万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

日本軍による慰安婦強制連行はあり得ないー”朝鮮反乱”は致命傷

2017-06-19 14:13:24 | 国際政治
韓国、慰安婦合意検証へ 「破棄と再交渉」は前提とせず
 日韓慰安婦合意の”破棄と再交渉”を公約として当選した文在寅大統領は、当問題について、まずは慰安婦合意に至るプロセスを再検証する方針のようです。実際に、文政権が同合意の”破棄と再交渉”に踏み込むのかは不明ですが、当時の日本国が置かれていた政治状況を考慮しますと、日本軍による慰安婦強制連行はあり得ないはずです。

 何故、あり得なのか、と申しますと、仮に朝鮮半島で反乱が起きれば、戦争を遂行していた日本国にとりましては致命傷となるからです。あまり知られていないセンシティブな事件なのですが、戦時中、日本国政府は、敵国であったアメリカに対して黒人暴動を画策しております。この工作活動にリクルートされたのが黒人問題の専門家であった疋田保一であり、同氏は、民間活動家であった中根中等との協力の下、第二次世界大戦最中の1943年6月20日に発生したデトロイト黒人暴動にも影響を与えたとされています。軍需産業の中心地と化していたデトロイトの生産停止により、戦争遂行能力を削がれることを怖れたアメリカ政府は、この時、即、軍隊を投入し、同月23日に暴動は鎮圧されるのです。

 この事件は、当時の日本国政府がマイノリティーであり、かつ、差別を受けてきた黒人を組織し、大規模な暴動へと誘導すれば、アメリカを内部から崩壊させることができると考えていたことを示しています。ということは、日本国政府自身も、自国領土のマイノリティーが反乱を起こせば、自国の戦争遂行能力に対して致命的な打撃を受けることを自覚していたはずです。仮に日本軍が”慰安婦狩り”を実行し、20万人もの朝鮮人女性を戦場に強制連行すれば、朝鮮半島で大規模な反乱が起きることは目に見えています(過去には日本人男子学生が朝鮮人女学生をからかったことから暴動が発生…)。敵国の内部分裂を誘発するのが一般的な戦略上の手法であるとしますと、当時の日本国政府が、みすみす自ら分裂を招き、窮地に陥るような行為を朝鮮半島において行ったとは考えられないのです。

 日本統治下の朝鮮半島の人々とアメリカの黒人の人々を比較しましても、前者の方が法的地位は遥かに高く、日本国政府からの配慮も受けています。文政権は、慰安婦合意のプロセスを検証するよりも、個人請求の起訴となる事実が実際にあったのか、歴史そのものの検証に着手すべきと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
 

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慰安婦個人請求権問題ー日本... | トップ | ”共謀罪”は運用を見てから評... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この国に、歴史の検証など無理です。 (Tae)
2017-06-20 10:30:05
倉西先生、更新ありがとうございます!

倉西先生の、ご指摘どおり、歴史の検証は必要だと思います!
しかし、虚飾、捏造まみれの、この国が
、真実を知ったら、火病を起こして暴動が起きます。民度をみればわかります。
反省もしなければ、謝罪など絶対にあり得ません❗常に、自分達が、優位な立場でないと気が済まないのです。
本当の、実力も能力も無いのに、勘違いして、日本を、貶め、日本からタカって生きていくことしか出来ない糞民族です!
いまだに、慰安婦など、何十年前の事ですか?日本は、賠償など必要も無いのに、莫大な賠償金を支払わされているのですよ!
世界中で、売春で摘発されている、売春大国が、女性の人権などと、よく、言えたものです!この国には、恥、というものは存在しないようです!怒

倉西先生、読者の皆様、誤字が多くて、皆様に、不愉快な思いをさせて、申し訳ございません❗この場をお借りして、お詫び申し上げます!
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-20 16:36:49
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 おそらく、韓国政府は外交的な圧力を日本国にかけることで、個人請求権を認めさせようとすることでしょうが、公式に、日韓請求権協定の解釈を問題視し、日本国政府に請求する以上、この問題は、国家間の法律上の問題となります。となりますと、当問題の解決手段に関する選択権は、日本国政府側にも生じることとなりますので、日本国政府は、国際司法解決を韓国側に提案すればよいのではないかと考えております。国際社会におきましては、法律問題は、司法解決が最も相応しい方法ですので、さすがの韓国も、応じざるを得なくなりましょうし、仮に、韓国が日本国政府の申し出を拒否すれば、国際社会は、韓国の請求の正当性を疑うこととなりましょう。韓国に対しましては、安易な政治的妥協は禁物であり、あくまでも筋を通すことこそ、肝要であると考えております。
教えて下さい! (Tae)
2017-06-20 23:29:25
倉西先生、返信ありがとうございました!
今迄、日本政府が、この慰安婦問題を、国際司法解決に持っていかなかったのは、何故でしょうか?20万人の、強制連行などあり得ない事を捏造されて、賠償金迄支払った日本政府、怒りが込み上げてきます。
もう、この慰安婦問題は、日本人としては、耳にするのも汚らわしいです!
早く、決着を着けて欲しいものです!
Taeさま (kuranishi masako)
2017-06-21 08:11:59
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 私も、何故、日本国政府が、国際司法の場でこの問題を解決しようとしないのか、不思議でなりません。1965年の日韓請求権協定の際には、両国の政治家に相当額の”マージン”が流れたとも指摘されております。もしかしますと、日本国の国庫を財源とした何らかの”戦後処理利権”があるのではないかと疑っております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。