万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

「08憲章」は劉暁波氏の中国国民への遺言か-生き続ける理念

2017-07-14 17:09:00 | アジア
【劉暁波氏死去】世界が追悼、中国対応への批判も 「中国と世界の人権運動、英雄を失った」
 天安門事件後の当局による厳しい弾圧化にあって、なおも中国国内に留まり、祖国の民主化に努めた劉暁波氏。危篤状態が報じられる中、回復の願いもむなしく、7月13日に身罷られました。民主化・自由化のために闘いつづけた劉暁波の御霊に、心より哀悼の意を捧げたいと思います。

 天安門事件から28年の歳月が流れた今日、中国国内では、劉暁波氏の名前さえ知らない若者も多いと聞きます。劉氏の名を知る者でも口をつぐむみ、尋ねられても多くを語らないのです。この現象は、中国当局による弾圧の徹底ぶりを示しており、劉氏の病状や死についても国内では一切報じられることはなく、海外放送もブラックアウトされたそうです。中国としては、劉氏の生きた痕跡さえ完全にこの世から消し去りたいのでしょう。

 古今東西を問わず、革命や政権打倒を訴えたリーダー達は、その中心人物の死を以って潰されてしまう場合が少なくありません。劉氏の死について暗殺説が信憑性を持つのも、ノーベル平和賞を受賞した劉氏が民主化運動の象徴的な存在であったからに他なりません。それでは、中国の民主主義と自由は、劉氏と共に当局によって棺に納められ、墓場に葬られてしまったのでしょうか。二度と蘇らないように封印されて。

 劉氏が、純粋な活動家型リーダーであったならば、牽引者が失われるのですから、その死は、民主化運動に決定的な打撃を与えたことでしょう。しかしながら、劉氏は、理論家でもあり、文筆家でもありました。そして、その成果は、中国の体制移行の道標ともなる「08憲章(零八憲章)」として結実しているのです。インターネットが発展した今日、同憲章は世界各国において翻訳され、誰もが読むことができます。厳格な情報統制下にあるとはいえ、中国国民も、海外経由であれ、何れかの方法で接することはできるはずです。

 「08憲章」こそ、劉暁波氏の中国国民への遺言であり、死してなおもその理念は中国国民に語りかけ、生き続けてゆくのではないかと思うのです。中国に民主主義と自由が訪れるその日まで。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソフトバンクの飽くなき支配... | トップ | 蓮舫代表の国籍証明は差別で... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
劉氏の死は無駄にはなりません! (Tae)
2017-07-15 00:31:38
倉西先生、更新有り難うございます。
いつも感謝しております!
私は、天安門事件の事は心に焼き付いておりますが、劉氏の存在は全く知りませんでした。中共には、関心が無いし、学びたいと思ったこともありませんでした。
しかし、この度の、劉氏の死によって考えさせられることが多々あります。
08憲章
中国共産党の一党独裁の終結、三権分立、民主化推進、人権状況の改善などを求めた宣言文。
この宣言文の何処が問題なのでしょうか?投獄されなければならないほどのものなのでしょうか?
私は、日本人に生まれたことに感謝しています。まあ、日本にもいろいろ問題は有りますけど!
劉氏の、対応に対して各国から批判が相次いでいるようです!
劉氏の、ガン治療を日本で行わせて戴きたい、と日本の病院から申し出があったそうですが、内政干渉、と中国から断られたそうですね!
劉氏の、死をきっかけに世界中が、中国に目を向けて戴きたいです。
劉氏の死は、決して無駄にはなっていません。
ガンの苦しみから解放されて、ゆっくり
眠って戴きたいです。お疲れ様でした!
Taeさま (kuranishi masako)
2017-07-15 06:56:58
 コメントをいただきmして、ありがとうございました。

 中国では、想像を絶するような極悪人が出現する一方で、真に国民を思う清廉潔白なる正義の志士も現れます。弾圧に抗して闘い続けた劉氏こそ、中国が誇りとすべき人です。近い将来、中国が民主化された暁には、その功績は、中国の歴史において永遠に語り継がれてゆくことでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。