万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

“政界再編劇”の怪-自民党は党勢拡大に動かないのか?

2017-10-02 15:43:14 | 日本政治
「政党」のニュース 小池百合子都知事の新党「希望の党」の結成によって、日本国の政界は、政党の枠組の再編に向けた混乱が続いております。この混乱ぶりに、今日の政党というものが、政治的信条や政策方針を共にする人々の集まりではなく、利権の獲得を目指した選挙協力団体である疑いを濃くするのですが、今般の一件でさらに疑惑が増したのは、“政界再編劇”と称されたように、一連の騒動は、最初から特定のシナリオに沿っているのではないか、というものです。

 マスメディアは、意図してか、「希望の党」をめぐる野党側の分裂や解党の動きにのみに国民の関心が集中するように報じています。マスメディアに流された人々は、今般の政界再編を、新党結成を機とした野党間の駆け引きと離合集散のプロセスとして眺めていることでしょう。裏切りあり、騙し合いあり、抜け駆けあり、置き去りあり、復讐あり…、視聴者を惹きつけるドラマ的要素には事欠きません。しかしながら、与党の側に視線を転じますと、不可解な点があるのです。それは、与党側には、全く以ってこの政界再編の波に乗ろうとする気配が感じられないことです。

 常識的に考えれば、政界再編は、野党のみならず、与党にとりましても党勢拡大の絶好のチャンスとなるはずです。特に憲法改正を悲願としてきた安倍首相は、改正案の発議に各議院の総議員数の3分の2の賛成を要するため、一議席でも多く衆議院の議席数を増やしたいはずです。選挙後の結果を見て、新党、あるいは、何れかの既存政党と合わせてこの数に達すればよいと考えているのかもしれませんが、最も確実な方法は、自らの政党の議席数拡大をおいて他はありません。野党各党の中には、極左系は別としても、「希望の党」よりも、むしろ自民党との間に親和性が高い議員も少なくないはずです。それにも拘らず、自民党は、積極的に野党の議員を“リクルート”しようともしていませんし、野党側からも、これまでのところ、自民党への移籍を希望する議員は出現していません。傍観者を決め込んでいるようにも見えるのです。

森友・加計学園問題で支持率を落としたとはいえ、直近の世論調査の数字が正確であれば、自民党に投票すると回答した有権者が最も多く、「希望の党」との比較では、自民党は凡そ後者の2倍の数字を得ています(小選挙区制では極めて有利…)。自らが懸念するほど支持率が落ち込んでいるわけでもありませんので、その静観姿勢は不可思議なのです。

