万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

皇室予算を減らして災害対策費を増やしては

2017-07-07 17:07:39 | 日本政治
不明26人、孤立依然600人超=救助態勢1万2000人に増強―九州豪雨
 九州地方を襲った記録的な豪雨は各地に目を覆うばかりの爪痕を残す一方で、明日にも大雨が予報されており、まだまだ予断を許さない状況のようです。本災害により亡くなられた方々や家屋や田畑を喪失されるなど被害に遭われた方々に、この場を借りて、心よりご冥福、並びに、お見舞いを申し上げます。

 日本は特に自然災害の多い国であり、日本列島の地球構造上の位置に起因する地震、火山の噴火、津波のみならず、台風、大雨、大雪、旱魃といった気象による災害も少なくありません。災害が発生するたびに国土は痛めつけられ、その都度、国民は、復興に心血を注いできた歴史があります。

 今日にあっては、耐震構造や堤防建設などの防災技術の発展や避難システムの構築により、災害時の被害を最小限に抑え込む手段を手に入れつつありますが、かつては、人々が神様に祈るしかない時代もありました。日本全国津々浦々に神社が鎮座し、今日に至るまで天神地祇が祀られてきたのも、人智を超える自然を前にして、その穏やかなることを願ったからに他なりません。平穏無事の祈りを誠心誠意捧げることで、災害という危難を避けようとしたのです

 日本国における天皇の伝統的な存在意義も、この文脈から理解されます。神の子孫として皇統を継ぐ天皇が祈れば、その超越した霊力によって荒ぶる神をも鎮めることができると固く信じられてきたからです。しかしながら、今日、皇族に特別な神的霊力があると信じる国民は殆どおらず、すっかり俗化した現皇族自身も、自らこの役割を否定しているように見えます。天皇の存在意義が自然を慰撫し、災害から国民を護るところにあるとしますと、もはや、この役割を現皇族に期待することはできないようなのです。

 特権ばかりが残り、存在意義が曖昧となった皇室の現状を考慮しますと、宮内庁を含め、皇室予算の縮小は検討されるべき課題であるかもしれません。宮内庁関連予算は、平成29年度で174億円余りですが、天皇退位後は、さらに予算が膨れ上がるものと推測されます。その一方で、自然災害は日本国の宿命でもあるため、毎年、膨大な額の国や地方自治体の予算が復興事業につぎ込まれています。皇族の被災地訪問にも少なからぬ予算が費やされておりますが、財政難の折、皇室の活動範囲縮小や人員の整理等により宮内庁関連予算は削減し、復興予算にこそ回すべきなのではないでしょうか。天皇の神聖なる霊威による災害の未然回避が困難な今日、防災や復興に予算を振り向ける方が、余程、現実的、かつ、実質的な国民救済の道なのではないかと思うのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカが対北武力行使を選... | トップ | 中ロにとっての北朝鮮問題の... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天皇が祭祀をしないから災害が起こる? (あずみ渚)
2017-07-08 08:49:20
おはようございます 平成に入ってから毎年尋常ならぬ天変地異が頻発し国民国土に甚大なる被害を受けています
確かに科学技術の進歩により防災システムは進歩しましたが、天然自然の前ではまだまだ無力です。
昭和の時代にはこれほどの自然災害が無かっただけに今上が祭祀を怠っているのではないかと思ってしまいます

秋篠宮眞子さんとキムコムロの婚約会見前に此度の豪雨による災害 何かしらの神意のようなものを感じます 今上を始めとする内廷皇族は祭祀は休みますが、鑑賞や静養は皆勤 末端皇族は政府の承認も得ず海外へ観光旅行 
これでは単なる血税を使うセレブで相当数の国民がこのような皇族の在り方に疑問を持っているかもしれません
今回の豪雨でも自衛隊が多大な貢献をし 消防隊員の方が殉職されました ご慈愛をパフォ-マンスするだけの皇族の被災地訪問  予算の配分の議論は早急に始めるべきだと思います

