万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

AIIB債の“格上げ”か?ムーディーズの“格下げ”か?

2017-06-30 17:18:37 | 国際政治
AIIBは、その不透明な運営と信用性の欠如から、これまで、何れの格付け会社からも格付けを得ることができず、AIIB債が発行できない状態が続いていました。ところが、今般、突然に、米大手のムーディーズが最高ランクの“トリプルA”に格付けしたことから、ようやくAIIBも外部資金の調達に漕ぎ着けたとの観測も流れています。しかしながら、同社の最上位格付け付与については、既に疑問の声が上がっています。

 第1の疑問点は、既に新聞紙上などで指摘されているように、中国関連の債権に対するムーディーズの矛盾した評価です。今年5月に、同社は、中国国債の評価を格下げしており、この評価に基づけば、中国が最大の出資国であるAIIB債の評価もまた、中国国債と同レベルとなるはずです。

 第2に、ムーディーズは、ポリティカル・リスクを全く評価に加算していない点です。AIIBは、加盟国の数こそアジア開発銀行を上回り、ユーラシア大陸をも越えた大所帯を形成していますが、それ故に、深刻な対立を抱える諸国も抱え込んでいます。当の中国は、南シナ海のみならず、カシミール問題をめぐりインドとの関係も悪化しており、AIIBにおける中国のパキスタンへの肩入れを考慮すれば、AIIB内部において加盟国間対立が表面化するシナリオも想定されます。インフラ関連事業は、“政治案件”が多いのですから、インフラ関連債については、ポリティカル・リスクを無視した評価は信頼性に乏しいと言わざるを得ません。

 第3に、アジアにおけるインフラ需要が巨額な資金を要することは確かなことですが、加盟国の返済能力には限界があることです。AIIBの設立は、世界銀行やアジア開発銀行に加えて、もう一つ、資金調達先が増えたわけですから、インフラ整備に取り組む諸国にとりましては朗報であったかもしれません。しかしながら、低利での融資とはいえ、インフラ事業には巨額の資金を要しますので、焦げ付かないとは限りません。さしもの中国も、最近では外貨流出に規制をかけており、AIIB債の“紙屑化”リスクが低いとは到底思えません。

 第4の疑問点は、AIIB債の発行通貨がはっきりしない点です。人民元建てであれば、中国国内で起債すればよいわけであり、敢えてムーディーズに評価を依頼したとしますと、米ドル建てが中心となるのでしょう。仮に、米ドル、あるいは、ユーロや円などの他の外貨での起債となれば、外貨建てで融資を受けた国の返済リスクはさらに高まります。それとも、起債は外貨、融資は人民元、返済は外貨といった“からくり”で、中国は、AIIBを外貨獲得の手段としようとしているのでしょうか。

 第5として挙げられる点は、賄賂が横行する中国の政治体質です。誰もが首を傾げるようなムーディーズの判断の裏には、習主席の面子にかけてAIIBを成功に導くために、巨額の“チャイナ・マネー”が動いたのではないか、とする疑いを人々に起こさせることでしょう。

 昨年、IMFが人民元をSDRのバスケット構成通貨に決定した際には、その判断に対する疑義が呈されつつも見切り発車しています。結局は、この時の約束は反故にされ、中国政府による人民元国際化のための措置は遅々として進んでいません。AIIB債に対する懸念が現実化すれば、ムーディーズは、自らの信頼性に傷をつける結果となり、格付け機関としての“格付け”を下げてしまうのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪市ヘイトスピーチ実名公... | トップ | “慰安婦”総領事発言-事実は... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-07-03 10:27:54
AIIBの今のところのバランスシートは、中国および各国からの出資による資本金があり、借り入れはほぼ無く(まだ必要ないから)、資産のほうは資本金の一割未満の貸付(しかもADBが審査した案件への協調融資が中心)があるだけで、9割がたは現金なんですよね。 だから、当面発行する債券の格付けは、Aaaと言うのも有りといえばあり、ただし、国際金融機関(世界銀行やADB)というものは、払込済み資本金の20倍の債券を発行してもそれがAaa格付けを付けられるというようなものであり、AIIBをそれらと比べるのは全く無理な段階ですね。
北極熊さま (kuranishi masako)
2017-07-03 13:06:29
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 
 AIIBとは、その最大の目的は、一帯一路構想を財政面から支えることにありますので、中国による”華夷秩序復活構想”の一環として設立されたといったも過言ではないように思えます。となりますと、経済的な側面よりも、政治的な思惑が優先されますので、たとえ、現時点において資産面でリスクが低いとしても、採算性を無視した融資が行われる可能性は極めて高いのではないかと思います。昨今、中国は、劉暁波氏や香港に対する態度にも見られますのように、強権国家の様相を強めておりますので、ムーディーズが、早々にAIIB債の評価を下げる展開も予測されます。
Unknown (北極熊)
2017-07-04 16:30:33
ムーディズ等の格付け機関が付与する格付けの定義は、あくまでも当該格付対象の債務が返済される可能性の高さについて彼らがどう考えるかというだけです。 それ以上でも、それ以下でもありません。  不良債権が増えて自己資本比率が下がりつつあるときに、IBRDやADBでは、加盟国に追加出資を求める事となっており加盟国はそれに応じる義務があります。だから、AAAなんですが、AIIBの場合はどこまでそういう仕組みになっているのか、怪しいと思います。 
北極熊さま (kuranishi masako)
2017-07-04 17:36:47
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 ムーディーズが、ポリティカル・リスクを排除した格付けを行っているとしますと、投資家にとりましては、”信用できない”ということにもなるのではないかと思います。ムーディーズは、評価方法を変える必要があるかもしれません…。また、AIIBの場合、融資に”焦げ付き”が発生した場合、各国出資の自己資本から取り崩すよりも、AIIB債の償還不履行等を選択する可能性もないわけではないように思えます(人民元での償還?)。となりますと、やはり、トリプルAは、やはり危険なように思えるのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。