万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

「共謀罪」は組織加入者限定の問題では?

2017-04-04 15:15:17 | 日本政治
与党、「共謀罪」6日審議入り提案=野党は反対
 報道によりますと、与党内において不協和音が聞こえてきたものの、自民・公明両党は、「共謀罪(テロ等準備罪)」について今月6日からの審議入りを提案したそうです。野党側は、「共謀罪」について”国による国民監視体制に繋がる”として反対しておりますが、果たして、この反対理由には説得力があるのでしょうか。

 野党側としては、マスコミをも動員して、一般の国民に対して”「共謀罪」は怖い”とする印象を植え付けようとしております。しかしながら、「共謀罪」という罪は、特定の組織に加盟していない限り、一般の国民にとりましては殆ど無関係です。組織という活動基盤に属してこそ、目的や計画を共有した複数の人々による共謀が可能となるからです。しばしば野党は、戦前の治安維持法等を持ち出して、特高による弾圧の復活とも主張しておりますが、戦前でさえ、政府の警戒の主たる対象となったのは暴力革命、並びに、ソ連の属国化を目指す共産主義者でした。今日でも、「共謀罪」を怖れている人々とは、テロや組織的犯罪を肯定する、あるいは、日本国の属国化を目論む団体に属している人々であり、どの組織にも属することなく日常の生活を送る”無所属”の一般の国民ではないのです。活動団体としては、左翼団体、民族団体、宗教団体、人権団体…などが挙げられますが、国民全体からしますと、こうした活動組織の加入者は少数派です。

 与党内でも、公明党が反対したのは、創価学会という新興宗教団体を母体としており、同教団については、”総体革命”と称される日本支配計画があるからとも推測されます。野党であれ、与党であれ、「共謀罪」に反対する政党には、共謀行為を行う可能性のある何らかの背景があると考えられ、一般の国民は、警戒しなければならないと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカの対北単独対処の提... | トップ | 水道民営化は郵政民営化以上... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんと、そうですよね。 (竹槍)
2017-04-05 09:02:06
在韓大使の帰任理由について、マスコミが”誰か”に忖度して、北朝鮮の地政学的リスクについて、一切報道しません。これなんか、実際に有事になったら、共謀罪の対象になるのではないかと思います。
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-04-05 09:11:22
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 マスコミこそ、日本国民に対して共謀を仕掛けるための、主要、かつ、有効なる手段なのではないかと思います。公共放送であるNHKまで外国勢力に乗っ取られている現状に対して、政府は、何らかの対策を講じるべきなのではないでしょうか。
Unknown (竹槍)
2017-04-14 05:43:17
北朝鮮に関連して由々しきことがありまして…。
どうやら帰国した拉致被害者たちの中に北朝鮮の工作員だった者(※場合によっては現在も!)が含まれているようなんです。
具体的には、蓮池薫氏です。

彼は拉致された後、洗脳されて工作員になったようです。
そして、他の拉致被害者工作員たちのリーダーだったというのです。
しかも実際に拉致工作に携わったと!
社会主義労働者党の横井邦彦氏を拉致未遂したと。

帰国直後の映像では、蓮池薫氏の目つきがぎらついていておかしいという指摘が、ネットでなされました。
たぶん、北朝鮮を絶対に裏切らない、他の帰国者の監視役として、彼は日本に帰国したのでしょう。
今ではどうかわかりませんが…。

これなんか遡及法が適用されなければ、あるいは現在進行形で工作を継続していたのならば、拉致帰国者が共謀罪に問われるんですよね。
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-04-14 07:43:20
 コメント、並びに、貴重な情報をいただきまして、ありがとうございました。
 蓮池透氏に関してましは、その長兄を含めして、北朝鮮寄りの発言が目立っており、もしかしますと、拉致以前から日本国内の北系組織の一員、あるいは、そのシンパであった可能性もあります(そうであるからこそ、拉致対象者に選ばれた…)。拉致被害者の中にさえ工作員が忍び込んでいるとしますと、難民ともなれば、日本国内における破壊活動を命じられた相当数の工作員が紛れ込むことでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。