万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

”眞子さま婚約”は女性宮家創設にはマイナスでは?

2017-05-17 14:15:26 | 日本政治
政権に驚き広がる=「女性宮家」再燃も―眞子さま婚約へ
 昨日、突然の”秋篠宮眞子さま婚約”の報道に、驚いた国民も多かったのではないかと思います。結婚とは人生の節目ともなるお祝いごとですので、まずは、お目出度い慶事ということになりましょう。しかしながら、この婚約が、公人である皇族の結婚であり、かつ、女性宮家創設問題とリンケージしているとなりますと、ここは慎重に考えなければならないのかもしれません。

 マスメディアの報道ぶりを見ますとお祝いムード一色ですが、ネット上の反応を見ますと、どこかもろ手を挙げて祝福できない雰囲気が漂っています。おそらく、その理由は、婚約者として紹介された小室圭氏に関する情報がほとんど皆無に近いからではないかと推測します。分かっているのは、生年月日、インターナショナルスクール出身を含めた学歴、職歴、”湘南江の島海の王子”を務めた経歴、語学力などであり、その他の情報は、身長も含めて、ネット上で検索しても全く入手できない状態です。父親は既に故人とはいえ、一緒に生活している祖父はおろか、両親の氏名さえ明らかにされていないですから異常事態ともいます。

 ネット上では、趣味がバイオリン、学費が高いインターナショナルスクール出身、かつ、宮内庁も認めた点を理由に、富裕な名家の出ではないかとの憶測もあります。しかしながら、インターナショナルスクール出身では、日本人であるかさえも分かりませんし、宮内庁による家柄調査も小和田家の際に妨害を受けています。否、小和田家は北朝鮮系とされながら皇室に入内できたのですから、宮内庁の調査は、あって無きが如くです。また、もっとも有名な明治天皇すり替え説が”大室天皇説”であることを思い起こしますと、小室という姓にどこか胸騒ぎがします。皇太子夫妻に対する不人気や皇室廃止論も、主として詐術的な情報隠蔽や出自不明問題に起因しているのですが、今般の小室氏の情報統制も、黒田氏のケースと比較しても徹底しているのです。

 また、出自の問題のみならず、組織的背景の有無の問題もあります。小和田家のケースでは、創価学会が入内を組織ぐるみで支援したとされており、正田家のケースでさえ、”自由恋愛”とされつつも、旧GHQが背後で動いていたとされます。プロポーズは小室氏側からとのことですが、女性宮家創設を見越したアプローチであるとしますと、今般の婚約にも組織的な背景が疑われます。小室氏の将来の夢が、”外交に携わる”であったことも気になるところです。”自由恋愛”の絶対視は、過去の失敗を繰り返すこととなりましょう。

 女性宮家の創設問題については、”皇位の安定的継承”が枕詞のように常に付けられていますが、母方から皇統を引く女系天皇は歴史上存在しておりません。それでも、仮に将来、女系天皇が許されるとなりますと、小室氏との間に誕生した子も、男女拘わらず皇位継承権を有することにもなるのですから、事は重大です。もうしばらく時間が経てば、小室氏に関する情報も増えてくるのでしょうが、果たして日本国民は、自由恋愛であれ、組織的工作であれ、一般人であり、かつ、背景も疑われる人を配偶者として皇族に列し、かつ、○○朝ともなり得る女性宮家の創設を歓迎するのでしょうか。民間人との結婚により皇統が薄まり、皇室に対する信頼が失墜している今日、女性宮家の創設よりも、その存廃を含め、皇室制度の抜本的見直しを希望する国民の声の方が強まるのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グローバル市場の覇者が共産... | トップ | リスクに満ちたTPP11ー新自由... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ムースクナビコナ菩薩国日本国憲法は宇宙の真理仏法なり (豊岳正彦)
2017-05-17 22:22:25
「日本人なら空気を読むな漢字を読め」
latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-769.html

空気は生きていくために呼吸するものであり読むものではない。
第一空気とか雰囲気とか親からもらった眼で生まれてから死ぬまで見えないものである。
生物たるもの目に見えないものを読めるわけがない。
これが宇宙の真理である。
空気を読めとか、生物失格の愚か者の妄想である。

