万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

中国は”春節”を全世界の正月にしたい?-暦を支配する者が世界を支配する

2017-01-30 13:55:46 | 国際政治
訪米したメイ首相にも二つの顔――中国CCTVで春節の挨拶
 中国では、1月28日から”春節”が始まり、国内での祝賀行事や帰省ラッシュに留まらず、この時期には中国人海外旅国客も増加するそうです。春節とは旧暦の正月を意味しますが、この時期における近年の中国の動きを見ますと、中国の世界支配を狙った戦略が潜んでいるように思えます。

 中国大陸では、清朝の滅亡後、グローバル・スタンダードに合わせてグレゴリウス暦が採用され、中華人民共和国の成立に際しても、グレゴリウス暦の1月1日を元旦とする一方で、旧暦の正月初一を春節と定めたとされています。新旧二つの正月が並ぶ状況となったのですが、両者を比較した場合、春節の方に重きを置いているのは国を挙げてのお祭り騒ぎからも見てとることができます。中国政府も、この日を特別の日として尊重し、今日では、各国政府から積極的に祝賀のメッセージを受け付けています。今年の春節には、グレーレス国連事務総長、イギリスのメイ首相、ユネスコのボコバ事務総長、エスピノサ国連気候変動枠組条約事務局長、陳馮富珍WHO事務局長、ラガルド・IMF専務理事、バッハIOC会長、シュワブ・世界経済フォーラム(ダボス会議)、オーストラリアのターンブル首相といった錚々たる顔ぶれが祝賀メッセージを送ったそうです(『ニューズウィーク』ネット版より)。何れも親中派としても知られますが、中国の春節に対する力の入れようは、尋常ではありません。

 この点、明治時代に至ってグレゴリウス暦を採用した日本国の対応と比較しますと、中国の春節への拘りは、一層、際立ちます。日本国の場合には、地方や一部の催事などでは旧暦を残しつつも、新暦採用とほぼ同時に、旧暦の行事を新暦上のカレンダーの月日に移動させています。大晦日からはじまり、初詣も、正月の祝賀行事も、年賀状やお年玉の慣習も、およそ、グレゴリウス暦に沿って行われます。


 それでは、何故、中国は、かくも春節に固執するのでしょうか。おそらく、その起源は、世界の支配者たる皇帝を頂点とする中華思想にあるのではないかと推測されます。即ち、古来、中国大陸では、暦を支配する者が世界を支配する者と考えられており、それ故に、”世界の支配者”であるべき中国の”皇帝(国家主席?)”が他者の暦に従うことはあってはならない、と考えているのではないでしょうか。そして、今日、経済力のみならず、軍事力を付けた中国は、全世界に対して中国の暦を押し付けようとしているように思えるのです。果たして将来、中国の春節が全世界の正月となる日は訪れるのでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラム教徒や中国の人口パ... | トップ | 正義の議論は『コーラン』を... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-01-31 12:54:30
ちょっと、考えすぎでしょう。日本の方が尻軽ですぐに欧米側になびき、中国は簡単にはなびかなかっただけのことです。暦が世界を支配するならグレゴリオ暦は西洋のものだから、西洋の支配を受け入れると言うことですよ。グレゴリオ暦の正月て何ですか。冬至の次の日を元旦にするのならわかるけど、一週間以上経って元旦というのは意味不明、わけわからん代物ですよ。
私は旧暦が書いてあるカレンダーしか使いません。旧暦の一日と15日に赤○を付けています。新月と満月ですから潮が大きいのです。自然を相手にする人は旧暦が必要なのですよ。野生動物も、旧暦を使っているのでしょう。満月には吠えるかも。
Unknownさま (kuranishi masako)
2017-01-31 13:03:18
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 グレゴリウス暦は、古代ローマ帝国で使用されていたユリウス暦を修正したものであり、そのユリウス暦の起源を遡りますと、古代エジプト、あるいは、古代メソポタミアも含むメネス王の時代に行き着くそうです。また、天体観測に基づく公転を基準としておりますので、西洋のものというよりも、かなり普遍性が高い暦なのではないでしょうか。また、国際社会において基準を単一化した方が、コミュニケーションが容易になるという利点があります。契約を結ぶにしても、相互に用いるカレンダーに違いがあれば、紛争の原因ともなります。なお、グレゴリウス暦での正月とは、新年が始まる1月1日のことです。
Unknown (Unknown)
2017-02-01 04:25:42
古代ローマとシナの王朝は交流があるのでユリウス暦は伝わっていると思います。太陽太陰暦はシナの古代の天文家がユリウス暦なども参考にしながら、農耕なども考慮して作ったのでしょう。また、東アジア全体で使われたのですからグレゴリウス暦以上の人口の人が使用、同じように普遍性があります。
中国の世界支配?そういう阿呆ではないのです。アメリカの衰亡という事態を見ているのですから。世界支配をするより金儲けでしょう。アメリカのように貧乏になるようなことはしません。貧乏には懲りているでしょうから。
ただ、鄭和の大航海時代の後、明は鎖国をします。それがシナが弱体化した原因だと認識していますから、これからもユーラシアのシルクロード、海のシルクロードは推進すると思います。
Unknownさま (kuranishi masako)
2017-02-01 08:16:42
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。
 中国の暦は、周の時代からありますので、ローマ起源というよりは、メソポタミア起源である可能性があると思います。また、普遍性とは、単に広く使われているというよりも、客観性が重要なのではないでしょうか。
 なお、Unknownさまにも見受けられるのですが、中国のものの考え方は、全体の公平性や調和を考慮せず、自己中心的なように思えます。たとえ、中国が、自国中心の経済体制を構築しようとしても、他の諸国は追随しないのではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2017-02-02 04:51:49
中国が自己中心的でうまく行かないと言うのは、あなたの見方、願望でしょう?私は自分の好き嫌いで判断しません。好き嫌いで株を買えば必ず、失敗します。みんなの判断に乗らないと株では勝てません。
中国がどう評価されているかは、AIIBへの参加国数とかシルクロード構想の進展具合を見ればよいでしょう。参加国数も増え、シルクロード構想も進展するなら、中国は信頼されていると言うことです。
浙江省からロンドンまでDBカーゴ(ドイツの会社)によって、鉄道が行きました。ヨーロッパの他の都市にも行っています。テヘランにも。先行きはわかりませんが今のところ、順調です。
Unknownさま (kuranishi masako)
2017-02-02 09:10:19
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。
 中国に対する見方は、願望でも、好き嫌いでもなく、その行動や思考様式を分析した結果としての評価です。AIIBにつきましては、債権を発行できない状況が続いており、融資事業も滞っているようです。少なくとも、日本国からは、中国は信頼されていなのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。