そこで思い出されるのは、2013年3月に自民公明両党から提案された中小政党優先枠の設置案です。この案は、比例代表の150議席の内60議席を中小政党に予め割り当てるとする案でしたが、事前に議会の議席を割り振るという自由選挙の原則に反する手法は、かつて、東欧諸国で採用されていた統制方法に類似しています。今般の政界再編劇には外部にシナリオライターがおり、日本国の与野党を背後から操っていると推測される理由は、野党のみならず、自らの党勢拡大を“自粛”している与党側の不可解な行動にもあるのです。日本の政治は、表向きは、自由で民主的な選挙が実施されているように見えながら、その実、外部の“見えざる手”によって巧妙に操作されているのでしょうか。あるいは、日本の政界が”談合”体質であるが故の内発的な現象なのでしょうか。何れにしましても、与野党何れの政党からも問題提起や具体的な提案はありませんが、真に改革を必要としているのは、日本国の政治システムではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東芝メモリの日米韓連合への... | トップ | 米ラスベガス銃乱射事件と北... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オカブ)
2017-10-02 20:55:08
倉西先生
いつもご指導ありがとうございます。
今回の総選挙は、確かに先生ご指摘のように、自民党が、この選挙で党勢拡大を狙うという積極的行動に出ない"奇妙な"選挙です。
これも、先生ご指摘のように、おそらく安倍政権で改憲を実現するためには、この選挙で大勝することこそ最後の勝負になるにも関わらず、選挙戦に賭ける意気込みが感じられません。
私は、その原因は次のようなものだと思います。
①"安倍一強"は有り難いが、ネガティブにも捉えられる。
世間が"安倍一強"と囃し立てることは安倍政権にとって、政権基盤の強さを評価される有難い言説ではあるが、強いものに対しては必ず判官贔屓も出てくるし、現実的に世間の風当たりも強くなります。
安倍一強政治は既に飽和状態に達していると政権側が読んだのかもしれません。
確かにメディアなどは"安倍一強"という言葉を決してポジティブには使っておらず、政権を揶揄する、あるいは批判的な文脈において使っていました。
政権側としては、以上のような状況にかえって危機感を感じたのかもしれません。
②今回の解散はモリカケ解散である。
森友・加計の真偽の程は判りませんが、政権側に大きなダメージとなり、それを深刻に受け止めていたことは確かです。
現実に、それ以前は60%近くあった支持率が、モリカケで30%を割りそうなところまで下落したからです。
①にも関わらず、やはり政権としては支持率は貴重で、一つにはモリカケ問題を逃げるために解散に打って出たのは明らかです。
また野党とメディアがモリカネに固執するあまり、半年にわたって国会が空転し、政策論争も行われず、通常国会で改憲を議論するような余地は全くなかったからです。
このように、今回の解散総選挙は一つには政権の保身のため、さらにもう一つには国会正常化に向けた政治行動であったと見做すことができます。
③改憲には現状では実現可能性がほとんどない。
改憲は今もって、政治の世界でも一般世論においてもナーバスな話題であり、一種タブーと呼んでも良い雰囲気に包まれているのは確かです。
そして世論も、一時は改憲を認めても良い方向に傾きかけたのですが、自民の支持率が下落するのに呼応して、再び改憲にアレルギー症状を見せるようになりました。
これは仮定の話なのですが、安倍政権が改憲を真剣に現実のものとするには、現在の自公・維新体制では不可能と判断したのではないでしょうか?
そして、小池新党のような強力な改憲勢力の出現によって、与野党で改憲を議論できるような下地作りを行い、選挙後、タブーを破り本格的に改憲論議を活発化させ、あわよくば選挙後の国会で改憲発議を行うところまでもっていく算段なのではないでしょうか?
この仮定は、解散決定時には、民進党の事実上の解党という予想外の展開が含まれてはいなかったものの、現時点での政権の思惑に入っていることは十分に推測が可能だと思います。
以上のような、今回の解散で自民党が圧勝する姿勢を見せない理由が存すると思います。
先生ご指摘のように、民進党も含めた与野党の水面下での談合は、現実の政治世界では日常的に行われているでしょうが、それが政治争点を国民から見えにくくし、"クリアでクリーンな政治"とは称しがたいものの、それが制度上の問題ではないことは明らかであり、先生ご指摘の"政治システム"にメスを入れても全く解消されないのではないでしょうか?
私は、今回の解散の問題点は、政権、野党、有権者のサイコロジーと政治観に存すると考えており、いつも申し上げている"朝日岩波史観"の根絶と併せて、有機的・構造的な問題と捉えております。
ですから、問題の解決に向けては政治家も含めた国民の心理の中に溜まっているオリのようなものを吐き出すことから始めることが必要だと考えております。
今回は、倉西先生のお言葉を返すような形になってしまい、申し訳なく、お許しの程をお願い申し上げます。
今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。
オカブさま (kuranishi masako)
2017-10-02 21:41:51
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 都知事選以来の小池都知事の動きとフランスのマクロン氏を大統領を当選に導いた手法の類似性を考慮しますと、私は、今般の政権再建劇は、やはり、国際組織が一枚絡んでいるのではないかと疑っております。しかも、希望の党とマクロン氏の共和国前進との間にも、新自由主義的な政策方針におきまして共通点が散見されます。オカブさまは、国内的な要因を以って今般の解散を説明なさっておらますが、前回の解散も首相の外遊直後でしたので、国際勢力の影響は疑って然るべきではないかと思うのです。否、こうした視点を抜きして日本国の政治状況を理解しようとしますと、結局は、既存の政治理解の枠から抜け出ることができないのではないでしょうか。

 なお、政党間の談合は、制度上の問題ではないとのご指摘なのですが、競争政策の分野では、談合を防止する仕組みを整備してきております。制度に工夫を凝らすことで、悪弊を断つことが可能であることは、人類の歴史が証明しておりますので、然程に悲観的になる必要はないように思えるのです。
民主主義は外国の介入に弱い (Unknown)
2017-10-03 04:23:00
 当然、シナリオライターがいる。フランスのマクロンより韓国の朴追放に似ている。どういう勢力が、あのデモを組織したか、金の出し手はどういう組織かを考えること。
 民主主義をアメリカが推奨するのは外国に介入しやすいからである。自分がロシアに介入されたと怒っているが。中国、ロシアが独裁的政治体制をとるのはアメリカの介入を恐れているからである。独立自尊のためには適切な行動である。習近平中心の独裁体制をとろうとしているのは江沢民時のアメリカの介入の失敗を見ているからである。
 どうなるかはわからないが、案外と左翼がキャスチングボードを握る可能性がある。仏のメランションのように、左翼が伸びる可能性がある。英はコービン、米はサンダースが政権をとる可能性がある。
 20世紀型の保守もくそみたいな政党だから、21世紀型の保守を目指す緑の狸が案外と伸びる。
Unknownさま (kuranishi masako)
2017-10-03 09:07:29
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 左派や希望の党が議席を伸ばすというご意見には賛成しかねますが、現行の政党政治が、極めて外部からの介入を受け易い制度であることはその通りであると思います。否、”三極”の全てが背後から操られている可能性さえあります。そうであるからこそ、偽りではなく、民主主義を実現するために真に必要な改革は、現行のシステムそのものであると申しているのです。Unknownさまが、左派や新党に期待しているとしますと、やはり、既存の思考枠組みに囚われていると思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。