではないでしょうか(国民に隠さなければならない組織なのでは…)。言い換えますと、確かな情報が乏しい中、両人が、敢えて太陽と月に言及したことこそ、抽象的ではありながら、同婚姻における組織的背景を推測し得る根拠を残したとも言えます。

 ‘皇族’の出自不明問題と姻族による‘皇室’乗っ取りという悪しき前例は、既に東宮家と小和田家との縁組が示しております。小室氏と小和田氏が、同じ組織に属しておりましたならば、事態はさらに深刻です。

小室氏に関する情報隠蔽に対しても、個人情報であるから詮索すべきではない、とする意見も聞かれます。しかしながら、仮に同婚姻が個人レベルの問題であるならば、宮内庁が敢えて会見を開く必要もなかったはずです。婚約会見とは、国民に対して新たな‘皇族の縁者’をお披露目する場であるのですから、小室氏が何処の何者であるのか、について個人情報を含め、包み隠さずに誠実に国民に知らせるべきではなかったかと思うのです。にも拘らず、宮内庁は、天皇の正統性をも支える神道の伝統に反し、太陽と月の関係を逆転させる問答を敢えて準備したとしますと、宮内庁までもが、小室氏を陰で支える何らかの組織に乗っ取られている可能性が高くなります。果たして、Let it beの先には、何が待ち受けているのでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罪深い北朝鮮とその支援勢力... | トップ | 第二次世界大戦の反省なきメ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (竹槍)
2017-09-05 15:46:17
眞子内親王は自由恋愛だと信じているけれど、実は組織から送り込まれた美人局の可能性ですよね。今上と皇太子もそうでしたから。
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-09-05 19:05:56
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 マスコミに対する徹底した情報統制ぶりを見ますと、東宮の婚姻にもまして、組織が動いている気配がいたします。一般人であれば、親族、同級生、会社の同期、近所の人々、知人などが次から次へと登場するでしょうし、情報を遮断することも不可能です。今般の異常な状況に鑑みますと、組織によって、相当周到に仕組まれているように思えます。国民の多くも、既に気が付いているのではないでしょうか。
Unknown (宮内庁皇室浄化大作戦)
2017-09-05 21:33:53
眞子さま婚約会見を急ぐのは、在日カルト創価学会の小和田恒のスイス軟禁の恩赦を急ぐ為に、企てられたのではないですか。

宮内庁皇室は、在日カルト創価学会に乗っ取られているのではないでしょうか。

在日カルト創価学会を一日も早く共謀罪で立件して日本を浄化しなければ、破滅の未来が待っています。
Unknown (宮内庁皇室浄化大作戦さま)
2017-09-05 21:46:03
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 小和田恒氏のスイス軟禁は、相当に信憑性の高い情報のようです。もっとも、恩赦ともなりますと、官報等で公表されますので、小和田氏が犯罪者であったことが日本国民にも知れ渡ることになりましょう(また、日本国の刑法ではなく、スイスの国内法でj軟禁されている可能性も…)。もしかしますと、小和田氏の一件で東宮即位がお流れとなったとしても、創価学会、あるいは、そのバックの影響が維持できるよう、小室氏をスペアとして秋篠宮家にお送り込んだのかもしれません。何れにしたいしましても、”愛子さん”が複数存在することも確定的ですので、皇室問題については、正面から議論すべき時期に至っていると考えております。
Unknown (オカブ)
2017-09-06 00:00:12
倉西先生
私は、今上の代で皇室の役割は終わるのではないかと考えております。
恐縮なことですが、拙文のリンクを貼っておきます。
ご参考までに、お時間のある時、お読みください。

http://blog.goo.ne.jp/sarastro1957/preview?eid=02e69ec3fc52e4a0c0f6503e5a70aa92&&t=126211234759aebb0d3ccd5?0.8803737887048308
Unknown (アスカ)
2017-09-06 00:15:40
七変化様のブログから知りこちらへ飛んで来ました。
美智子様複数説とか愛子様偽物説とかに
気を取られているうちに、皇室を思う国民の希望と思われていた秋篠宮一家がレンタル家族となっていたという惨状です。
科学の進歩によって顔認証、声紋認証、DNA 鑑定などができるとしても、使わせない力が働いていれば偽物が大手をふって出て来れます。
ユダヤが日本の皇室を狙う理由、というブログを読んだ事がありますが、それを裏返せば、日本人が思っている以上に日本の皇室は特別な存在なのですね。
オカブさま (kuranishi masako)
2017-09-06 08:09:54
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 ご紹介いただきましたブログ記事、拝読いたしました。私も、皇室がここまで腐敗・堕落いたしましたからには、日本国の国制改革の文脈、即ち、憲法改正問題として論じてゆくべきと考えております。私案といたしましては、国家統合の象徴は三種の神器にする、天皇位は国家祭祀を司る公職とする、現皇室は廃止する…とした上で、統治制度としましては、準立憲君主制から立憲共和制に変える方向での改革を提案しております。おそらく、今般の問題の原因は、さらに歴史を遡る必要があるかと思いますが、少なくとも、日本国は、より洗練され、国民と共にある善き国家へと発展すべきと考えております。なお、統治機構につきましては、常に政府が優位となるのではなく、政策分野ごとに主となる機関を変えるのも一案ではないかと思います。
アスカさま (kuranishi masako)
2017-09-06 08:16:43
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 皇室からの圧力によって顔認証、声紋認証、DNA鑑定が妨害されるとしますと、これは、偽物説を裏付ける決定的な証拠となりましょう。仮に、本物であれば、こうした妨害行為を行う必要がないからです。つまり、国民が、皇族が偽物であることを明白に知ることとなるのです。なお、日本国の皇室は、既に血統が断絶している、あるいは、薄まっておりますので、ユダヤ人が恐れるほど皇統が特別であるとしますと、広く浅くではあれ、皇統を継承している日本国民ということになりましょう(むしろ、現皇室の方が皇統が希薄なのでは…)。何れにいたしましても、現皇室は、公表できない秘密を有するが上に、国際的にも脅迫を受ける原因ともなっておりますので、早急の対策が必要ではないかと思います。
Unknown (竹槍)
2017-09-06 10:09:38
オカブ氏のリンク先が見れませんでした。gooIDがないと見れない記事ですか?

私は愛子&美智子の偽者説は信憑性が高いと考えていますが、徳仁&秋篠宮家の偽者説に関しては半信半疑です。

秋篠宮家男子の冷遇振りから文仁親王は美智子の実子ではない、もしくは美智子・今上どちらの実子でもない純然たる養子の可能性を疑っております。それでも皇統に連なる血統ではありましょうが。もしもそうなら、皇室典範においては非嫡出子かつ養子の者は皇族と認められないので、文仁親王は偽皇族となり詐欺罪が適用されてしまいます。
現皇室の将来は暗い (あずみ渚)
2017-09-06 10:26:36
おはようございます 正体不明の
底辺男と婚約内定会見をした眞子さん
太陽と月とか宝塚かと思うような台詞を吐き、アツアツぶりを見せつけられ白けた国民も多いと思います

内廷皇族はダメでも秋篠宮だけは希望の星だと思っていた保守層も随分失望した事でしょう
国民全体で一気に皇室離れが進むきっかけになったかもしれません

婚約内定会見に北朝鮮が祝砲替わりに核実験をやりました 
キム小室とその親族はもちろんの事、先生の指摘する「組織」が元内親王にぶら下がり利用するのは明白です 無防備な皇族や眞子さんはそれらの意図も気が付かないでしょね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。