霊長類として読まねばならぬものは文字である。
言葉を文字にして他人に伝える、これが人間である。
文字が読めない者は人間失格社会人失格である。
文字が読めてはじめて人間たり得社会人たり得るのである。
これは人間の真理である。

すべて生物の言葉は親の真似をして使い方を覚える。
親のことばを盗用して使うのである。
これが生物の真理である。
著作権や特許権や所有権など、人間以前にそもそも生物失格の愚か者の妄想に過ぎない。

人間だけが文字を使う。
人間社会には地域によって種々の文字言語が存在するが、特に日本語は地球でもっとも優れた言語であり、最も修得が難しい宇宙で唯一の融通無碍言語である。
日本人の親から生まれた日本人は皆親の真似をして三つ子(満1歳半)で全員が世界一難しく優れた日本語を使いこなすのである。
日本人なら両親と両親をこの世に生み育ててくれたご先祖様に感謝してご先祖様のご恩を死ぬまで忘れることがない。
これが「三つ子の魂百まで」の親孝行と他人に親切である。

漢字が読めない者は日本人失格である。

数え16歳満14歳で元服成人した人間という地球霊長類の中でも、日本人中学校卒業者は一人残らず日本語の漢字が読み書きできるのであり、満15歳以上でそれができない者はそもそも日本人の大人すなわち日本国憲法主権者国民失格である。

そして日本人のご先祖様おとなたちはみな文武両道の武士道と宇宙の真理仏法僧三宝に帰依したムースクナビコナ三宝帰依仏心武士道菩薩であるのだ。

南無父母無二仏 合掌 www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/bbs.html

武士道即仏道父母恩重経、

日本国憲法は地球憲法、

これが宇宙の真理であるよ(笑)

地上げ屋サンが止めてくれないからなんぼでもコメ積んじゃった(笑)
Unknown (竹槍)
2017-05-17 23:24:52
今回も官邸を通さずNHKの御用記者を使ったリークでした。
豊岡正彦さま (kuranishi masako)
2017-05-18 08:56:20
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 日本語では、”空気を読め”とは、物理的な意味ではなく、”雰囲気”や”周囲の人々の心理”を理解するように、ということではないでしょうか。また、日本語を礼賛しているにも拘わらず、”漢字を読め”というのも、どこか、矛盾しているように思えます。憲法第9条を文字通りに理解した結果、日本国が侵略を受け、虐殺するような事態に至るとしますと、””宇宙の真理”と言えるのでしょうか?邪悪な暴力主義を助長することになるのですから。
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-05-18 08:59:29
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 最近の皇室の常套手段は、マスコミへの先行リークによる”既成事実化”のようです。この手法は、皇太子成婚時より度々繰り返されており、、国民の多くもさすがに気が付いているのではないでしょうか。組織的な謀略とも言えますので、今般の件も、”慶事”とばかりに浮かれてはいられないのではないかと思うのです。
Unknown (北極熊)
2017-05-18 14:18:35
眞子内親王殿下が臣籍降下された後に、女性の宮家創設は如何かとなれば、自然と眞子内親王殿下の宮家復活が議論される事になり、ひいては、戦後に臣籍降下された旧宮家の復活まで議論され、そうした旧宮家出身の男系男子が皇統を継いで行くという展開も考えられます。民進党(特に野田さん)は、女性の宮家創設推進派ですが、また巨大なブーメランになるのでしょうか? 佳子内親王殿下もお姉さまに続けば、尚一層そうした下地が出来るでしょう。 
北極熊さま (kuranishi masako)
2017-05-18 19:23:59
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 内親王が臣籍降嫁した後において女性宮家を設けるとしますと、旧宮家のみならず、黒田清子さんやその上の世代の元内親王の問題にも波及する可能性があります。また、たとえ女性宮家を創設したとしても、時代の変化を考慮すれば、昭和天皇の時代のようには国民が皇族の臨席を有難いと感じるとは思えず、必要性そのものにも疑問があります。今般の皇室の変質ぶりからしますと、既に、皇室を維持するのが難しくなっているように思えるのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。