万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

ルペン氏とマクロン氏が同居する日本国の自民党

2017-05-07 13:57:17 | 日本政治
【仏大統領選】「極右怖い」「テロ心配」 棄権・白票も…有権者どう決断
 本日、第二回目の大統領選挙の投票日を迎え、フランスでは、国民が難しい選択を迫られています。一方、日本国では、選択に窮するフランス国民以上に選択肢がない状況に国民は置かれています。

 日本国において、一般的に保守層を代表するとされる政党は自由民主党です。昨年頃から、先進各国の選挙は、凡そ保守対新自由主義の対立構図に移行してきております。それもそのはず、新自由主義政策によって最もマイナスの影響を受けるのは先進国の中間層であり、民主的選挙を実施すれば、一般国民の不満を集めた側が当然に勝利する確率が高くなります。今般のフランス大統領選挙の場合には、新自由主義のマクロン氏が優勢と伝わり、また、積極的な棄権を表明する有権者の動きもあるそうですが、それでも、国民には、保守か、新自由主義か、の選択肢が残されているのです。

 ところが、自民党を見ますと、世界的な潮流が保守対新自由主義にあるにも拘わらず、両者が一つの政党に同居しています。政府の産業競争力会議(現未来投資会議)等の主要メンバーは、竹中平蔵氏をはじめ、新自由主義者で固められておりますし、自民党議員の中には、生粋の新自由主義者もおります。党内主流派ではないものの、マスコミが人気を煽り、国際新自由主義勢力をバックとして首相の座に上り詰めた小泉純一郎氏やその後釜のポジションにいる小泉進次郎氏が、さながら日本国のマクロン氏なのかもしれません。

 そしてその一方で、反新自由主義の世論を背景にルペン氏が積極的に保守政党化を図ったのとは違い、自民党内では、韓国系、あるいは、北朝鮮系の”極右”人脈も抱え込んでいます。森友学園事件はおそらくその氷山の一角であり、日本国政府が北朝鮮に対して徹底した制裁を実施できないのも、こうした人脈の影響が疑われております。中国派としては二階幹事長もおり、自民党は、必ずしも”日本ファースト”でもないのです。

 自民党は”一強”と称されながら、その実像はあたかも”鵺”であり、自民党に投票しても、新自由主義勢力や外国の利益がファーストになりますので、国民一般の利益は蔑にされかねません。その一方で、野党もまた、新自由主義者か、外国のエージエントが疑われる政治家ばかりです。朝鮮半島寄りであった舛添前知事を批判し、”都民ファースト”を掲げて都知事に就任した小池氏も、創価学会との接近で”保守”から遠のいております。解決策の一つは、自民党内の保守系を中心とした新党、あるいは、既存の政党から距離を置いた有志の日本国民による新党の結成なのでしょうが、明確な政治的選択肢を確保することが、今日の日本国において急がれる政治の重要課題であると思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランス大統領選挙の実像ー... | トップ | ルペン氏の敗因とは-”保守”... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-05-08 15:04:04
小池さんだとかの様に自民党からの分派によって新党を作るのは、かつての細川護煕や小沢一郎の試みが会ったわけですが、残念ながら共通の理念を持つことなく既存の自民党政権を倒す「政権交代」だけを目的としており、たとえ二大政党制と言っても、有権者が何を判断材料として投票すべきか不明でした。旧民主党政権も同じで、「マニフェスト」という党公認の選挙公約を出して選挙を戦うと言う手法は良かったのですが、取れる予定で無かった政権とれたので、公約実行できずに困難な状況になり、国会で過半数を持っているのに法案を通すどころか、取り纏めて提出する事すらできずに空中分解しましたね。そして、彼らを選挙互助会として結び付けていた唯一の共通点は、反日だったという事がバレましたね。今後、政権交代があるとすれば、現在の自民党が9割くらいの議席を取るようになった後に、明確な政策方針「e.g.大きな政府 vs 小さな政府」とかで二つに分かれたときでしょうね。その頃には、共産党と公明党だけ少数政党として残っているんじゃないでしょうか。社民党、民進党、小沢さん周辺は消えるでしょう。
北極熊さま (kuranishi masako)
2017-05-08 16:32:21
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 今後の日本国の政治のあり方を考えるに際してましては、政党の問題に加えて、統治・統合機能の本質に照らした国政改革も避けては通れないのではないかと考えております。憲法改正問題は、第9条の改正に留まらず、国政改革の視点からの活発な議論が望まれるのではないかと思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。