万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

いよいよ怪しい皇室ー皇室性善説が崩壊する日

2017-04-29 15:17:10 | 日本政治
退位法案、名称に「陛下」記さず=政府が与野党に骨子提示
 本日の産経新聞朝刊の一面に掲載された皇室関連の記事を読んで、唖然とした国民も多かったのではないかと思います。高齢じよる体力の衰えを理由に譲位(退位)するものとされながら、譲位(退位)後の上皇の私的活動は、逆に増えるというのですから。

 そもそも、退位(譲位)後の私的活動が何を意味するのか、はっきりとしていません。譲位(退位)表明に当たっては、寄る年波に勝てず、象徴天皇としての務めが十分に果たせなくなったことが理由として説明されていました。仮に、記事で示唆されているように、被災地との繋がり等に関する私的活動、即ち被災地訪問等を意味するならば、マスメディア等が説明している”象徴天皇の活動”そのものであり、敢えて譲位(退位)する必要はないこととなります。一方、私的活動が、音楽会や絵画鑑賞などの老後の趣味的な活動であるならば、80人もの侍従職は多すぎます。

 また、国家祭祀については、現憲法下では天皇の私的行為とされていますが、譲位(退位)後にあって、この役割が上皇と天皇のどちらが担うのかも不明です。日本国の伝統からしますと、当然に天皇の役割なのですが、創価学会の影響が指摘されている東宮家については祭祀に対して消極的であるとされており、最悪の場合には、国家祭祀が上皇と天皇の間で宙に浮いてしまう可能性もあります。

 しかも、この案通りに法案が可決されるとしますと、国民の負担は倍増します。何故ならば、”上皇”の私的活動を支えるために宮内庁の侍従職職員の人員はこれまで通りの80人とする一方で、新天皇の侍従職が増員されると共に(50人から80人へ?)、事実上の東宮家となる秋篠宮家の”皇嗣職”の増員も検討されているからです(20人から50人へ?)。国民の側からしますと、新旧二つの天皇に要する費用を負担させられるのですから、この一事を以っても、国民を慮っての譲位(退位)であったのか、疑わざるを得ないのです。あるいは、パーキンソンの法則よろしく、退位(譲位)問題をチャンスと見た宮内庁の自己増殖計画なのでしょうか。

 ネット上では、皇室について様々なマイナス情報が飛び交っており、今や、多くの国民が皇室の存在を怪しんでします。常識ではあり得ず、理性に照らせば何らかの謀略を確信せざるを得ない出来事ばかりが続いているのですから、”疑うな”という方に無理があります。全ての事実が明らかにされ、古来、日本人が懐いてきた善良なる皇室像が崩壊する日を迎えるとしましても、日本一国の問題ではなく国際レベルでの謀略である以上、それも歴史の宿命であり、来るべき時が来たと言うべきなのかもしれません。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

 

 

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の対北制裁デットライン... | トップ | トランプ大統領まさかの日韓... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤバいぞ皇室 (あずみ渚)
2017-04-30 11:58:40
この度の生前退位は強いお気持ちひとつで政治を動かすことができた明白な憲法違反です 
恐らく犯罪行為まで手を染めた東宮夫妻を一刻も早く
即位させたい為でしょう 

祭祀が宙に浮いてしまう懸念があるという事ですが、
人口膀胱、精神疾患のある東宮は言わずもがな、今上夫妻も体調不良を言い訳に祭祀をさぼりその後の鑑賞静養はしっかりと行く 既に創価の疑いのある掌典職に丸投げみたいです 

週間単位で体格顔が変わる愛子さん 彼女を天皇に即位させ他国の工作員を交配としてあてがいうのが最終目標でしょうか?
大半の国民は皇族は血税を使うただのセレブのように思っているかもしれません
外国を含む反日勢力も関わっているのなら、
仰る通り皇室崩壊も近いかもしれませんね
あずみ渚さま (kuranishi masako)
2017-04-30 13:26:03
 コメントをいただきまして、ありがとうございまいした。
 美智子皇后につきましても、すり替え説があるそうですし、もしかしますと、日本国民は、壮大なる”皇室劇”なるものを見せられていたのかもしれません。そうであれば、シナリオ・ライターや演出家が、キャスティングを替えるのは頷けます。しかも、あまりに大胆に入れ替えをしますので、国民の目にも明らかになってしまったように思えます。この問題の根は深く、国際勢力も関わっていると推測されますので、この先、この劇をどのように理解し、扱うのか、日本国民も思案のしどころではないかと思うのです。
Unknown (竹槍)
2017-04-30 22:18:28
某ブログ情報によると、週刊誌は既に小和田スイス軟禁事件の裏づけを取っているけど、反社勢力の抗議が怖くて、暴露に踏み出せないとか。本当でしょうか?週刊誌レベルの情報力でさえそうなのに、知ってか知らずか、積極的に悪事に加担するNHKは共謀罪案件ですね。

秋篠宮は気の毒ですね。弾圧されているとはいえ、もしも自分が不正を告発したら、親兄弟は確実に有罪になる。しかも罪の内容は死刑もありえるレベル。これじゃぁ、なかなか言い出せないでしょう。でも、ちゃんと告発しないと自分が共謀罪に問われる可能性もあります。反日左翼は万が一乗っ取り工作が失敗しても、皇室を廃止できればいいと考えていますから、必ず秋篠宮の道義的責任を問うて責め立てるでしょう。まぁ、高畑雄太がやらかしたら、母親の敦子が肩身の狭い思いをするように、一般論でいえば、犯罪者の親族がテレビの前で堂々と振舞うことは憚られるわけで、内廷皇族たちを排除できたとしても、秋篠宮を何事もなかったように天皇にして、一件落着というわけにはいかないでしょう。保守派は絶対に納得できないでしょうけれど。
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-05-01 07:58:33
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 自らの行いを最もよく分かっているのは自分自身なのですが、にも拘らず、譲位(退位)後に”焼け太り”とも言えるような要求を並べる内廷皇族の神経を疑います。これでは、国民の反感を買うの必至です。
 マスコミは、小和田氏その他の犯罪暴露に際して、反社会勢力からの抗議を怖れているとのことですが、国民が味方するでしょうから、ここは、国家的危機を救うためにも暴露に踏み切るべきです。仮にこのまま有耶無耶にされたまま東宮即位となりますと、その害悪は、将来にわたって日本国民を苦しめることでしょう。この問題は、国際陰謀でもありますので、日本国のみならず、延いては人類を救うことにもなるのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。