 
とても建設的なご提案と (clover)
2017-07-08 08:52:23
思います。
ありがとうございます。

皇室関係の予算がそれほどとは。
唖然とします。

既に機能不全、国家に害を為す今の皇室や
宮内庁は不要と思います。

この事実を訪問先のブログでコメントし、
拡散させて頂いてもよろしいでしょうか。

お返事お待ちしております。
よろしくお願いします。

あずみ渚さま (kuranishi masako)
2017-07-08 10:05:30
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 天皇とは、本来、神の依り代であり、精進潔斎もその身に神が宿るからに他なりません。世俗の悪徳に塗れ、カルト教団の手に易々と落ちてしまうようでは、神にも見放されるのではないでしょうか。あるいは、既に、現皇室にあっては、皇統も途絶えているのかもしれません…。次から次へと皇室問題が噴出する今日、原点に帰った議論が必要なように思えるのです。
cloverさま (kuranishi masako)
2017-07-08 10:11:32
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。本ブログの拡散、こちらこそ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 天皇とは、日本国並びに日本国民の守護神であったはずなのですが、今や、皇室のリスクは拡大の一途を辿っております。外国勢力やカルト教団と癒着し、宮内庁も利権化するようでは、国民の支持と信頼は、早晩、失われることとなりましょう(既に喪失?)。もしや、”自滅作戦”なのではないかと、疑うレベルではないかと思うのです。
早速拡散させて頂きました。 (clover)
2017-07-08 14:18:33
ありがとうございます。

ブログ主に掲載して頂けるかどうかは
わかりませんが、大きな影響力を持つ
ブログですので、期待しております。

引き続き、先生のお考えを拡散して
参りたいと思います。

自滅作戦、本当にそんなレベルですね。
自衛機で金塊を運んで云々という話も
ありますし。

南の島でも買って、そこへ移住でもする
気かも(冗談ですが)。

こちらは雪深い田舎ですが、以前一度だけ
「美智子様」を「拝見」したことがあります。
今は見かけなくなったほっそりと背の高い
「美智子様」です。

日本人は皆、見事に騙されていましたし
私もそうです。まさかこんなことになろうとは。
思ってもみませんでした。

土地柄と思いますが、部落や同和は存在しません。
エタとは何のことかも知りませんでした。
部落という言葉はありますが、山奥のごくごく小さな
集落を指し示す言葉で、差別用語ではありません。

差別し、優越感に浸り、傲慢にふるまう。
差別され、つらい思いをし、恨みに思う。
どちらも人として悲しいありようです。


皇室問題の根底には長い長い悲しい歴史が
横たわっているように感じました。

うまく言えなくて申し訳ありません。




cloverさま (kuranishi masako)
2017-07-08 20:26:24
 こちらこそ、お言葉に甘え、御厄介をかけしまして、大変、申し訳ありませんでした。厚く御礼申し上げます。

 ”事実は小説よりも奇なり”とも申しますが、皇室問題には、国民の想像を絶する事実が隠されているように思えます。そしてさらに奥には、歴史的な問題も潜んでおり、皇室が、差別されてきたとされる人々による一種の”復讐劇”の舞台にされてしまったようです。差別などない方がよいに決まっているのですが、差別されてきた人々が、一般の人々を騙した上に復讐、あるいは、差別する側に転じるとなりますと、報復の連鎖に嵌ることになります。一般の人々の同情心も消え失せ、事態は、さらに悪い方向に転んでゆくのではないでしょうか。しかも、ネット情報によりますと、戦後の総理大臣の殆どが部落出身ともされており(朝鮮半島出身者も…)、外部からの特別の支援があったとしか思えないのです。皇室問題は、パンドラの箱を開けることになるのでしょうが、日本国民は、事実は事実として受け止め、この事態に対して冷静に対処してゆくべきではないかと考えております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。